2014年8月の〔村上徳忍〕の予定・行動・出来事・感想

今月もよろしくお願い致しま

01日(金)・・・・9:00「絆」トレーニング
*6:30起床、8:30に家を出て30分のウオーキングで埼玉西協同病院「絆」へ。担当のN療法士が、オーソドックスな運動能力のテストをしました。松本の相澤病院の2週間の新治療の際と同様で心新たになりました。私の訓練プログラムを一つ一つ実際に実施しながら組立てていき、メニュー・カードに記入していきます。ポイント、ポイントを動画に収めています。この一連の進め方はレベルが高いのにびっくりしました。ストレッチ・メニューのコピーを貰っていました。
*自治会の回覧物を各班長私の「酷暑見舞い」の1枚を付けてに回しました。
*大規模な”庭いじり”を長袖シャツを着て汗みどろでやりました。
*今日のドラッカーは[The Daily Drucker4月9日<真摯さの欠如>]です.ドラッカーは、「真摯さ」をことの外重視します。ひたむきで、真面目な姿勢をマネジメントに求めます。
人の「強み」よりの「弱み」に目がいく者、評論家的な者、何が正しいかよりも誰が正しいかに関心を持つ者「真摯さ」よりも「頭の良さ」を重視する者、有能が部下に脅威を感じる者をマネジメントの地位につけてはならないと繰り返し言います。多くのマネジメントとしての欠陥は「真摯さ」の欠如があるとドラッカーは指摘します。
*〔シャーロックホームズ シーズン3−1〕 感想を拒否する作品です。シャーロックホームズは、お世辞にも良い奴ではありません。頭が良くて、きざで、自己顕示欲の強い男です。ワトソン君は、惚れ切っています。作者(プロデューサー)の勝利です。私も面白がっています。

02日(土)・・・・
*5:30起床し、(この間、洗面、トイレ、体重測定を済まします。)スポーツ公園へ外周ウオーキングとゴミ拾い(大部分を一カ所に集めておいて下さる方あり)、バックネット脇のベンチで「絆」式ストレッチ、硬球をバックネット下部のセメント部分目がけで投げつける訓練。バスケ・シュート訓練。
これで6:30になります。ラジオ体操の時間です。郵便局近くにお住まいのSさん持参のラジオに合わせて<第一、第二 ラジオ体操>をやります。
これが8月からのルーチンとなります。ラジオ体操と郵便局近くにお住まいのSさんをルーチンに噛ませたのがミソです。
*今日のドラッカーは[The Daily Drucker4月10日<リーダーシップと危機>]です。《いかなる組織も危機に襲われる。そのときがリーダーに頼るときである。》20世紀最高のリーダーがウインストン・チャーチルというのが、異論のでないところのようです。しかし、そのチャーチルでさえ、危機が訪れるまでは、閑職にあったようです。
リーダーにとって最も重要な仕事は、危機の到来を予期することです。回避するためではなく、備えるためです。危機の到来を待つことは責任の放棄です。
災厄の到来を防ぐことは出来ないが、備えることはできる。その訓練の勘所(重要な点)は、将校への信頼を兵士にしみ込ませることです。信頼なくして、戦うことはできません。

*HBR[チリ鉱山落盤事故、救出劇の奇跡!] 書き足しました。
*DVD〔シャーロックホームズ シリーズ3・2〕このシリーズ・ビデオの中で最高の出来栄えです。名コンビワトソンの結婚式だからか、最高の魅力あるシャーロックホームズに仕上がってします。テレビ・ドラマは、斯くあるべしという作品です。

03日(日)・・・・新ルーチンの時間設定(調整)
*5:30起床、トイレ、洗面、体重測定、読経、これでスポーツ公園へ、外周ウオーキングとゴミ拾い(ペットボトル、ジュース缶等)、ベンチで「絆式ストレッチ」、硬球なげ訓練、バスケ・シュート訓練、これで6:30の「ラジオ体操」に間に合わせるのです。体操の(元)お姉さんのSさんは時間通り現れます。何とか、時間通り消化しました。
*家に戻り、腹筋、腕立て伏せ追加し、朝食準備ですか、お昼用のサンドイッチも作ってしまいます。この新しいステップをルーチン化します。
*メール2本送信しました。この間兄と「米欧回覧実記」談義。
*ドラッカーの本日分「4月11日(リーダーの4つの能力)」ノートに書き写しました。いたずらに長い文章は嫌いです。
*今日のドラッカーは[The Daily Drucker4月11日<リーダーとしての4つの能力>]です。
第一:人の言うことは聞く意欲、能力、姿勢です。
第二:コミュニケーションの意欲、自分を理解させることへの執着です。
第三:言い訳をしないことです
第四:仕事の重要性一番の姿勢、行動です。自分を仕事の外に置くことです。
*DVD〔シャーロックホームズ3・3〕楽しめます。
*毎日新聞〔時代の風〕山極寿一(やまざわじゅいち)京都大学教授【サル化する人間社会】は、興味深い内容です。効率化一辺倒の社会が<低下する共感や連帯>をもたらしているとの指摘です。一例として、サルの食事風景に近づいているというのです。古来から、人間は食事を通して、他者との人間関係の維持の調整という機能を付与してきた。食事の場や調度、食器、メニュー、調理法、服装、マナーまで多用の技術が公案されてきた。ところが、現代社会は、効率化、生産性が多様性を排除しつつあるというのです。その代表格は、アメリカ社会ででしょう。それを理想としている国が日本です。
話しは違いますが、その種の指摘は東大の先生ではなく、京大の先生なのです。原発に疑問符を付けるのは京大の先生方です。東大の先生方は概して現状肯定です。理由な定かではありませんが、事実です。
*DVD〔能 融(とおる)〕この作品は、厳島神社の由緒ある能舞台での公演であり、夜の水面からの照り返しが能舞台を照らし、遥かに厳島神社の鳥居が見える幻想的な作品に仕上がっています。ストーリーも単純で舞も華やかで素人を楽しませてくれる作品でした。

04日(月)・・・・
*5:10起床し新しい早朝ルーティンを実践、ポイントは6:30のラジオ体操です。
*京都在住をYさんへの早朝間違い電話の確認電話を受けました。謝罪と「9条Tシャツ」〜「さんとめ」のユニフォーム〜送付を約束し、送付しました。
*今日のドラッカーは[The Daily Drucker4月12日<本物のリーダー>]の内容は興味深いものです。リーダー不在の時、人々に出来ることは、”望み、祈る”ことだけである。なんで、この項が<ドラッカーの金言>なんでしょうか、ドラッカーの含蓄ある述懐ではあろうが、です。意味があるとすれば難解です。老いたる昔のリーダーに、夢をもう一度を望むのはな違いでしょうか!? 細川さん、小泉さん・・・原発問題は本当に人類にとって、日本にとって重大なテーマなんですが、若いリーダーがでませんかね。ドラッカーは、サッチャーに触れていませんね?どのように彼女のリーダーシップをひょうかして見せるのでしょうか!?
*DVD〔ベンジャミン・バトンの数奇な人生〕ハートフル・ストーリーの極みといった作品でした。80歳の肉体で生まれて、徐々に若返っていくという主人公ベンジャミン・バトンの波乱に満ちた人生をブラット・ビッドが演じます。結構見せます、泣かせます。

