2015年3月(前半)の〔村上徳忍〕の予定・行動・出来事・感想

本月もどうぞよろしきお願い申し上げます! 村上徳忍

03月01日(日)・・・・・

*古代ローマでは、3月は戦いを始める月であったようです。心機一転の月としたようです。先人の教えに則り、チャレンジの前哨戦の月をしたいと考えます。私の特技(強み)は「三日坊主」です。三日坊主の屍累累です。新しいことに挑戦するが続かないことがなんで長所なのか。私はもう一つ「究極のポジデイブ思考」なのです。わたしの「三日坊主」は、性懲りもなく繰り返すのです。毎日新聞の「余録」の音読を徹底します(ルーチン化します)。おまけに「風知草」まで音読します。今の私には、最も必要な脳のトレーニングであり、実質的な効果性があります。「英会話は”単語”である!」これがチェンマイでの教訓(悟り)です。英単語を忘れた私は、チェンマイでの友人関係づくりの機会を逃しました。単語量を増やします。*5:00熟睡後でいやいや起床、計量で1年ぶりに60Kgをオーバー(ミューズでのピアノ・コンサート後、ラーメン/餃子、ミニ羊羹、リンゴ半分は、軽卒でした。)室内ルーチン、スポーツ公園でのアルペンポール・ウオーク、ラジオ体操、テニス壁打ち *自治会回覧物処理 *3月最初のドラッカーは、〔強みを知って利用する〕です。人の「強み」ほどデリケートなものはありません。それが証拠には、昨日まであれほとに自信満々だった人が今日は同じ人とは思えぬ自信のなさです。ここでドラッカーが言いたいのは、強みでさえ不安定なのだから、くれぐれも不得意分野には手を出すなということ、強みを扱いを誤れば(落とし穴がいっぱい!)手に負えないと言うことです。「強みを知って利用する」なんて簡単なことではないのです。「徳忍の学習帳」をご覧ください。 *生涯学習を推進推進市民会議の会長Kさんから私のチャレンジに対してのエールのメールを頂きました。どちらかと言うとラディカルな私と温厚なKさん、現状への危機感は一緒と確認し合えております。しかし、行動せねば・・と私は思います。*読書〔心理学〕〜15章自己〜続き [自己高揚]と[自己卑下]欧米人と日本人との違いについて、欧米人に多い[自己高揚]、日本人に多い[自己卑下]その背景に欧米人に多い「相互独立的自己観」、日本人に多い「相互協調的自己観」が影響している。日本人は自己を卑下することによって他者に好印象を与えようとする戦術的自己呈示(謙遜)をする。この辺りの仮説は実に面白いです。*読書〔世界は分けてもわからない〕〜トランス・プランテーション(臓器移植)〜激しい拒絶反応は、身体の異物排除の戦いであり、医療の強力な免疫抑制剤の投与で医学の進歩(革新)で勝利したと考えることは間違いであり、生命が本来持っている可逆性に支えられているだけである。それは、人間が何かを制御し得た(制圧した)ことを示すものではない。この辺りは著者(福岡伸一)の面目躍如たることろでしょう。(医学界からはますます疎まれる!?)
03月02日(月)・・・・・H氏とのミーティング小手指喫茶店のモーニング・サービスに合わせて

*5:00起床、体重測定で60Kgを切ることが出来ませんでした。ラジオ体操仲間のSさんが災難にあいました。自転車での接触事故です。手首周辺の打撲で済んだようで幸いでした。この間の経緯のお話しでもSさんの人柄が溢れます。接触した自転車の子どもへの気遣い、仕事先(パートタイマー)への責任感ほか、また気丈、頑健な方です。学ぶべしです。室内ルーチン(新たな運動込みです!)、〔メデイカル・ウオーク・ポール〕でのウオーキング、ラジオ体操をこなしました。*H氏とのミーティング 近況報告、私のこれまでを”好意的に”ご存知な限られた同志的先輩なので、甘えながら”大言壮語”できる機会です。「本を読むよりも、人と会って話す方が学びが多い。」この一言は、大きいです。そういう環境条件(人間関係)を作ってきていることがすごいです。ちなみに私の現状は読書を通して古今東西の方々を会話するより術(すべ)がないのです。学びと努力が足りないのです。 *本日のドラッカーは、〔強みと価値観〕です。今日、お昼を挟んでHさんとお話しした内容と”ドンピシャ”です。”コインシデンス!”(英単語を喪失した私の脳は”突然”こんな単語を思い出させるのです!)「徳忍の学習帳」をご覧ください。*本の注文、ジャック・アタリ本〔金融危機後の世界〕、〔国家債務危機〕、〔21世紀の歴史〕、〔反グローバリズム〕いずれも中古本です。アマゾンはこういう買い方に適しています。今読みかけの数冊に決着をつけないと・・・! *私の敬愛するドラッカーは、<アメリカ経済の良心!>です。Hさんに進められたジャック・アタリの<ヨーロッパの知性!>と称される賢人です。読み比べと言うのは僭越ですが、胸を借りてどれだけ深く読めるか挑戦です。
03月03日(火)・・・・・9:30-11:30『絆』トレーニング(2月のリハビリ総括)

