<新新シリーズ>(〔3S・OJIプログラム〕入門 )

<Ⅰ>〔小売業、サービスのための[3S]+[改善]〕事始め

(はじめに)

〜〔3S・OJIプログラム〕は、店舗運営の基本体制を維持、向上する仕組みである。元々は、〔3S〕 と〔OJIプログラム〕が別々に開発され、それぞれ独立して企業に導入され、成果をあげていた。
〔3S〕は、「整理」、「整頓」、「収納」という3つのコンセプトからなる仕事環境を維持する実務プロクラムである。このプログラムの基本概念(考え方)の「整理」、「整頓」を確立したのはトヨタである。トヨタの有名な[トヨタ方式(かんばん方式)]の基本となる概念(考え方)として「整理」、「整頓」は、独特な定義をされ、「SEIRI(せいり)」、「SEITON(せいとん)」として世界的に使われる単語となった。

□「整理」とは、不必要なものを徹底的に排除(除去)し、必要なものを明ら
かにし、完全に確保する一連の取り組みである。
□「整頓」とは、全てのものに置き場所、保管場所を最適場所に“定位置”を与え、保管し、日常の業務運営に備える一連の取り組みである。

メーカーの工場でのシステム化された管理体制から生まれた「整理」、「整頓」をパートタイマー主体の小売業、サービス業の現場で機能させるための三つ目のSが「収納」である。

□「収納」とは、全てのものにそれぞれ保管方法を定め、それが維持されやすい保管器具類、間仕切り、レイアウト図などを完成させる一連の取り組みである。

《〔3S〕の取り込みのゴールは、お店の閉店時(閉店後)に、全てのものが清掃された上で、完全に定位置に戻された状況にすることである。》

〔OJIプログラム〕は、小売業、サービス業のために開発された“改善プログラム”である。

□売場の担当者が、日常の店舗運営上の「時間のムダ」を徹底にて排除する。
□売場の担当者が、日常の店舗運営上の「資本、資源のムダ」を徹底にて排除する。
□売場の担当者が、日常の店舗運営上の「機会のムダ」を徹底にて排除する。

〔OJIプログラム〕では、日常の店舗運営上の「時間のムダ」を徹底にて排除することのよって“稼ぎ出した”人時と日常の店舗運営上の「資本、資源のムダ」を徹底にて排除することによって“稼ぎ出した”お金を、日常の店舗運営上の見つけ出した「機会のムダ」に投入して、お客さまの満足と売上高を獲得する。

〔3S〕と〔OJIプログラム〕が合体した〔3S・OJIプログラム〕は、最強の店舗運営体制と最強のチームを確立、維持する方法論なのである。〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加