05日(火)・・・・9:00「絆」トレーニング
*5:00起床早朝ルーチンは6:30からのラジオ体操までの時間配分を固めなければ”ルーチン”とは呼べません。右肩が廻らないのでラジオ体操がまともに出来ないのがショックです。今年末までには、”ラジオ体操完璧実施!”目標です。
*「絆」トレーニングがスタートしました。前半はマシーンを使った腹筋、背筋、脚力等の強化運動です。機器を換わるごとに療法士がセットし、基本的な注意をします。後半は右手の機能回復訓練をし、筆記訓練(ボールペンでの「ドラッカー365の金言」の筆写)をしました。これに加えて「発語訓練」を工夫しようと療法士のN嬢に相談しています。現在でも「声を出して読む」ことが苦手なのです。実際に、私は毎朝仏前へ白隠禅師の「座禅和讃」を唱えておりますが、目の前の〔禅宗在家日課経〕は置いてあるだけで、暗記しているのを声に出しているだけなのです。それが証拠には、目の前に〔禅宗在家日課経〕の「般若心経」を開いていても、暗記は不確かな「般若心経」を唱えることが出来ません。”脳の不思議”の解明と機能回復訓練の開発の取り組みです。脳外科の先生か療法士の方で興味を持って一緒に研究して下さる方を探しているのですが・・・。
* 兄が車で ビバホームでの庭いじりの石の買い出しに付き合ってくれました。重いものですから、遠慮しいしい前日電話したのですが”即”付き対応してくれました。帰途サイゼリヤで冷たい飲み物とケーキで雑談しました。
*今日のドラッカーは[The Daily Drucker4月13日<チャーチルのリーダーシップ>]です。前回の「本物のリーダー」が今日の項の前段でしかありません。《チャーチルが与えてくれたものこそ、道義の権威、価値への献身、行動への信奉だった。》これを言いたかったのです。

06日(水)・・・・健康診断
*5:00起床、6:30のラジオ体操までのルーチンを消化しました。
*8:30健康診断フルコース、朝食抜き、水分抜きで11:00に”バリューム検査”が終わりました。8月29日検査結果を聞きに行きます。
*京都のYさんが「どうもこの頃、個人の自由が束縛される方向へ世の中が向かっているように思えます。・・・」と言及しています。 この観点は示唆に富んでいると思います。Yさんの言いたいことについては、今後機会を得て伺いますが、私が感じる所はこうです。
多くの日本人(私たち)は、勝手なことばかり主張する中国、韓国、それと比べればちょっとはましなアメリカというスタンスではないでしょうか。
これは現状の国同士の利害関係の上でのことだと認識すべきである思います。私自身の述懐は次の「」です。「とんでもないことばかり主張し、行動する韓国、中国と感じている私自身が、中国(人)・韓国(人)を根本から理解し、共感することが出来ない程に偏しているのではないか!?」
こんな単純な疑問提示も”憚られる”昨今の雰囲気をYさんが感じたのかもしれません。
69回目の「広島原爆の日」に思いました。
*DVD〔キャッスル〕〜ミステリー作家のNY事件簿〜肩の凝らないドラマなら、TVドラマのビデオ版であることを〔シャーロックホームズ〕で発見しました。この伝での作品です。軽い軽い、でも楽しめる作品でした。(シーズン1のvol.1) 

07日(木)・・・・
*5:00いやいや起床、体調本調子ならず。ラジオ体操だけでも・・・とベッドを離れました。胃の検査のバリューム以降調子が狂いました。
しかし、スポーツ公園で顔見知りと挨拶を交わし、雑談しますと気分とともに体調を上向きます。外周ウオーキング仲間と”ミミズの大量自殺”の謎について
語り合い、愛犬の散歩のSさんの体型から柔道の得意技の推測で当ててみせ『巻き込むような背負い投げで、寝技に持ち込む・・・』、ラジオ体操のS嬢から物忘れで出てこない言葉、名前は一日かけても思い出すこと・・とのアドバイスを受けたりしました。
*今日のドラッカーは〔マネジメント・スタイル〕です。《社内に友人がいたのでは、公正たりえない。》これはドラッカーの「考え方」ではありません。
GMの中興の祖であるアルフレッド・スローン・ジュニアのマネジメント・スタイルです。<孤高の人>スローンのマネジメントは、ドラッカーのそれとは全く噛み合いませんでした。ドラッカーは3年に渡る、GMの企業研究を皮切りにマネジメント研究の専門家でなったのですが、その研究のまとめ内容に時のGMのCEOのスローンは不満だったのです。言うところの”そりが合わない”関係だったようです。しかし、ドラッカーは、スローンの偉大さを認めていました。
スローンの<孤独なマネジメント、距離を置くマネジメント、形式重視のマネジメント>は、ドラッカーの性に合いませんでした。「しかし、それが”つとめ”だった」ということです。
*HBR〔チリ鉱山岩盤崩落事故の救出劇の奇跡!〕を書き足しました。
*HBR9月号〔平常心があれば、集中力は生まれる〕天野篤(順天堂大学教授)〜天皇陛下の執刀医は自然体であり続ける〜読了
<天野先生の至言>
:手術の成功とは、*陛下が術前に制限を受けでいたご外遊や望まれる範囲のご公務を快適に行っていただけた時が真の成功だ。*患者の生涯を見守る立場としては、患者が人生の最後を迎える時に分る。つまり、執刀することで何かを生み出すことである。
:「命の間合い」で勝負するための平常心の大切さ
:入念な準備と「手洗い」で冷静さを保つ
:健全な自信が平常心をつくる
:一日1.5食、一週間単位の食事管理
:寝ることも仕事の一部
:問題を即解決して、ストレスを抱えない
:58歳の今の成長を実感している
:私は世界一の心臓外科医だと信じているから、引退後のことは考えない

