The Daily Drucker ドラッカー365の金言(徳忍の学習帳)

<7月31日〔永続的コスト管理〕> 〜2014年12月13日〜

地味なテーマです。キーワードは、〔コストの削減ではなく、「コスト予防」という新概念〕です。この意味合いを正しく、深く理解してください。
コストには、“予防処置”が必要なのです。

《コスト管理において重要なことは、コスト削減ではない。コスト削減ではなく、コスト予防でなければならない。》

コスト管理が組織構造の問題であるとの認識である。
コスト管理とはコスト削減ではなく、コスト予防でなければならない。

コストは自動的下がることはない。したがって、コスト予防は不断の課題である。
いかにマネジメントが優れていようとも、コストは繰り返し点検していかなければならない。
いかにコストを管理しようとも、あらゆる活動を数年ごとに点検しなければならない。

こうして組織内の誰もがコスト意識を持つようになる。
コスト管理を脅威でしてではなく、機会として見るようになる。
コスト管理がコスト削減として理解されるとき、働く人たちは人員整理の問題として強力を拒否する。
しかし、それがコスト予防として理解されるとき、彼らは機会としてみる。
少なくとも雇用の安定と仕事の質の向上のためとして指示する。>

この項は、ラーニング教材『永続的コスト管理』からです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加