〔ファイブ・ウエイ・ポジショニング戦略〕研修(第1回)

(講義骨子)

(1)当社を取り巻く環境認識

:経営者と現場実務者の時代(幹部役員が存在価値を示せない時代)
:単独飛行は、許されない時代
:合併、企業傘下に入る
:対等に他社と組む
:新事業を立ち上げる
:日販、ツタヤの事業戦略に任せる
:何れにしても、商品価値を問われている会社、個人!
:それであなたは、どんな準備をしているか?!

(2)チェーンストア方式を理解し、企業の、自分自身の強みにしよう

:標準化、ローコスト・オペレーションの実務ノウハウをマスターし、小型店の黒字化のスペシャリストになろう
:我が社の店舗は、個店レベルで素晴らしいノウハウを持っているから、それらを企業レベルにすれば、5つの要素のどれかを差別化レベルに持っていける

(3)販売方式の多様化

:販売方式の多様化で扱い商品、サービスの幅を広げよう
:自分の得意分野を広げよう

⑷ファイブ・ウエイ・ポジショニング戦略
~何のために学ぶのか!?~

❶まずは、自分自身のために学ぶ!
❷我が社のの“商品価値を”を高める
❸徹底的に弱さ(問題状況)をなくす
❹特に、努力を傾注する2つの要素を決めて実務対応を決める
❺理想論ではなく、現実に行動を起こせることを定めよ!

〈問題提起〉

-現在、実務で5つの要素に関わる取り組みは、なされているか?
-それで、現実に満足出来るレベルまで改善されたか?(否の場合)それは何故か?
-今回の取り組みで、成果を出す見通しは?
-徹底的に討議せよ! 徹底的に考えよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加