*スポーツ公園での拾得物(デジタル・オーディオ・プレーヤー)を所沢警察署届けました。書類手続きが興味深かったです。
*スポーツ公園の「野良猫の餌やり」への対応の件他で所沢市役所の7階建設部公園課を訪問しました。最近のお役所は、”お役所仕事”ではない対応を知っていますか。前向きで、協力的でこちらの要望を具体的な行動提案を示していました。市庁舎の正面に[ノー・モア・ヒロシマ!]の碑と献花台があり、祈りを捧げました。
*以上の報告をエステシテイ自治会長、生活環境部会長、市の委嘱を受けた生活環境推進担当にしました。

08日(金)・・・・9:00「絆」トレーニング、13:30KIWADAさんミーティング
*5:00起床、中身の濃いルーチンをこなしました。スポーツ公園にゴミ一つありませんでした!どなたか”勝手連”に感謝!
*9:00〜11:30 「絆」トレーニングです。私の当面の目標は、「ラジオ体操第一、第二」を見事にこなす”右手(肩)の機能回復”です。このためにN嬢療法士に私の現状のラジオ体操第一、第二をビデオ撮りしてもらいました。このことで目標を彼女と共有化出来ました。
*13:30KIWADAさんミーティングは、私が〔流通コンサルタント〕の片鱗を見せる瞬間です。実務を離れた話しですから、多分に評論家です。この日のテーマは、商品力ある(他社に商品力で差別化出来る)企業にする為に何をなすべきか。先進企業(優良企業)の事例もケース・スタディにして討議しました。やれることはまだまだあります。

09日(土)・・・・
*5:00起床、スポーツ公園でのルーチン・ワーク、人的交流が支えです。散歩犬M武蔵との交流(2ヶ月がかりで親しくなれました)、ウオーキング仲間のSさん、ラジオ体操の先生役のSさん、その他お名前は確認していませんが、顔見知りの方々が増えました。
*知っていますか、ラジオ体操は85年の歴史を誇る国民的体操なのです。第一は、コンセプトは〔姿勢と呼吸〕で一般向けで<ダイナミック・ストレッチ>の要素が多いのです。それに対して、第二は、コンセプトは〔強さとしなやかさ〕で職場向け、青壮年向けで<バリステック・ストレッチ>の要素がおおく、よく考えられた体操なのです。私は、現在では右腕の運動機能に問題があり、”美しく”演じられません。今年末には頑張って合格レベルにします。
*久方ぶりの曇天を逃す方がありません。ドラッカーの筆写を早々に済まし、庭作りに取りかかりました、買って来てある敷石(飛び石)を敷く作業です。蚊との戦いは相変わらずです。予想通り敷石が足りません。しかし、<秩父山嶺のさわ>の雰囲気は出てきました。
*オーバーと思われるかもしれませんが、毎回、ドラッカーに”真剣勝負”を挑んでいます。ドラッカーの教えは観念論ではなく実務論ですから、勝負が出来るのです。今回の〔人事〕は、ドラッカーの実務コンサルタントの側面をかいま見る内容です。
《人を見分けることは、限りある身の人間に与えられた力ではない。》まず、ドラッカーは「人事」の重要性を”究極にして、唯一の管理手段”を位置づけています。<組織は自らの人材を超えて仕事をすることが出来ない。>と断じます。人的資源から引き出せるものによって、組織の成果は決まるのです。実務的には、「誰を採用し」、「誰を解雇し」、「誰を異動し」、「誰を昇進させる」かによって、人事は決まるのです。その人事の質が、組織が真剣にマネジメントされるか、掲げる使命、価値、目的が本物であるかを決めると言います。
私の経験の範囲では、そこまで真剣な(真摯な)人事をする企業を体験したことがありません。ドラッカーを真剣に学ぶ経営者が、この一事(人事)だけでも実行してみようではありませんか!
*DVD〔キャッスル・ミステリー作家のNY1・2〕英会話訓練の”聞き流し”効果があるなら、この手のビデオが最高です。会話のテンポが速いのですが、字幕について行けないから、聞き取りを重視出来ます。

10日(日)・・・・
*5:00起床、室内で「絆」式ストレッチ+腹筋、腕立て伏せ、ラジオ体操(第一、第二)を済ませました。
*雨の我が庭は格別です。
*今日のドラッカーを筆写しました。
*今日のドラッカーのテーマは〔人材の確保〕です。《産業の衰退の兆候は、能力と意欲のある者に企業は訴える力を持たなくなることである。》
ドラッカーは、人材を確保するためには、マーケティング的な目標を持つことの必要性を言います。これは言い換えれば、企業の成長戦略の必要性を言っているのです。そこでどんな人材が必要なのかが決まります。成長する企業には人材が集まります。衰退化する企業は、次の発展要素を見つけられない企業です。人材を求め、育てるニーヅがないのです。この〔人材の確保〕の内容は、アメリカの鉄道企業の衰退と人材の確保の問題を関連させながら論を進めていますが、論旨定まらず〔人材の確保〕の必要性の説得にはなっていません。論文の一部分を切り取るとこういうことが起きがちです。
*DVD〔キャッスル・ミステリー作家のNY1・3〕英語のヒアリングの訓練という”美名”の下でこの肩の凝らないTVドラマを楽しんでおります。確かに「ヒアリングの訓練」を意識して見ることは必要です。こんな単語をこんな使い方するのか!と新しい楽しみ方も発見しました。しかし、私の場合は”口が廻らない”問題を抱えているのですから厄介です。主役の小説家の男と美人刑事二人の好感度他で毎回楽しめます。
*HBR9月号より〔「品質文化」を築く4つの条件〕〜Creating a Culture of Quality〜コンサルティング会社CEBのマネージング・デイレクター アシュウイン・スリニバサンの論文です。実務的には、「改善」がテーマです。今や「商品」に関しても「サービス」に関してもクオリティ(質)が問われています。この重要性を叫ばれていますが、実務レベルでの取り組みはあまり話題になりません。その理由は、成果の指標値をない(曖昧)からだと私は思います。例えば、「効率化」は、「質」の向上でしょうか? <極端な効率化は、「質」を下げる要因となる!> 多くの日本の経営者は、「効率化」指向です。従って、「質」の問題は”建前”となっているのです。厳しい消費者の目。厳しい競合状況への真の対応は「質」の追求であるのですが。私の提案する〔OJI〕は、効果を上げていても、経営陣の関心度が低く、消え去る運命を辿ります。
筆者は、《品質の文化に欠かせない4つの要因》をあげます。
⑴経営幹部が、常に「品質」を重視する
⑵メッセージの信頼性を確保する(経営陣の本気度を伝える)
⑶従業員の参加を促進する
⑷従業員の当事者意識を高める
私は、導入する<方法論>(例えば、「OJI」)を決め、経営陣、幹部管理者は信念を持って進めることに尽きるの考えます。〜今さらではなく、今こそだと考えております。〜