*5:00起床、新ルーチンを消化し、スポーツ公園で〔メデイカル・ウオーク・ポール〕でのウオーキング、ラジオ体操をこなしました。8:10頃家を出て〔メデイカル・ウオーク・ポール〕でのウオーキングで『絆』へ、療法士のNさんと2月のリハビリトレーニングを総括しました。まずまずの頑張りと評価(自賛です)、3月は、英単語の蓄積を取り組み課題目標に入れました。個人的には、10月あたりに今年2度目の”一人合宿”を企て、その前月に使うであろう英単語を書き出し、暗記して現地入りすることを考えております。*スターバックス学習で本日のドラッカーを筆写、「徳忍の学習帳」(強みと貢献)を仕上げました。ご覧ください。*S社の店舗巡回を17日(木更津方面)に決めました。パートタイマーさんから現場の実務改善を学べるチャンスです。
03月04日(水)・・・・・

*(念願の雨です!?)5時前に雨天を確認し、6時半前に起きました。いつもと違った一日を過ごすことは、生活革新(ちょっとオーバーです)なのです。順番を変えます。仏壇のお水を替えること、計量(体重測定)、「座禅和讃」読経だけを済ませました。後は昼食前後にまわします。何をしたいのかというと、〔心理学〕学習の勢いづけです。ルーチン的なこなしをしていますと、まとまった時間が作れないのです。今日がチャンスなのです。*〔心理学〕(自己概念)ノート作り(午前中)*午後、本日のドラッカーに取りかかりました。今日のどらっかーは〔集団と個〕です。ここでドラッカーは、個々人の個性を殺すな、個々人の仕事のやり方も活かせ、と言います。それはコミュニケーションによる相互理解と信頼関係で可能であると言います。無理難題のように聞こえますか、マニュアル化された作業職種以外ならば、実績、成果の制約条件さえ果たせば許されるでしょうし、そんな事例はあります。「徳忍の学習帳」をご覧ください。*ジャック・アタリ本が届きました。〔国家債務危機〕、〔21世紀の歴史〕の2冊です。出版社が「作品社」という名前ですが知りませんでした。早速取りかかります、楽しみです。*毎日新聞の販売店の”蘊蓄氏”が集金に訪れました。我が家のリビングで”高尚な雑談”を繰り広げました。なんせマックス・ウエイバー、マルクスの名前が飛び交うので楽しいですよ!?「大学院の修士論文の取り組み方」の助言まで出てきます。何者か知らず、聞かずでのお付き合いを楽しみます。

03月05日(木)・・・・・

*5:00起床、室内ルーチン、スポーツ公園で〔メデイカル・ウオーク・ポール〕でのウオーキング、ラジオ体操をこなしました。*朝食後、ジャック・アタリの〔21世紀の歴史〕〜未来の人類から」見た世界〜を<良書紹介>と対象にしました。なぜなら、「日本語版序文にかえて」[21世紀日本は果たして生き残れるか?]が刺激的だったからです。これがら読み進めますが、まずは皆さんにサワリの部分をご紹介したかったのです。*到着本〔反グローバリズム〕ジャック・アタリ、〔金融危機後の世界ジャック・アタリ〕*〔21世紀の歴史〕〜序文〜読み切りました。序文と言っても重い(内容の濃い、深刻なものです。)アタリの予測では《2035年[市場民主主義のグローバル化とアメリカ帝国の陥落]、次に[人類壊滅の危機ー国家の弱体化と<超帝国の誕生>]、2060年[<超民主主義>の誕生]》なのです。アタリは、2050年代に人類滅亡の危機が訪れると予測しているのです! 2060年<超民主主義>の誕生の誕生のしていますが、危機を乗り切った場合の話しです。彼のこれまでの予測はことごとく当たっているのです。昨今のなんら解決策を見出し得ない国際情勢の混沌も彼の人類滅亡のストーリーに入っています。この本が出版された時、サルコジ仏大統領が、即大統領諮問委員会「あたり政策委員会」を発足させたのは、ことの深刻さを感じてのことだったのでしょう。そういう意味に重い本なのです。*本日のドラッカーは、〔上司のマネジメント〕です。「徳忍の学習帳」をご覧ください。
03月06日(金)・・・・・9:30-11:30『絆』トレーニング

