2016年8月前半  村上徳忍の行動予定、行動、結果、感想・・・

スポンサー

8月前半の宜しくお願い申し上げます。
月が変わり、月曜日のスタートです。
7月は、走り回りました。8月のじっくりと行動します。体調のケアもあります。

8月01日(月)・・・・14:30 圏央所沢病院

*5:00 起床し、室内ルーティン(トイレ、歯磨き・ヒゲ剃り、独協、柔軟体操、にぎにぎ100回、腹筋10回、腕立て20回)スポーツの広場ルーティン(広場内周速歩3000歩、ゴミ拾い、テニス壁打ち10分、ラジオ体操)
*スポーツの広場では、5人前後の方と会話を楽しみます。これが楽しみなのです。
*本日の圏央所沢病院では、用件がたくさんあります。
:まずは、月次問診です。「村上さん、お変わりないですか?」
:今回の健康診断結果と結果の報告と対応相談
⑴ 中性脂肪とLDL・C で要注意警告
⑵ 大腸がん検診結果の便潜血検査(ー)の対応検査のお願い
:【アクティブシニア活躍支援】活動関連
⑴ リハビリテーション科との接触の許可を吉川院長先生より頂く
⑵ リハビリテーション科の責任者と会い、「通所リハビリ”卒業生”の就業支援」の取り組み提案
以上、どこまで今日中にできるかチャレンジです。
*14:00 過ぎに病院に着きました。吉川院長先生の健康診断結果、大腸は問題はないであろうう。問題は、血液検査結果の悪玉コレステロール値異常が深刻である。原因として考えられること、睡眠不足、食生活の乱れ(粗食、偏食)。
*毎日の薬変更、食生活指導、アドバイスをもらいました。 反省しきりです。
*吉川院長先生に、【アクティブシニア活躍支援】について、”初めて”お話しし、協力、支援をお願いしました。
*吉川院長先生は、賛意を示し、同病院の介護保健事業部部長(理学療法士、介護支援専門員)杉浦啓介氏を呼んでくださり、名刺交換しました。大きな流れが開かれた瞬間です。

8月02日(火)・・・・11:30 大学院 I先生 4:15 西武球場野球観戦

*4:30 起床、心機一転、ルーティンの強化をしました。「しっかり疲れること」が目安です。
*11:30 大学院 I先生から資料[高齢者雇用時代における産業保健]を頂戴しました。これは、我々のまさに主題なのです!
*4:15 西武球場野球観戦 西武vsソフトバンク のホームのネット裏のレストラン(接待席!?)で観戦しました。後半は、レギュラー席の戻って観戦しました。レストラン(接待席!?)は、邪道です(接待を受けながら云うな!)。
2度と観ません。選手たちに失礼です。案の定、ライオンズは負けました。

8月03日(水)

*TVドキュメンタリー番組「 金沢発! 全国から注目を浴びているコミュニティの全貌
2016年7月21日(木) 夜10時~ 放送テレビ東京 カンブリア宮殿 の録画を平井のYさんに送って頂き、我が家のブレーレイ・ディスクレコーダーを新調し、セットし(これに苦戦)やっと、再度見ることができました。
なぜ、手間のかけ、(金をかけても?)Yさんからのこの録画に執着したがです。この内容はそれほどに衝撃的でありました。筋金入りの社会運動家を見て、【アクティブシニア活躍支援】が腰が定まっていないと反省しきりなのです。
「ごちゃ混ぜの街作りで地域活性!」佛子園(ぶっしえん)理事長 雄谷 良成(おおや りょうせい)のこのドキュメンタリーは秀逸です。Yさん活用させていただきます。ありがとうございます。

8月04日(木)

*5:00 起床(導眠剤を変えたせいかしっかり眠れました)室内ルーティン、スポーツのルーティン実施、テニスのHさん、”球出し”レッスンを受けました。
*スポーツの広場の我らの花壇のホオズキの間引きで我が家のプランターに2株移し植えました。
*ダラスからの写真はがきは、日頃のご無沙汰を詫びるものです。サイン程度しかかけませんから、海外なのです。返信として、はがきを多数頂戴しました。ありがとうございます。

