The Daily Drucker  ドラッカー365の金言(徳忍の学習帳)

<8月18日〔(2)創造的模倣〕> 〜2015年1月5日〜

《 創造的模倣は、リーダーの地位にある者を追い抜く。 》

<二番手戦略では、起業家は新しい製品やサービスを創造しない。
誰かが創造したものを改善する。その一つが模倣である。
だが顧客のニーズと欲求に、よりよく応えられるようにするがゆえに創造的である。
こうして顧客の欲するものの創造に成功するならば、リーダーの地位を獲得し、市場を支配することとなる。

誰かが新しいものを完成間近までつくりあげるのを待つ。
そこで仕事にかかる。短時間で顧客が望み、満足し、対価を払うものを作り上げる。
直ちに標準となり、市場を奪う。

1970年代に、IBMがこの戦略でパソコン市場を席巻した。
開発したのはアップルだった。
アップルのパソコン開発は、それ自体一つの大事件だった。
IBMはアップルを追い抜くための作業を開始した。
アップルに欠けているものは何かを分析し、1年半後にはユーザーが必要とするソフトを搭載したパソコンを出した。
その1年後のは世界中で市場のリーダーとなり、その後10年以上にわたってその地位を守った。
他方、アップルは限界的存在となり、20年後の1990年代末、ようやくニッチの位置を見つけた。>

〔二番手戦略〕恐るべし!です。

この項は、〔イノベーションと起業家精神〕1985年からです。

The Daily Drucker
ドラッカー365の金言(徳忍の学習帳)
<8月18日〔(2)創造的模倣〕> 〜2015年1月5日〜

《 創造的模倣は、リーダーの地位にある者を追い抜く。 》

<二番手戦略では、起業家は新しい製品やサービスを創造しない。
誰かが創造したものを改善する。その一つが模倣である。
だが顧客のニーズと欲求に、よりよく応えられるようにするがゆえに創造的である。
こうして顧客の欲するものの創造に成功するならば、リーダーの地位を獲得し、市場を支配することとなる。

誰かが新しいものを完成間近までつくりあげるのを待つ。
そこで仕事にかかる。短時間で顧客が望み、満足し、対価を払うものを作り上げる。
直ちに標準となり、市場を奪う。

1970年代に、IBMがこの戦略でパソコン市場を席巻した。
開発したのはアップルだった。
アップルのパソコン開発は、それ自体一つの大事件だった。
IBMはアップルを追い抜くための作業を開始した。
アップルに欠けているものは何かを分析し、1年半後にはユーザーが必要とするソフトを搭載したパソコンを出した。
その1年後のは世界中で市場のリーダーとなり、その後10年以上にわたってその地位を守った。
他方、アップルは限界的存在となり、20年後の1990年代末、ようやくニッチの位置を見つけた。>

〔二番手戦略〕恐るべし!です。

この項は、〔イノベーションと起業家精神〕1985年からです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加