*5:00起床、いつも通りの手順です。家を出てスポーツ公園への30メートルの間でムサシ君とMさんと立ち話しです。おかしいのは、Mさんとジャック・アタリの蘊蓄で盛り上がっていると、ムサシ君が早く行こうと”不快感”をあらわにするのです。したがって、別れるときに「ムサシ君ごめん!」を声をかけます。*9:30-11:30『絆』トレーニング 〔メデイカル・ウオーク・ポール〕を右手用だけ使ってウオーキング(30分)で『絆』到着です。帰途、ツタヤで〔英単語ターゲット1200〕〜豆単です〜購入、レシートを2階に持っていくと何とDVD旧作タダ!で1本借りました。スターバックスでドラッカー〔セカンド・ライフ〕(9/17)を筆写し、ジャック・アタリの〔21世紀の歴史〕を読みました。*昨年、庭を手入れして椿を7種類植えましたが、3本は毛虫に完全に葉っぱを食べ尽くされ、4本(4種類)がつぼみをつけております。一番大きなつぼみが咲きそうになって数日経ちます。嵐山の兄にあちらの開花状況を確認したり、大騒ぎをして兄に苦笑されています。*サッカー観戦、なでしこジャパンがポルトガルに勝つ。

03月07日(土)・・・・・

*5:00小雨模様、定例をこなしました。ラジオ体操後ノエル君の保護者(女性)と雑談に興じました。マックスウエーバーの代表著作を3作アマゾンで注文しました。(まいにち新聞蘊蓄氏の影響です)*音読訓練〔毎日新聞余録〕”中所得国のワナ”と中国の”新常態(ニューノーマル)”について。*英単語(動詞は楽勝!?と言うことは?)*〔心理学〕ノート作り〜自己〜続き [ローゼンバーグの自尊感情尺度]の調査シート化がまだ手についていません。自尊の欲求の高める方法論の開発を急ぎたいものです。*コジマデンキへ行き、愛用カメラGRの接写のテクニックをMさん(カメラに超強い!)を学びました。*サイゼリヤで昼食方々ハーバード・ビジネス・レビュー最新号の〔IoTという新たな産業革命〕村井純〜慶応大学環境情報学部長・教授〜を読みました。併せて〔悲嘆の門〕宮部みゆきを読み足しました。*本日のドラッカーは、〔生き方革命〕です。私は、40歳半ばで経験した”第二の人生探し”です。<余分>な人生の何年間かを考えていたサラリーマンにとっては、長過ぎる<余分>です。個々人の問題ではなく、国をあげて考えなければならない問題なのです。「徳忍の学習帳」をご覧ください。
03月08日(日)・・・・・9:30自治会理事会