8月05日(金)

*4:30 起床、室内ルーティン、今日は、バス停の清掃、スポーツの広場の花壇周りの清掃、速歩、ラジオ体操
*圏央所沢病院の介護保険事業部部長杉浦恵介さまへお礼とお願いのメールが差し上げました。
*I先生から頂いた『産業保健21』特集「高齢者雇用時代における産業保健」とノート作りに専念しました。その一部をご紹介しましょう。

◎個々の高齢労働者に対する健康診断の有り様変更しよう!

⑴動脈硬化性疾患の未然防止のためのいわゆる生活習慣病対策だけではなく、例えば、ガンのスクリーニングを何らかの方法で実施・提供したり、心身の機能を測定し、回復、維持につなげていく方策を検討する

⑵事後処置の内容を保険指導のみに留めず、たとえば、視力検査によって明らかになる老視が問題になるVDT作業に対しては、ディスプレイを大型のものに変えて、文字を大きくして、さらに輝度を上げるなどの作業環境管理的な手法を検討する

⑶筋力の測定や自覚症状調査等を丁寧に行い、例えば、重量物の運搬が難しいのなら、治具を活用したり、自動化を行なうなどの作業管理の対応も検討できる

これらの内容は、新たなホームページでご紹介します。

8月06日(土)・・・・【アクティブシニア活躍支援】勉強会

*5:30 起床しました。悪夢というものは、短時間で終わるのが相場ですが、延々を続く悪夢でひどい寝起きでした。
複数の理由の相乗結果です。しかし、夢は夢でしかありません。目が覚めてしまえば終わりです。
*今朝は、ルーティンをお休みしました。
*今日から、毎月数日室内の掃除他をある方にお願いするにしました。Mさんが”独居老人の惨状!?”を見かねてのアドバイスに従いました。彼女が”手を加えた部分”の激変(綺麗になったということ)はアンビリーバブルです。
*本日の【アクティブシニア活躍支援】勉強会は、例のテレビ東京のドキュメンタリー番組「 金沢発! 全国から注目を浴びているコミュニティの全貌の勉強でした。この感動を同志諸氏と共有化したかったのです。討議、感想は大きすぎて皆”言葉少な!”でした。幾つかの”行動”を確認しました。「評論家」で終わることを恐れたからです。内容は、行動を実行してから報告します。

8月07日(日)

*11:30 昨日の勉強会で暴露された私の食生活を気遣って、Kさんがグラノーラとヨーグルトを差し入れしてくださいました。次回、8月29日の圏央所沢病院での血液検査では、格段と改善したことを吉川先生に見せたいものです。
*オザムで大量の食材買い出しをしました。1週間以上持つでしょう。

8月08日(月)

*5:30 起床 慌てて、スポーツの広場へ直行しました。
*食生活を改善初日です。主役は、グラノーラとヨーグルトです。しかし、この”胸焼け”はなぜでしょう?
*私は、8月(お盆休みなの)が好きです。みんなが、休んでいる間に”キャッチアップ”できるチャンスである、という”ケチな理由です”。特に、このような不自由な体(特に脳にハンデ)を得てからです。
*このところの体調の不調で遅れている法人化手続きの遅れです。これに8月を当てたいと始めました。

8月09日(火)