11日(月)・・・・
*5:36慌てふためいて起床しました。6:30のラジオ体操の時間までに、ストレッチ、ボール投げ訓練、バスケット・シュート訓練を済ませました。
今は、「ラジオ体操」は「絆」トレーニングも含めて、具体的目標設定したこともあり、最重点実施事項なのです。
*長らく池袋の研修室で秘書兼庶務をやって頂いたSさんへ酷暑見舞いの電話をしました。互いの”元気度”を確認できました。いつも前向きな姿勢から「元気」を頂きました。直後、スマートフォンがダウン!? 
*急遽、所沢のauショップへ行って応急処置をしてもらいましたが、本体を交換するべしとの勧告を受けました。スマートフォンのいやらしいところは、都内に行かないと本体を交換出来ないことです。後日です。今日のスケジュールは、スマートフォンに崩されました。
*スケジュールのリカバーを考えます。時間的には取り戻せないので、「質」を上げることにしました。昼食を美味しく食べました。次にスターバックスのお気に入りスペースをGETしました。次にドラッカーの筆写をいつもより丹念にやりました。内容は「強みによる人事」です。なんとその内容が、指導先S社のためのような事例です。これをご担当役員にメールしました。(※内容は、下記します。)
次に、HBR(9月号)の〔仕事のストレスは仕事に癒す〕〜日本電産社長 永守重信〜を精読しました。永守重信氏は<当代一流のハードワーカー>です。感動、共感しました。この時点で、スマートフォンに対する恨みは消え、感謝で変わりました。このスターバックスでの3時間で、今日一日が価値ある日に変わったのです。70歳の爺さんが、こんな一時を”至福の時”として”ほくそ笑む”姿がご理解頂けないかもしれません。
*今日のドラッカーは『非営利企業の経営』からの抜粋です。このところ「人事」のテーマが続いています。今回の[強みによる人事]は、実務論としての王道です。ドラッカーは多くの場合、事例で紹介します。
《第二次対戦中の人事上手の参謀長ジョージ・C・マーシャルに関するエピソードです。「何某大佐は兵士の訓練は最高ですが、上官とうまくいったことがありません。将官に昇進させ、議会で証言させる必要が出てきますと大変です。きわめて無礼な男ですから」との副官の指摘に対して、マーシャルは、「任務は何か。訓練か。訓練が一流なら昇進させよう。その後のことは私が引き受ける」といったという。こうして彼は、ほとんど間違いをおかすことなく、わずかの期間で1300万人という史上最大の軍事力を組織したのだった。》
ここから学ぶべき教訓は、強みに焦点を合わせよということです。
〜教訓<働いてもらっているのは、できないことのためではなく、できることのためである>〜

12日(火)・・・・9:00「絆」トレーニング

*5:00起床、6:30からのラジオ体操までが新たに設定したルーチン・ワークです。「絆」トレーニングがある日も同じです。

*8:20埼玉西病院へ35分のウオーキング。N療法士の設計してくれたプログラムは、毎回変更改善され刺激的です。この彼女らの問題意識は何から生まれるのでしょうか!今日は私担当のNさんは、夏休み中です。担当外の2名の療法士が新しいメニューを追加でしてくれました。

*今日のドラッカーは、昨日の続きです。にもかかわらず、出典が『非営利企業の経営』ではないと書かれているのは不思議です。
昨日の紹介の通り、米陸軍参謀長のジョージ・C・マーシャル将軍の人事の手振りの紹介です。
人事のプロは、人事で五つの手順を踏んだという。
学ぶ際の注意点を申し上げます。各ステップは奇をてらった方法論を持ち出すわけではありません。ポイントは、極力マーシャル流の通りに「五つの手順」を踏むことです。多分、あなたが手抜きした“その手順”に成果の素が含まれています。
《1》 仕事の中身をつめる。職務規程は変わらなくても、仕事の中身が変化し続けます。現在の実務内容を明らかにするのです。
《2》 数人の候補者をあげて検討すること。満たさなければならない資格、要件はありますが、要は「適材適所」です。適格者が見当たらないと思っても、三〜五名の名前を上げるようにします。これが人材発掘の方法です。
《3》 候補者全員の実績からそれぞれの「強み」を探しなさい。欠点は関係ありません。その「強み」が仕事の中身と合致するかを見るのです。
《4》 候補者それぞれと働いたことのある者数人と話しなさい。重要な情報は上司や同僚から得られるものです。
《5》 任命した者に仕事の中身を理解させなさい。その上で、3ヶ月後にその仕事を効果的に実施するための方法論(実務ポイント)を書面で提出させるのです。
ここまで、徹底して組織人事を実施すれば、“百発百中”の成功人事になるわけです。

*スマートフォン問題決着せず。アップルのサポート・センターのバックアップの取り方の指導を受けているうちにスマートフォンが再びダウンしてしまいました。明日なんとかしたいものです。

13日(水)・・・・スマートフォン・トラブルに決着を・・・ 10:00市役所公園課看板設置立ち会い
*5:00起床、ストレッチから始まるルーチンワークを果たす。日頃お会いする方々、ワン君と挨拶、エールの交換が大事なのです。
*10:00アップルのテクニカル・サポートからの遠隔手引きで、スマートフォンのバックアップがパソコンに残っているかを確認しました。幸い昨年8月にバックアップをとっていました。その上で、池袋の「クイックガレージ」(アップルの代理店)で何と4時間待ちでスマートフォンの新品を手にしました。
*本日は、なんにも出来ない1日でした。

14日(木)・・・・9:00会計事務所
*5:00起床、ストレッチから始まるルーチンワークを果たしました。注目は、《ここで動物に与えないてください!》の掲示後の最初の朝です。すこし与えた痕跡がありましたが、1人の方は餌やりを控えたようです。変化は、猫数匹が餌場付近をうろついていました。さて、決着は・・・
*顔見知りの老犬「じゅん君」がスポーツ公園入り口のポール(散歩の犬がマーキングをしているものです)から離れようとしません。どうやら、歩けずに寄りかかっているのです。
中型犬ですから、飼い主の老齢のご婦人では抱えて帰ることが出来ません。以前同様な状況でご主人が駆けつけて自宅に抱えて帰ったこともあります。もう目の見えていないとのことでした。幸い今日は歩いて帰りました。「お大事に・・」とご婦人を見送りました。
*もんま税務会計事務所の若き我がご担当は、私のパソコン(マック)の師匠でもあります。今回のスマートフォン騒動の幕引き(仕上げ)も彼の手を借りました。作業中、彼の父君の博学の税理士(コンサルタント)先生と雑談を楽しみました。パソコンでの情報管理、趣味のクラシック他の膨大なコレクションと楽しみ方・・・そのアグレッシブな姿勢は、驚異的です。私が取組中の「ドラッカー365日」を英語版対比ものをパソコン上で作り上げで持っておられました。まさに”垂涎”の逸品です。
*所沢のスターバックスでまさにその「ドラッカー365日」の筆写と解説を済ませました。
*帰途、西武線のホームの「ニュース掲示板」で、中国工場の鶏肉問題でのマクドナルドの損失の情報を目にして考えました。数十億円の損失と就任間もないサラ・カサノバ社長。
私は、優秀な経営者の後任に指名されて現職に就いた彼女にとって、願ってもない状況が作られたラッキーな方だとみました。当の本人がそう考えられれば”本物”だと思います。
根本的、長期的対策を打つことが課題であった訳で、その試み(戦略)を株主や従業員に納得させる猶予をこの度の事故が作ってくれたのです。短期(直近)のマイナスは、長期戦略を軌道に乗せるチャンスなのです。こういう機会を見逃さないのが名経営者なのです。
*「ドラッカー365日」 今日のドラッカーは、テーマ的には昨日の続きです。
出典が『非営利企業の経営』ほかとなっています。
テーマは[人事の5つにルール]です。
ドラッカーは人事者(人事を司る者)の責任をとことん指摘します。人事を言い訳に使わせません。<成功するまで手を尽くせ・・です>

