〔新しい年を迎えてのご挨拶〕

スポンサー

明けましておめでとうございます

前年中は多くの方々には、大変ご無沙汰申し上げ申し訳ありませんでした。
一方、別の多くの方々には、いよいよ始まった“人生の熟成期(70歳代)”の同窓としての振り返りの反芻、同志としての切磋琢磨を共に堪能させて頂きましたことを感謝申し上げます。

2013年は、人生の何回かあるターニングポイントのひとつとなりました。
8月、コンサルティング活動から研究活動に軸足を移すため、都内(池袋)を閉めて埼玉(所沢)の自宅(自室)を拠点としました。
このわたくしの研究活動とは、これまでの活動の<振り返り>であります。今の日本の流通業界に<振り返り>学習が必要な時代と考えます。
そこで、〔ムラカミ研究室ホームページ〕でこれまでのわたくしの活動の<振り返り>を公開することにしました。

ムラカミ研究室へようこそ。当研究室は、厳しい競合下で勝ち抜くために小売企業の企業倫理の確立、科学的店舗運営体制の構築、飛躍的な生産性向上、組織の活性化と業務改善への取り組みを支援する組織です。
これは、わたくしが40年間余お世話になり、勉強させて頂いた流通業界に対する恩返し活動でもあります。
今年から、〔ムラカミ研究室ホームページ〕への訪問者との個別コミュニケーションが始まることを期待しております。

このターニングポイントは前述の《いよいよ始まった“人生の塾生期(70歳代)”》であります。

70歳以降の“熟成した人生”の過ごし方は、多くのこの年代のサラリーマンOBにとって大きな課題(難題)となっているようです。
わたくしは、40歳前後に“無謀のも”脱サラを決行し、ライフワークの道に入っていましたので、個別の企業への指導(コンサルティング活動)を終了させただけですから、生活と中心となるライフワークが変わりませんでしたから、(戸惑いながらも)今後のライフデザインを組立てつつあります。

読書の時間を多くとるようになりました。ビジネスを極端に絞り込み、小説を多読しております。
クラシック音楽に凝り始めています。所沢(我が家から路線バス10分の距離)にミューズという素晴らしいコンサート・ホールがあります。
クラシック・ファン垂涎の世界中の交響楽団、ピアニスト、歌手等のコンサートが毎月開催されます。会員向けの案内から、毎月厳選して2つ位を楽しんでおります。
TSUTAYAのDVDで古い名作ものを楽しんでおります。
日曜、木曜の〔さんとめ〕でのリハビリ・トレーニングの帰途にTSUTAYAに立ち寄り、懐かしの名作を掘り出してきます。
その他、三日坊主候補を複数取り組んでおります。皆さんとは、新しい年に、どれかの機会で交流する機会が出来たら嬉しいです。

ここまで申し上げでおりませんでしたが、わたくしのライフワークの一つは、〔リハビリ・トレーニング〕です。
脳梗塞を発症後、4年間間研究的に〔リハビリ・トレーニング〕を続けております。毎日、午前中が自作メニューの〔リハビリ・トレーニング〕です。
企業内教育を専門分野としてきた者の興味とプライドです。

それでは、新しい年が皆さまにとって、素晴らしい年になりますようにお祈り致します.

2014年1月1日

村上徳忍

Share on Facebook

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mh より:

    あけましておめでとうございます。
    昨年もお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。
    過去を振り返り、趣味にチャレンジし続ける…
    私も先生のような充実した70代を送りたい!
    そのために、今年もチャレンジあるのみで仕事を頑張りま~す。