良書ご紹介(読まれることをお勧めします!)

先に皆さんにご紹介しました良書中の極めつけの良書(村上にとっての評価)
〔競争優位を実現する「ファイブ・ウエイ・ポジショニング戦略」〕
 フレッドクロフォード、ライアン・マシューズ共著
 星野佳路(星野リゾート社長)監修 〜イースト・プレス〜
を再度(読後)ご紹介します。

経営戦略について、中長期を見据えて構築する、あるいは抜本的に見直すのに大変有効な方法論について書かれた良書です。
良書として推薦する理由は、
* 豊富な事例に説得力がある(知った名前の優良企業、不振企業)
* 解りやすい(シンプルな)理論展開
* 説得力がある(著者、監修者の熱気が伝わる)
* 私の“持ち事例”、“研究事例”に照らしてもうなずける、気付かされる
* 実務行動に結びつく
と私は感じたからです。

学者の理論書ではなく、経営者(経営幹部)のための実践実務書です。だから、実務事例、ケース・スタデイ満載でその内容が興味深いものです。
さらに、この本で注目すべきは、著者の名前が小さくて、監修者の星野佳路(星野リゾート社長)の名前が大きいのです。お読みになるとガテンがいくと思いますが、監修者の星野佳路(星野リゾート社長)が、《実践実務論》として仕上げた経営書なのです。事実は分かりませんが、最終章あたりは“監修者(星野氏)”が書いたのではないか、と思いました。

◎ 「ファイブ・ウエイ・ポジショニング戦略」の概要

事業経営を経営の5つの要素から、見直すことを提案しています。
(1)アクセス
(2)経験価値
(3)商品
(4)サービス
(5)価格 
の5つです。これら5つの要素の定義を読者はしっかり理解してことを求められます。ここで我々(読者)は、気付かされ、学びます。
わたしのここでの学びです。
「アクセス」を我々は、単純に[立地]と考えてきました。それが消費者の定義では、<さっさと買えること>だと、教えます。では、今最も「アクセス」で秀でているのは〔アマゾン〕なのです。我々は(消費者も)ネット社会で生きているのでした。

次の論点です。
<この5つの要素で最高レベルを狙ってはいけない!>との指摘です。
5つの要素で5点、4点、3点が3つを目指すのです。
例えば、〔ウオルマート〕は、[価格]は5点、[商品]は4点、後の三要素は3点です。
だた、この5つの要素の合格レベル基準の高いのです。3点レベルの維持も容易なとこではありません。

ケーススタデイ、事例が多いので、理解を深めることは容易です。
読むにあったって大切なのは何かと問われれば、“問題意識”と答えます。では、成果にたどり着くために必要なのはと問われれば、“リーダー”と答えます。

どうぞ、読み始めてください。今年の12月が最高の学びの月になるでしょう。

最後に、この本の中で紹介されている“エピソード”をご紹介します。
〔リーダーの役割とは?〕より
『優秀なリーダーには、めったにお目にかかれない。Kマートで会長、社長、CEOを勤めたジョー・アントニーニにまつわる、あるエピソードをご紹介しよう。
何年か前、ウエスタン・ミシガン大学で、学生が主催したビジネス・フォーラムに招かれたアントニーニは、講演を行った。Kマートの将来について、それは楽しげに話していたのだが、数行おきに、必ずウオルマートの名前をだした。

質疑応答の時間になると、後ろのほうに坐っていた小柄な白髪の女性が、立ち上がって云った。
「アントニーニさんは、Kマートの会長さんかと思っていました」。アントニーニは笑って答えた。
「ええ、そうですよ。私は、Kマートの会長で社長で、CEOでCOOでもあります」。
少し困ったように女性は云った。「でも、スピーチの間中、ウオルマートの話しばかりしていましたよね」。
アントニーニは、こう切り返した。「ええ、その通りです。うちと比較したんですよ。何しろ、最大のライバルですから」。
女性はためらうことなく、こう畳み掛けた。「ウオルマートは、なぜおたくに対して、あれ程巧みに戦えるのでしょうか?」。
会場全体が、水を打ったようになった。アントニーニはしばらく口をつぐんで後、こう答えた。
「ウオルマートの一番の財産は、うちが最大のライバルだと云うことですよ」。

その女性が直感的に理解したことを、どう考えてもアントニーニは解っていなかった。
ウオルマートは、ひと味違うことをしていたのだ。そもそもサム・ウオルトンは、ごく普通に人々に並外れたことをさせる天才だった。
アントニーニのもとで、Kマートは、正しいことをしていると思い込み、変化を拒んだ。
一方、ウオルトンは、常にこう云い続けた。「これでいいんだよ。今年は、このやり方が一番いい。でも、来年は違うやり方をしなくちゃいけない。」
実際、Kマートには厄介な話しだが、サム・ウオルトンは、ウオルマートに、毎年基本戦略の練り直しをさせることに成功した。
ウオルトンは、ウオルマートを正しい方向に導くためなら、出来ることは何だってした。顧客への一貫した姿勢が大切だとウオルトンが信じたお陰で、社員は、ウオルマートがお客さまに何を届けるかを知り、全員でそれを届けた。・・・・・後略』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加