人事に完璧はないのだから、人事に成功している者は、“手を尽くしている”のです。それを<5つにルール>としています。

《1》に、人事の失敗に責任を負うこと。自らが任命して、成果を上げられなかったのは、人事を行った者が間違ったのである。

《2》に、成果を上げられなかった者を再度“人事”すること。
そのままにしておくのは、他社への迷惑である。

《3》に、新しく任命された仕事で成果を上げられなかった者を解雇しないこと。適所でなかっただけである。

《4》に、常に正しい人事を行うように努めること。組織の仕事ぶりは、一人一人の仕事の総計(集積)であるから、人事は常に適切でなければならないのだ。

《5》に、外部からスカウトした者では、何を期待されているかが明確で、なおかつ、手助けしやすい仕事を与えること。

《追加》に、新しい大きな仕事は、仕事のやり方が明らかであって、かつ組織内で信頼されている者を担当されること。

要は、人事に成功している者は、“手を尽くしている”のです。

15日(金)・・・・9:00「絆」トレーニング
*5:00起床、スポーツ公園の「公園内において動物に餌をあげることはご遠慮下さい」の掲示を設置した2日目の朝です。置き餌はなく、プラスチックの器の水だけが置いてありました。猫が1匹掲示の下で私を”恨めしそうに”見上げていました。その後、信じられない光景を目撃しました。テニスコートの入り口の階段(ここも餌付け場所だったところです)にカラスが3羽飛んで来て、1羽が何と空の発泡スチロールのトレイを置いて飛び立ったのです。餌を入れろという催促でしょう!? 見間違いではありません。昨日から今日にかけて野良猫とカラスには、信じられない変化が起ったのです。カラスのこの行為は、長年餌付けをしてきた方の躾けた芸当かもしれません。
*残念ながら、野球のバックネット横のベンチの「ゴミは必ず持ち帰りましょう。」の前に”これ見よがしに”飲み物のペットボトル、スナック菓子の袋が散乱してました。おまけに金網が3カ所壊されていました。
*Sさんとのラジオ体操は順調で(私が上手になってきまいた)、終了後の雑談も楽しみです。後ろ向き歩きも始めました。
*9:00「絆」トレーニングです。担当の療法士N嬢は夏休み中ですが、他の療法士さんがメニューの改善を進めてくれます。感謝です。
*所沢のスターバックスで、〔ドラッカー365の金言〕(学習帳)の本日分に取り組みました。内容は、独立したシリーズとして掲載いたします。同様に【視点】というコラムも独立させます。
*西友教育課時代の後輩で闘病中のHさんから暑中見舞いのハガキをもらいました。ここ3ヶ月ほど携帯電話が通じず、やきもきしていましたがら、ハガキ上の電話番号に電話して声を聞くことが出来ました。大変な病状に変わりがないのですが、以前からガッツが信条の男でしたから、「これからだ、ジジイは生きるぞ、たくましく!」の添え書きに涙しました。
*DVD〔キャッスル ミステリー作家のNY事件簿〕VOL.8 英語の聞き流しに最適です。ヒアリングは強くなりそうです。

16日(土)・・・・
*5:00いやいや起床(昨夜、ホームページ編集で就寝が遅れました)、スポーツ公園は、早朝テニスのカップルでカラスの動向は観察出来ませんでした。テニスコートの金網の内側に「生餌」が置かれていました。常識的な提案、警告では、”効き目”がなさそうです。この「生餌」は食べた形跡がありません。今朝5:00前に置いたのでしょうか?夜ならば猫が口をつけている筈です。
*後ろ向き歩行に挑戦していますが、心身が疲れる運動です。
*6:30ラジオ体操後、ラジオ体操同志Sさんと「よいことのルーチン化」談義をしました。継続のためのチェックリストの効用について”自称三日坊主の天才”の私の蘊蓄(うんちき)を語りました。私の継続の6原則はこうです。

⑴チェック項目(実施項目)を多くすること(常日頃既に実施している”身体に良いこと”をチェック項目に入れること)
⑵100点満点でよいとすること
⑶フォロアー(「続けている?」と時々問いかけてくれるひと)を作っておく
⑷毎月フォロアーに「チェックリスト」実績を提出する約束をフォロアー氏と約束する
⑸月1日、「チェックリスト」お休み日をつくる
⑹数日さぼっても、性懲りもなく再開する

*ブロック長定例業務「月中回覧」を班長宅へ届けました。
*今日のドラッカー筆写(4月21日「スローンの人事」)しました。
*上記をメイン・ページにまとめました。<徳忍の学習帳>
*DVD[キャッスル ミステリー作家のNY事件簿〕VOL.9]TVのドラマは、聞き流し、見流し用と見つけたり!?
*HBR〔チリ鉱山落盤事故、奇跡の救出劇〕書き込みました。

17日(日)・・・・
*起床、スポーツ公園の”ほっ”の⑴猫の餌やり場に豆腐のプラスチックの空ケースに水だけ置いてあったこと(推測:餌をやった後、水だけ置いておいた)、これで落ち着いてほしい。”シマッタ”⑴後ろ向き歩行で顛倒。ラジオ体操順調です。
*9:30とラッカー365の金言4月22日「人の見分け方」筆写修了しました。
*11:20<徳忍学習帳>本日分の掲載しました。
*HBR〔チリの鉱山落盤事故での奇跡的救出劇〕を完結させました。感動的であると同時に私たち日本人にとって教訓的なケース・スタディです。是非通してお読みください。
*明日は、日帰りで加古川で闘病中の友人のお見舞いに行ってきます。彼からの残暑見舞いにハガキで勇気づけられたのは私の方なのです。
ということで、早朝トレーニングはお休みします。