*6:00起床し、(雨が降ってはいないので)大慌てでスポーツ公園へ直行しラジオ体操です。ラジオ体操はリハビリ行動の”軸”なのですから、万障差し繰ってリハビリ人生を”楽しく”やります。*自治会理事会は今月で終わりです。私も最後ぐらい精勤します。根本的な課題(加入率の改善進まず!)がありますが、理事の皆さん(ほとんど主婦の方です)本当に真面目に尽くします。頭が下がります。*DVD[バベル]久方ぶりのビデオ鑑賞です。シリアス分類の人間ドラマでした。舞台が日本、アメリカ、メキシコ、モロッコの4カ国を飛ぶ話し(ストーリー)ですが、孤独な人々としての役柄をブラッド・ピッド、役所広司が演じている好作品でした。再びDVDに凝りそうです。*ラジオ体操(スポーツ公園)逸話です。朝6時過ぎにスポーツ公園のテニスコート傍のベンチで老人用[緊急事態通報装置]を拾得しました。私が持ち歩いているものと同じてすから分ります。名前が貼ってありましたが、どう対応しようかと考えました。最善策を考えつきました。「緊急発進」をすればよいわけです。24時間オペレーターに繋がり、「どうなさいました?」と音声で聞いてきますから、持ち主を確認するのです。ラジオ体操同志のSさんの前で”実演”しました。ケタタマしい緊急音が鳴り響きますが、一向にオペレーターが応答しません。2度ほど試みましたがダメです。Sさん曰く「持ち主が連絡して、オペレーターが止めたのでしょう。」納得した私は自分の[緊急事態通報装置]を取り出し、「緊急発進」しましたが、同様にオペレーターの音信がありません。「多分、オペレーターに緊急事態が発生したのでしょう!?」と冗談を言い合ったのですが、不信がつのりました。8時過ぎにオペレーターから自宅の固定電話に連絡がありました。「村上さま、いかがなさいました!?」今(8時過ぎ)にきがついたのです!!「申し訳ございません。今、気がつきました!」、ちなみに落とし主の「緊急発進」も知りませんでした。”魔の1時間半”が発生していたのです。この装置(システム)は、24時間忘れて装着していないと(動かさないと)登録してある見内(私の場合息子)で連絡がくるという”優れもの”なのです。所沢市では千件以上のお年寄りが身に付けて(利用して)おります。教訓的な出来ことです。このオペレーターの雇い主(企業)は多分零細企業でしょう。この24時間のシフトの管理のズサンさ(過酷さ)が目に見えるようです。日曜日の朝方の言うのも象徴てきです。また、落とし主との連絡をどのようにするか(個人情報で難しいのです)を今日の20時過ぎまで連絡がありません。この企業(オペレーター)は事の重大性を認識していないようです。 *[心理学]ノート作り「自己」関わりは面白いです。

03月09日(月)・・・・・椿[唐美人]開花!

*4:30起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(最近は散歩犬”ボルト”君との朝のエール交換が楽しみです。)

*医療生協さいたまの機関紙〔健康と平和〕配り〜「絆」関連でのお手伝い〜10件を済ませました(朝飯前です!)その巻頭から、<健康は質の良い睡眠から>(寝る前に気をつけること)⑴照明は明るくし過ぎない ⑵カフェイン飲料を飲み過ぎない ⑶寝酒をしない ⑷夜遅く食事をしない ⑸激しい運動は避ける ⑹ぬるめのお風呂に入る ⑺寝る前に考え事をしない の7項目だそうです。私は⑵と⑺が×です。⑹をもらいます。

*狭山市民大学の受講決定通知、関係書類が郵送されてきました。私は〔まちづくり担い手養成講座〜全20回〜〕を受講します。学長の小山周三先生から学びます。私にとって、日大大学院修士課程受講とウエイトは、同じて、2年後に学びの統合を意図しております。入学式は4月10日(金)です。4月8日(水)には、日大大学院の入学式が武道館に行われます。小山学長にお礼とお祝いとエール交換を電話しました。

*注文書籍到着〔プロテスタンテイズムの倫理と資本主義の精神〕マックス・ウエーバー著(岩波文庫)、〔マックス・ウエーバー入門〕山ノ内靖著(岩波新書)<営利を敵視するピューリタニズムの経営倫理が、実は近代資本主義の誕生に大きく貢献したのだという歴史の逆説を究明した画期的な論考を”少しだけ”深めたい。だから、〔マックス・ウエーバー入門〕なのです。>

*本日のドラッカーは、〔仕事とは無縁の世界〕です。40歳代での燃え尽き症候群が、15年前のアメリカですでにあったようです。ドラッカーは〔仕事とは無縁の世界〕を持ての勧めます。たとえば、教会の会計責任者を事例として挙げています。勿論、ボランティア活動です。どうしても、日本人にはドラッカーの提案の理解を難しいです。これを〔福島の復興NPO〕への参加で重要な役割を担う、レベルで理解すべきでしょう。これらに生きがい、自己実現を賭けるのです。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

03月10日(火)・・・・・室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン

*5:00起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(スポーツ公園でのM さんとの立ち話し、私が自治会の理事会で”不審者”通報が自治会長のもとで電話があるとの話題で「その対策は”声かけ”、”挨拶”の励行でしょう。」と私が提案したところ、「挨拶を嫌う人も多い・・・」と言った意見も出で、自治会長からも「何度か、挨拶運動もやったけど・・・」を”尻切れとんぼ”で終わったと話し、「コミュニティ意識」が無いし、それが自治会を最大の課題であるとの認識がない。と話したところ、Mさんからこんな事実の問題提起がありました。「当初よりこの住宅街に住んでいる人たちは、途中から移り住んだ方々に対して”差別意識”があるのではないか」当初の高級住宅地に周辺に多くの住宅が出来て”一大自治会”が出来ているのです。私の一案は、新たに引っ越して来た方の歓迎の集いを”班単位”で実施し、「これで仲間です」という儀式を持つことです。)