*5:00 起床、バス停清掃、スポーツの広場ルーティン
*電話で川校同窓生O君を訪問することを11日と決定。場所吾野、飯能駅から電話して、吾野駅で待ち合わせ、楽しみ!
*兄と電話雑談:「天皇陛下のお気持ち」について、話題が、象徴天皇の発言が”憲法の規定”に抵触するか、否かになっている点について。もっと、本質的問題がありそうですが・・・。毎日新聞には、3人の識者の意見が掲載されていました。田原総一朗氏は、「玉音放送に匹敵」と指摘するものの内容うなし、作家の高村薫氏は、「今は、平和憲法とともに天皇があったのに・・」国民が、大変は課題を突きつけられた、と言います。音好宏氏(上智大学教授)は、「なぜこの時期か?」会見側が3分の2を占める中、政権側が憲法改正と密接に関係する天皇制のあり方を改憲論議の試金石にしたのではないか・・・。三者三様の見解のようででありますが、何か奥歯に物がはさたった感が拭えません。分かったことは、このお言葉は、現行憲法の下で象徴天皇が許される範囲で問題提起をなさったということ。昨今の情報コントロール時代に、今、こんな形で、この”イベント”を『許可』した政府の思惑は何か、問題なのです。
*圏央所沢病院の杉浦先生よりメールを頂きました。私を担当された西村さん、紀のさん(療法士)頑張っておられるようです。西村さんとはコンタクトとります。
*ダラスの元気はグロサリー系スーパースプラウトからの収穫は多いのですが、多分(確認できていないのですが)最も大きな”拾得物”は、ダン・サンダースの『BUILT to SERVE』です。私は、脳梗塞で英語を失いましたが、この本で”取り戻そう”と思い立ったのです。全単語を辞書を引く状況でのスタートです。どこまで続くかわかりませんが、今日始めました。

8月10日(水)・・・・所沢メディカルクリニック

*5:00 起床、即バス停清掃に向かいました(5:30を過ぎると始発バスの利用客が来るからです)。終了後、スポーツの広場へ、ルーティンを終えてから、テニスの壁打ちです。ムサシくんのご主人Mさんにダラスからの写真はがきのお礼を言われました。えらい遅配です。

*所沢メディカルクリニック、背中に脂肪の固まりができ、その処置の相談です。結局は、圏央所沢病院皮膚科へ行くことになりました。

8月11日(木)・・・・大河原氏訪問(吾野)〜午前中〜

*5:30 起床、ルーティンお休みして、持参する資料の準備をしました。今日会った大河原氏は、高校の同窓生です。高校時代には付き合いはなく、10年余の西友勤務の後に私がコンサルタントになってからの交流でした。以前の勤め先に中国籍の知人が日本国籍が得られずに悩んでいることを知り、なんとか助力できないかと思いました。実際、彼らの努力と願いを無視しているような監督官庁の担当者の対応は”許せない!”と義憤を感じたものでした。なんとかならないかと考えていた私は、同窓生で国会議員秘書いることを名簿を見て知ったのです。藁にをすがる思いで、彼に会って「あの役所の担当者の態度は許せん。日本人の恥だ!」と、初対面の彼に言って、対応を頼んだのです。某与党代議士の政策秘書官であった彼は対応を約束してくれました。彼が代議士以上の実力と実行力がある存在であることを知ったのはずっと後のことでした。ほどなく、中国籍の知人は日本国籍を取ることができました。以降、同窓会の度にまたムラカミ研究室の年次大会で旧交を育んできました。大河原氏(この呼称は違和感があります。「大河原」「村上」と呼び合う仲ですから”余所行き”です。)は、故郷吾野(秩父連山と麓の「吾野宿」)の一般社団法人「COMステーション」〜吾野宿再生と吾野を語る会〜を主催しています。今回は、「アクティブシニア活躍支援」の進め方についてのアドバイスと理事就任を打診することでした。あらゆる実務経験豊かな彼のアドバイスは私のアイデアを誘発しました。朝9時前から午後3時過ぎまで話し合いました。強力な援軍を得た思いです。彼のNPO法人化にこだわるなという警告は傾聴すべきものと思いました。この種のアドバイスがなんで他から出なかったのでしょうか!?