18日(月)・・・・
*5:00起床、始発のバス(5:56)で所沢駅⇒池袋駅⇒東京駅⇒新大阪駅⇒西明石駅⇒加古川駅と11時過ぎに着きました。
*加古川駅前交番でHさんのアパートの場所を確認して、タクシーで向かいました。その後、県立加古川医療センターへ向かい、治療待ちのHさんと会うことができました。治療が始まる時間まで1時間半程旧交を温めることができました。同じコースの20:30に自宅に戻りました。 彼の笑顔と体力確認(確信)が、今日の成果です。
*日頃のリハビリ・トレーニングの成果を確認出来ました。私の毎日の執拗なトレーニングは、”この日のため”のトレーニングなのです。相当に無理をしましたが、本当の肉体的だダメッジは”2〜3日後”に判るでしょう。

19日(火)・・・・9:00「絆」トレーニング
*5:00起床、スポーツ公園定例メニュー+背走トレーニング、Sさんに加古川報告をしました。
*9:00「絆」トレーニング、担当の療法士N嬢が夏期休暇を終えて、付きっきり状態でトレーニングをフォローしてくれました。
*〔賞の柩〕帚木蓬生著<集英社文庫>ノーベル賞を題材にした医療サスペンスです。この作家の作品は初めてですが、淡々と多方面から話しが進みますが面白そうです。この作品の舞台であるストックホルム、ロンドン、パリの描写の丁寧でその内容も楽しめる仕掛けです。初めての作家が新鮮です。まで3分の1を読んだ感想です。
*今日は、昨日の疲れが出るであろう(確実に出ます)明日以降に備えて、午後は〔賞の柩〕の読書だけに費やしました。
*21:00就寝(オードリー・ヘップバーンのDVD〔おしゃれ泥棒〕を見ながら居眠りの末・・・)

20日(水)・・・・
*2:30起床、ホームページの手直し依頼をYさんへメール
*6:30ラジオ体操に新たなお仲間(3人目)が参加しました。私同様ラジオ体操第二が不得手は同年輩、Sさんを指導者をしてやりました。傍から見ると愉快な光景でしょう。
*所沢市の公園課の方へ次のメールを発信しました。

いつも敏速な対応を感謝もうしあげます。
エステシテイ自治会の村上忍です。
先般は2種類の掲示ありがとうございました。
スポーツ公園の環境のメインテナンスとゴミなし状況の維持は、まさに”官民一体”となった協同体制での成果として誇るべきでしょう。
決してオーバーではありません。
私は、毎朝、外周ウオーキング、ボール投げ(野球のバックネットの下部に打つける、バスケット・シュート)※脳梗塞の後遺症回復訓練です の際ゴミ拾いを日課としておりますが、最近は夕刻どなたかが「ゴミ拾いを日課」となさる方、あるいは一カ所に集めて置いて下さる”勝手連”が生まれ、私の役割が軽くなりました。市の方でも週に2回程シルバーさんを投入してくださっているようですね。
有志のラジオ体操も定着しそうです。

課題、問題も相変わらすぐ発生します。
テニス・コートから野球のバックネットに至る金網の下部に3ッ箇所、破損(穴)ができております。悪ガキが蹴って破損させたようです。

猫の餌付けがエスカレートしております。
今朝、例の掲示の前(テニスコート上)に水を入れた器、乾き餌を入れた器、生餌を入れた器を(挑戦的に)置いてありました。
今は6:00前後から、テニスが始まりますから、私が生餌は捨て、水と乾き餌だけを植え込み側に移動しておきました。
この繰り返しは、エスカレート(信念を持ってやっているようです)、市の方で確信的実施者を特定して、市から警告するより方法がなさそうです。
ジョギング、犬の散歩の利用者から非難の声も挙がっております。
私は、淡々とこの繰り返しに対応するだけですが・・・対処をお願いいたします。
エステシテイ自治会生活環境部会員
村上忍

市の公園課のメール相手は面識のある好青年です。私にとっては、組織論、マネジメントの実践ケーススタデイです。官民の協同作業です。目的は快適なスポーツ公園維持管理です。
*DDMレンタルで旧作〔明日は来らず〕を発注しました。毎日新聞のコラムの推薦です。

21日(木)・・・・
*4:45起床、月曜日加古川訪問の疲れがやっとこさとれました。
*6:30のラジオ体操までに所定のトレーニングをこなしました。ラジオ体操の3人が改めて自己紹介を交わしました、60歳代の女性、70歳の私、70歳代半ばの男性です。
*9:30大和証券の新人U嬢が営業で3度目の来訪です。資産コンサルタント課の営業ですから、資産のない村上さんは明らかに対象顧客ではありません。勉強に(油を売りに?)寄るのです。この暑さの中を4大卒の女子新入社員の自転車で営業です。頑張って欲しいではないですか。
*今日のドラッカーの筆写をしました。<スローンの社会的責任論>です。スローンは当時の大企業GMのCEO です。ドラッカーにとっては、1946年に出版された〔会社という概念〕が出世作といわれます。内容はドラッカーによるGM(ゼネラル・モーターズ)の研究レポートです。GMからの依頼で1年半かけた調査プロジェクトの結果をドラッカーをまとめたものですが、当初GM内では”禁書”扱いだったようです。ドラッカーによる”辛口”のまとめが災いしたのです。そんなこんなでスローンとドラッカーの関係は、ギクシャクしたものであったようです。しかし、ドラッカーはスローンの経営手腕を高く評価していたようです。
ドラッカーにとって、スローンは”独別”な存在であったようです。事例として、よく顔を出しますが、ドラッカーの解説・評価がはっきりしないのです。
*チェーンストア業界の先達の多くは鬼籍に入られました。その中でIグループのOさんは90前後のお歳の筈ですが、お元気でグループ内部会議で立ったまま1時間前後話されたと聞きました。ドラッカーも95歳で亡くなるまで現役でものを書いていたそうですから、0名誉会長の同じです。懐かしさとお元気なことを知った嬉しさでお手紙を書きました。