*『絆』トレーニング、担当のN療法士に4月より週2回(火、金)から週1回(火)への変更を依頼しました。4月より狭山市民大学の講座がほとんど毎週金曜日に入るためです。時間帯は午後ですが、多分〔まちづくり担い手養成講座〕はプロジェクトのような活動を伴うでしょうから、研修時間のみとはならない筈です。小山先生のライフワークへの参加ですから”本気モード”で取り組みます。

*スターバックスdeスタデイ まずドラッカーの筆写〔人事〕です。<人事とは、(企業にとって)大きな賭けである。強みを最大限に発揮させるべし。弱みは問題にするな。誰でも弱みはある。申し分ない人材(無難な人材)ではなく、一つの分野で抜きん出た人材を捜せ。どうにもならない欠点(弱み)は、[真摯さの欠如]である。>内容は、以上です。ドラッカーが組織人をして最も重視してのは、真摯さ(ひたむきさ)です。真摯さを愛すドラッカーを愛します。*読書〔21世紀の歴史〕”ヨーロッパの知性”と称されるアタリ、人類誕生からの歴史を学べば21世紀の人類も推測できる意欲をそそる本です。

*外出から戻ったら家の前で、日大大学院教授の私が専攻する心理学の泉先生と鉢合わせしました。先生は大学院校舎からバス停に向かう途中です。私の家と日大大学院校舎は歩いて10分弱の生き関係ですので、これからもこんなことがありそうです。泉先生に「年寄りの冷やかし受講と揶揄されないように頑張ります」ともうしますと、学部は違うけれど、村上さんより”年上”の方もいますよとおっしゃいました。
03月11日(水)・・・・・

*早朝、一つの「悟り」に辿り着きました(オーバーなとは、言わないで下さい!)《今日的「効率性」追求のついての考え方整理》⑴処理量を増やすための効率化(従来からの効率化の考え方です。) ⑵効果を上げるための効率化(これからの考え方です)

*従来、「効率」と「効果(効質)」は、相対する概念として考えられてきました。《効率主義では、効果性を犠牲にするのもやむなし。逆に、効果性(高質性)を追求すると、効率せいが犠牲になるのがやむなし。》何に違いがあるのか。発想の転換をどこにあるのかです。簡単言えば、「効果(質)」は目的に位置づけられ、「効率」は手段であり、制約要因であると考えます。これまでの世の中は、「手段」の高度化で走ってきました。人間の(人生の)目的はともかく、豊かになれば人間の(人生の)幸せを転がり込んでくると考え、効率化と規模拡大で走ってきました。何か大切なものを失ってしましました。この発想の転換は転機をもたらします。

*5:00起床してからの室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーンの内容を改善しました。やめるもの、時間短縮するもの、充実させるものをいじりました。筋トレ型から柔軟性強化型へ転換します。

*ドラッカーの筆写、「徳忍の学習帳」も改善します。学びを濃くします.9月20日〔人事〕、9月21日〔後家つくりの仕事〕をコンパクトに(時間を縮めて、中味濃く)学びました。〔後家つくりの仕事〕とは、19世紀のニューイングランドで2度続けて大事故を起した船につけられた名前で、船自体に問題ありと船を思い切って解体した事例です。優秀な人材が二人続けて失敗したら、3人目も失敗するであろうと、その仕事自体を解体して組立て直せという教訓です。

*マックス・ウエーバーの著書の概要把握。買い込んだ本の整理の仕方を工夫しました。関連情報が欲しい時、使えるようにすることです。最低限概要だけでも掴みます。これはアマゾンで中古本を安価で購入できるメリットを活用します。大学院の専門分野、関連分野で効果的な方法です。

03月12日(木)・・・・・

*5:00起床、新室内ルーチンワーク、スポーツ公園には久しぶりにバスケットボールを持参、シュート練習。走りと歩きを交互に行った。Sさんからスクワットの効果性を聞き、取り入れました。本日、ラジオ体操に新入りを迎えました。Gさん(女性)です。

