プロフィール

SNSムラカミ研究室 代表 村上忍1967年…成城大学経済学部卒業
1968年…株式会社西友ストア(現西友)入社。
店舗食品部門、本部人事部教育課スタッフ、株式会社西友ストア関西出向(教育課長)、半年間の米国Jewel社での技術移植研修体験後株式会社西友営業企画室ジュエル・プロジェクト担当課長

この間、人事部教育課時代には管理者教育、OD(組織開発)、教育訓練プログラム開発、階層別教育体系つくりと実務に関わり、教育課スタッフ時代に3ヶ月間米国ハワイ州スーパーマーケットでオペレーション実務体験研修(Big Way社 Windy Haruto Shintaku氏が社長~当時~)
米国ボストン市Star-market社(Jewel社傘下SM)でスーパーマーケット・マネジメント・プログラム(レイバースケジューリングを核とした科学的店舗オペレーション・プログラム)の技術移植研修を体験。営業企画室ではそれら一連のチェーンオペレーション実務技術導入定着化に取組む。

1983年…同社を退社
スペシャリティーズ・ネットワーク・システムズ
ムラカミ研究室を設立。
チェーンストア企業(チェーンストア指向企業)、百貨店、専門店、各種団体などを中心に実務コンサルティング、定型公開講座の開催、教育研修、講演、執筆活動を行い今日に至る。

 

【これまでの主だった活動】

  • 全国商工会議所、商工会対象に「大型店に負けない商店経営」の講演行脚(全国200カ所以上で講演)
  • 某自動車メーカー“売るショールーム”のオペレーション開発
    プロジェクト指導(実態調査分析、接客プログラム開発、訓練ビデオ、教材開発)
  • 専門店の接客販売技術訓練プログラム開発
  • LSO(レイバー・スケジューリング・オペレーション)プリグラムの導入確立指導
  • 先進米国スーパーマーケット・チェーンでの店舗密着調査/研究プログラムの開発とその展開Safeway, Vons, Publix, Albertsonsの店舗で実施し、その研究成果を「販売革新」「食品商業」等で発表~公開セミナー、単独企業セミナーなど~
  • 10余年に渡る公開講座[オペレーション・エンジニア養成講座]の実施(現在第44期実施中)し、科学的店舗運営の啓蒙活動
  • 毎年12月第一金曜日に〈SNSムラカミ研究室年次大会(講演会&懇親会)〉の開催
    例年100名前後の小売り業近代化を目指す同志(老若男女)が集まり情報交換
  • 執筆活動
    業界雑誌(食品商業、販売革新、店長会議)などでの連載、特集などの寄稿

 

【当面の主要活動テーマ】

  1. 我が国チェーンストア企業の生産性問題への問題認識の喚起とローコスト・オペレーション体制構築の実務指導
  2. 現場組織を活性化させる〈OJIプログラム〉を中心に据えた業務改善活動の導入展開の指導
  3. 引き続き米国エクサレントSM企業のオペレーション研究とその応用展開の指導

 

【著書】

  • 「レイバースケジューリング・システム」/日本経済新聞社
  • 「レイバースケジューリング原理」/商業界
  • 「チェーン・オペレーション・バイブル」/商業界
  • 「OJIチェレンジ」/商業界
  • 「よく売る店の接客販売技術A~Z」/誠文堂新光社
  • 「よく売る店の売り場数字の活かし方A~Z」/誠文堂新光社
Share on Facebook

コメントは受け付けていません。