22日(金)・・・・9:00「絆」トレーニング
*4:50起床 6:30のラジオ体操までに、ストレッチ、ウオーキング、後ろ向き歩行、ボール投げ、バスケット・シュートをこなしました。
*9:00”命懸けで”炎天下を35分のウオーキングで「絆」にたどり着きました。その価値あるトレーニングでした。その”締め”は、ドラッカーの筆写訓練です。内容は〔貪欲と腐敗〕です。
*ホームページ掲載用の〔デイリー・ドラッカー〕の解説を書き上げました。この私にとっての「学習」は、ドラッカーの再学習であり、手元の資料(本、論文雑誌)をを読み直しです。<今さらドラッカーではなく、今こそドラッカー>の思いを新たにしております。
*広島の土砂災害の情報、ニュースは、痛ましい限りですが、人間が地球をいじめ過ぎた結果であるという反省をしない国になったことが最も大きな問題だと思います。
宗教者(宗教的視点)不在の時代ということです。この時にこそ、宗教が母体の政党は、宗教的反省(人類としての反省)を示してくれると、その存在感を持つのになあ・・と思いました。人類閉じての根本的反省とは何か、を考えるべきでしょう。とくに国のリーダーは・・・。

23日(土)・・・・
*5:50起床、ウオーキングを強化しました。背走(30メートル)5本を加えました。
ラジオ体操参加申し込み1名ありました。
*The Daily Druckr[ドラッカー365の金言]の補遺を書きました。私のドラッカーは、もっと広いし、魅力的なのです。
*DVD〔明日は来らず〕名画です。5人のこどもに恵まれた老夫婦が住んでいた家を銀行にとられ、子供たちそれぞれの家庭の事情でそれぞれ別の家で生活することになる。それも長くは続かず、老人は別の子供の家に、老婦人老人施設に入ることを承諾します。そのことを夫(老人)に内緒にすることを条件に。最後のお別れパーティーに日に、二人だけで懐かしの地でデートを楽しむのです。これが見せ場です。「カサブランカ」のハンフリー・ボガードとイングリッド・バーグマンとのシーンに負けないかっこいい、泣かせる場面でした。
白黒映画の時代のものですが、今日の社会問題を灌漑させられますが、そんなことは抜きに名画として楽しむべきでしょう。
*DVD〔おしゃれ泥棒〕オードリー・ヘップバーンてこんな顔でしたっけ。美人て得ですね。のびのび演技するだけでいいのですから。長島さん、ヘップバーンの類いは、”素のまま”の絵になります。

24日(日)・・・・
*5:00起床、ウオーキングがてら郵便物の投函、セブンイレブンで牛乳の買い物をすませました。ポメラニアンのムサシ君と深まりつつある挨拶を交わしました。
スポーツ公園の3カ所の金網の修復がなされていました。所沢市の建設部公園課の対応の早さを賞讃します。
*本日のドラッカー筆写[4月27日「企業倫理論の間違い」]しました。
*ホームページ[徳忍の学習帳]をまとめました。次の項とその次の項を読み込みました。
*小説[賞の柩]帚木蓬生著が佳境に差し掛かってきました。
*小山さん(狭山市民大学)の推薦図書:単行本[ご老人は謎だらけ]佐藤真一著を近くの本屋に注文しました。
*「絆」推薦のストレッチ・ポールをD2(ホームセンター)で買い求め使用中です。肩甲骨と右肩の矯正には効果的かもしれません。

25日(月)・・・・
*4:50起床、曇天です。定例のトレーリングをつつがなくこなしました。(背走30メートル5本を含め)
*ご存知でしょうか? わたしのホームページには、アクセスのカウンターがついております。カウンターは24:00で行き変わります。24:00〜5:00の間に20件余りのアクセツを頂いております。真夜中です。その時間帯に活動されている方がおられるのですね!?
*毎日新聞朝刊[風知草]山田孝夫で〔告白した人、問うた人〕で、ジャーナリストから大学教授となり、一貫して電力会社(関西電力、東電)の”巨悪”を追求してきた奥村宏と元関西電力副社長であった内藤千百里のその後の告白(内藤)に触れています。ポイントは、元関西電力副社長であった内藤千百里の告白である。奥村が一石を投じ、関西電力を追われて27年、今二人は”同じこと”を言っているというのが山田孝夫の「しめ」です。
このケースは、ドラッカーの「企業倫理の間違い」の格好事例です。関西電力副社長当時の内藤は<倫理と義務>の選択において、現行の企業倫理観に基づき義務を選択したのです。
20数年経って私人となった今、<倫理と義務>の選択において、当然の如く倫理を選択して反省して見せたのです。これをドラッカーは、「企業倫理の間違い」とし、公人といえども<知りながら害をなすな>と断罪します。
*本日のドラッカー(4月28日『社会的責任と倫理』)を筆写しました。
*<徳忍の学習帳>の4月28日、4月29日まとめて書き、掲載しました。ご欄下さい。
*小説[賞の柩]帚木蓬生著は、ヨーロッパの都市のシャレた観光案内風になって来てミステリーはどこかに往ってしまいました。それもよしです。
*わたしがHBRの〔チリ鉱山崩落事故、全員救出劇の軌跡〕にこだわって、ダイジェストをなるべき詳細に皆さんに届けたかったのは、今は亡き福島原発のあの吉田所長の無念さを考えて欲しかったからです。事故当初から、政府、東電本社の対応対処が今日に至るまで、保身的、官僚的に過ぎたからです。その時、このHBRの報告を読んで感動しました。
今、遅ばせながら、吉田所長の事実報告が公表されるそうです。皆さんには、〔チリ鉱山崩落事故、全員救出劇の軌跡〕と対比して読んで欲しいのです。

26日(火)・・・・9:00「絆」トレーニング
*4:45起床、小雨模様でスポーツ公園でのトレーニングを諦めて室内トレーニングに切り替えました。[絆]型+アルファのストレッチ、ストレッチ・ポール、腹筋15回、簡易腕立て伏せ20回、DVDラジオ体操(第一、第二)、ゴミ出し(ペットボトル)のため外に出ると雨が上がっていました。念のため、ゴミ拾いを兼ねてスポーツ公園へ、Oさんが来られたので、わたしのラジオでラジオ体操第一、二をやりましたが、大笑いです。指揮官なしでは、二人ともマスター出来ていないので(忘れてしまっているので)ひどいものでした。Sさん(女性リーダー)の”偉大さ”をOさんと噛み締めました
*〔Daily Drucker ドラッカー365日の金言〕筆写、本日のテーマは「雇用不安の害」です。