8月12日(金)・・・・

*4:50 起床、バス停清掃(自転車整理と草むしり)、スポーツの広場のゴミ拾い(失職状態!?)、速歩、テニス壁打ち、ラジオ体操

*大河原氏でお礼の電話をしました。また、【アクティブシニア活躍支援】の参加を要請しました。彼の力を借りたいのです。前向きの返事を得ました。

8月13日(土)・・・・自宅徹底清掃日

*7:30  起床しました。体調不良ですが、じっと我慢で体内の回復力が頑張ってくれるのを待っています。

*Yさんに独居老人の住まいの徹底清掃をお願いしております。今日は、台所でした。そんな中でのYさんとの会話が楽しいのです。彼女は、コンサルタント時代のピーク時に事務所を切り盛りしてくれました。そんな縁のある(輝かしい、懐かしい体験を共有化している)方との会話が楽し気ないはずがありません。勿論、私の仕事の合間の休息時間での話です。8月中に【アクティブシニア活躍支援】の経営計画をまとめを進めております。大きな反省点があります。[NPO法人化への取り組みということ]ということで、経営の原点を見失うところでした。「NPOは収益を上げてはいけない!」、「運営の原資は、寄付、行政からの助成金」、「収益事業は”その他の事業”」・・・この書き手は、税理士であったり、行政書士であったりなのです。彼らの目的は、NPO法人格を得て、維持するための方法論の提供、指導なのです。彼らは、別に悪いのではないのですが、そこには(当然とことですが)”経営の視点”は全くないのです。ですから、NPO法人の経営(運営)実態が、活動をストップしている団体及び、経営(運営)に四苦八苦している団体が大多数を占めていることは、導入を指導している税理士(団体)や行政書士(団体)の責任ではありません。ですが、「経営者不在でNPO法人と言えども運営、存続は不可能!!」なのです。ですが、後付けで正論を言われでも、「NPOは収益を上げてはいけない!」、「運営の原資は、寄付、行政からの助成金」、「収益事業は”その他の事業”」からは、経営の視点は生まれることは期待できません。〜続く〜この寄付、助成金だのみの経営は、敏腕経営者を目指す者にとっては、恥ずべきことです。その上、収益事業は”その他の事業”として片隅に位置づけられでいるのです。NPO法人が、株式会社が持つ問題点を払拭する事業形態を目指す考え方であることには共感します。寄付、助成金で頼らざるを得ない事業があることも認め見ますが、それ以外の事業に関して従来の”収益は期待しない”と受け取れる表現はやはり誤解を生みます。「事業で得た収益を”内輪で分配してはいけない!”」が NPO法人の本質なのです。一方、一般社団法人という事業体もあるのです。今のところ、一般社団法人は、NPO法人より”縛りが少ない(設立が容易!)”といった違いしか見つかりません。問題は、NPO法人設立に意味はあるとなり(設立が目的化し)、経営の視点での組み立てがおろそかになるととです。

8月14日(日)・・・・

*6:00前に 起床、TVで「時事放談」〜古賀、野中氏出演〜と「サンデーモーニング」を見ながら朝食を見ました。当初の「時事放談」は、小汀利得、細川隆元両氏と掛け合い談義で価値がありました。両氏とも枯れていて、(どちらかというと”言いたい放題”)で面白かったのですが、古賀、野中氏は、”半枯れ”の方々で、その発言は”あちこちに気をつあい放題”です。固定した各界の長老を据えた「時事放談」ができない時代背景があるのかもしれません。

*15:00 【アクティブシニア活躍支援】の同志Kさん来訪、熱く語り合いました。

8月15日(月)・・・・午後圏央病院皮膚科(予約なし)

*6:00 起床、ルーティンなしでスポーツ公園のごみ拾いとラジオ体操です。数が月ぶりにHさんがラジオ体操に参加し、拍手で迎えられました。ゴミ拾いは伝播してOさんとGさんがスポーツの広場への道すがらゴミ拾いを実践されているようです。私の体調不良を知るとラジオ体操仲間の皆さんが、「頑張りすぎ!」を言います。頑張りすぎ!とは、無理をしていると受け止められているのです。一流のアスリートは、決して無理をしてるとは言われません。私はまだまだです。

*事業としての【アクティブシニア活躍支援】の経営経営計画の骨子を馬目ました。

Share on Facebook

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする