The Daily Drucker  ドラッカー365の金言(徳忍の学習帳)

<6月21日〔仕事の意味〕>  〜10月19日〜
  
<仕事は重荷であって、必要とされるものである。
呪いであって、祝福となるものである。

仕事を失うことが人を傷つけるのは、金銭ではなく誇りのためである。

仕事は、人格の延長である。

それは自己実現の源である。

自らの価値を測り、自らの属性を知る手段である。>

含蓄の深い定義です。これらは、読者の心境と置かれている立場で共感するものです。 

この項は、『マネジメントー課題、責任、実践』〜1973年〜からの引用です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加