27日(水)・・・・・
*4:45起床、雨模様にスポーツ公園はお休みです。
以下、「DO!memo」
⑴ゴミ出し
⑵ホームページ昨日分補完
⑶ラジオ体操
⑷読経
⑸ストレッチ・ポール
⑹通常ストレッチ
⑺腕立て伏せ
⑻腹筋
⑼朝食準備および昼食サンドイッチ準備
⑽朝刊拾い読み
⑾ドラッカー筆写
⑿ 「徳忍学習帳」作成、掲載
⒀税金ほか振込(外出)
⒁読書(「賞の柩」)
⒂読書(「ご老人は謎だらけ」)
*「賞の柩」読み終わりました。帚木蓬生という作家の作品は初めてでしたが、よい作品でした。2〜3帚木蓬生という作家の作品を読んでみたいと思いました。
*[Do ! memo]は、時々スマートフォンにメモして活用しています。
*所沢市役所公園課のSさんと話しました。スポーツ公園の猫の餌やりの件、市内の別の公園では、野良猫の餌やりと去勢とを両方進めているグループもあるそうです。スポーツ公園では、テニスコート内のものは早朝わたし他が植え込み側に移します。生餌は廃棄します。
がまんくらべですかが,これで当分いくとこで合意しました。
*読書(「ご老人は謎だらけ」は、著者の蘊蓄は頂きますが、主張性は希薄で、この重要課題を軽々しくさばいている感じに好感が持てません。〜まだ3分1残っているので!?〜

28日(木)・・・・
*4:45起床、家でのトレーニング、スポーツ公園でのトレーニングを週2回の「絆」でのトレーニングと連動した内容に変えました。
*本日のドラッカーの筆写をしました。今日のテーマは『ネットワーク社会の到来』です。わたしの筆写作業が時間がかかります。この長所は考えながら書くことです。「こんなタイトルづけをするときは、ドラッカーおじさんは、どう攻めてくるかな!?」内容を予測する楽しさです。当たるのも楽しいし、外れると興味が倍加します。
*上記を[徳忍の学習帳]にまとめました。余談ですが、アメリカのビジネス社会には、「サービス残業」という言葉はありません。「オウン・タイム」と言っていました。だめな店長同士の会話、「最近はどうだ?」「退職と長期休暇が重なって、オウン・タイムばっかりでやになるよ。」「だと、人時コントロールバッチリでインセンティブを稼いでいるな。」・・・
*[ご老人は謎だらけ]読了しました。こうゆうタイトルの本に”よい内容”のものはないことを確認しました。自信のある内容の論文、研究発表に多分こんなタイトル付けを付けないでしょう。”ご老人”は、お年寄りの尊称ではなさそうです、この本では・・・。ものを書く人間として”ある意味で”教訓的な本でした。
*DVD〔グランド・ホテル〕懐かしの名作です。人生模様をほろ苦く謳い揚げた作品でした。
*Kさんに紹介下さった[ご老人は謎だらけ]の上記所感を伝えました。大学名誉教授でもあるKさんは、わたしのクレームに共感しつつもあの本の本質を確認されたのはさすがです。また、もっと本質に迫る本〔創造的福祉社会〕広井良典著を紹介して下さった。
読んだ上で狭山市民大学のレストランのソバを食べに伺うことを約束しました。宿題が増えました。教育論談義も面白かったです。教え過ぎることの”間違い”には同感しました。「何故?」と考えさせることの重要性、深いですね。
*時間が足りません。など言いながら、倫理活動団体の個別訪問のご婦人らと”なが話し”です。(もう、顔見知りですから・・)ご婦人達が「早起き会」を自称するのでわたしらの「早起き会」の健全さをアッピール。笑いながら話せること、わたしからも学ぼうとすることが宗教でない証しでしょう。

29日(金)・・・・「絆」トレーニング、埼玉西協同病院:権謀診断フォロー
*5:00起床、小雨模様でスポーツ公園中止で自宅でストレッチ、ストレッチ・ポール、ラジオ体操を実施します。
*9:00〜12:00「絆」トレーニングを快適に済ませました。
*14:30埼玉西協同病院で権謀診断の結果を本日出勤の医師から聞きました。予測通り、いくつか再検査を申し渡されました。その日程決めと看護師からの説明を受けました。
病院は、待ち時間だけで疲れます。
*DVD〔カヴァルケード(大帝国行進曲)〕1900年前後(ボーア戦争)から第一次世界大戦の終戦時までの大英帝国の歴史を一婦人の目を通して綴った一大巨編でした。あのタイタニックも第一次世界大戦前の出来事と知りました。〔グランド・ホテル〕と2枚組で偶然レンタルしました。この好運に感謝します。
* HBR〔いまマインドフルネスが注目される理由〕エレン・ランガー〜ハーバード大学教授〜マインドフルネスとは、惰性でいつも通り行動するのではなく、身の回りで生じている出来事に注意を払うことによって、ストレスの軽減、創造性の発揮、パフォーマンスの向上につながると言う考え方です。ポジティブ・シンキングが理論として存在し、その大家がハーバード大学にいたのです。このインタビュー構成の内容は優れています。
*〔創造的福祉社会〕広井良典著を注文しました、S先生ありがとうございます。

30日(土)・・・
*5:00起床、読経(白隠禅師座禅和讃)、小雨模様を確認して、自宅ストレッチ、ストレッチ・ポール、ラジオ体操、腹筋、腕立て伏せとルーティンと消化しました。
*朝食(お昼用のサンドイッチ作り)※食パンは、航空公園駅中のパン屋の絹目食パンかヤオコーのベーカリーのローヤル・ブレッドに限ります。
*本日のドラッカーの筆写は〔ねくすと・ソサエティの特徴(5月4日)〕です。
*上記、[徳忍の学習帳]へ掲載しました。情報化社会を再認識しましょう。
*岩波文庫の[代表的日本人]内村鑑三著、鈴木範久訳の内の<西郷隆盛>を読みました。この書は、内村鑑三が英文で書いた本の翻訳です。まず、びっくりしたのは、内村鑑三がこんなに西郷を敬愛していることを知ったからです。この愛は、宗教的、哲学的、人間的な視点です。学びが多く、深い本です。内容的な深さに関して書くべきですが、ここで触れられるボリュームでは納まりません。本筋から離れますが、西郷と結果的に敵対し、(西郷を)排除した例の「米欧視察団」帰りの岩倉、木戸、大久保一派は、列強の現実を知り、優柔不断、明らかな正義を犠牲にして恥じない平和への執着があったと内村鑑三が評しているのが、印象的でした。また、書き加えると、その一方で小国ビスマルクのプロシャ(ドイツ)の権謀術数に共感し、同じ路線を歩むのです。明らかに、このDNAを今日の日本は引きずっているようです。
  
31日(日)・・・・11:30圏央所沢病院定期診断
*5:00起床いつも通りの朝です。今日は小畑さんはラジオ体操はお休みです。
*朝食後、早めに家を出て小手指駅前の喫茶店でドラッカーの筆写を完了しました。今日のドラッカーは難解です。[新多元社会の到来]がタイトルです。しかし、ドラッカーのいう今日の企業の特性は、ものの見事に、セブンイレブン他の超優良企業の特性そのものです。
[徳忍の学習帳]をお読み下さい。
*ホームページのアクセス件数の変化は、見物です・・・!? 9月もご期待下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加