*本日のドラッカーは、9月22日〔高齢者の役員〕と9月23日〔データの意味〕です。皆さんの会社では65歳以上の役員がいますか。ドラッカーはそういう方々は、ラインの長から外すべきだを指導します。お年柄得意なポジション(助言、教育、基準の設定の仕事、紛争の解決)などがいいでしょう。〔データの意味〕は結構重要な問題です。まずは、<データはマネジメントの手段である>ことの確認です。後は〔データの意味〕をどう読み取るかです。そして、どう行動に移すかです。ライン(店舗)には、掲示板に貼り出したら、店長の読み方を添え書きして、どう行動を起こすかを示しましょう。

*DVD[マネーボール]ブラッド・ピッドがマネジャーとして立て直したアスレチックスが奇跡の再建を果たす実話ものです。データ主義で確立を高め、動機付けを間違わなければここまでいくという実話の後付け理論です。楽しませます。
03月13日(金)・・・・・9:30-11:30『絆』トレーニング、KIWADAミーティング

*5:00起床、新室内ルーティーン、新スポーツ公園ルーティーンは、無意味と現在思われるものを止め、いたずらに負荷を高めていたものの負荷を落としました。新たな試みは、ウオーキングを駆け足(早め)とウオーキングを交互にやる、スクワットと導入です。筋力より柔軟さ指向です。

*『絆』トレーニング 9:00サービス開始ですが、私は、病院の血圧・脈拍計でデータをアウトプットした上でそのシート(紙切れ)を手に8:55に入室します。そこで担当療法士Nさんから本日の体調を確認され、私の要望を伝えました(肩の機能回復訓練の負荷を一段階下げること)。黙々と時間通りこなすのは私だけです。何しろ、ここは『サロン絆?』なのですから。良い雰囲気なのです。

*13:30「KIWADAミーティング」トップ・マネジメントのコンサルティングは、ジャック・アタリの”アメリカ帝国2035年終焉説”から下世話な業界話し、先月、今月、来月の数値動向と話題は飛びます。この中でドラッカーの『データの意味』の話しを持ち出しました。「データに意味があるかないかが最大の問題である。」というドラッカーは何を言いたいのか!? この間は真剣モードです。社長も手帳を取り出します。要は問題意識と有る無し、ピント合わせの有る無しでデータなど意味合い、重要性が変わるのです。金曜定例を木曜定例に日程を替えて頂きました。4月より、狭山市民大学の『まちづくり』講座が毎週金曜午後スタートするからです。

*昨日、私の脳梗塞の治療でお世話になったY先生に電話で4月から2年間大学院に入学して学ぶ旨を報告しました。Y先生は、退院2年目に米国セミナーの講師としてロスアンゼルスへ行くという”暴挙”を後押しして下さったのです。私の”挑戦的リハビリ”は、Y先生直伝なのです。だから、報告なのです。
03月14日(土)・・・・・10:00自治会環境部会引き継ぐ、11:30昼食約束有り、15:30圏央所沢病院定期検診

*5:00起床、新室内ルーティーン、新スポーツ公園ルーティーン、花粉症で苦しんでいるMさんに私の”使用薬”を4日分試しに差し上げました。

*ドラッカー〔データの非客観性〕この内容な深いです。「徳忍の学習帳」を是非ご覧ください。

*10:00自治会環境部会引き継ぎ(生活環境部会)淡々(私自身自治会活動に忸怩たるがあり、現状のまま問題放棄のまま去るのです)。数年後に具体的解決策を提示します。

*息子夫婦が、私の大学院入学祝いの食事会をやってくれました。

*圏央所沢病院定期検診、吉川院長先生と放談、定期検診

03月15日(日)・・・・

*5:00起床、新室内ルーティーン、新スポーツ公園ルーティーンは、リハビリ感覚を完全に脱しました。これは重要なことなのです。何故なら、私の周辺には真剣に(命懸けで)リハビリに取り組んでおられる方々が多数います。事実、一生リハビリを継続なさるであろうおらります。この方々と改善を諦めておられるいる人々とは全く別です。この間に私のような人間がいるのです。数年間専心してきたリハビリで一定Levelの改善を果たし、そこまでの成果で後半生を新たな目標に立ち向かうのです。なぜ「脱リハビリ宣言」なのかと言いますと、リハビリ専心は「一日の三分の二の時間をリハビリに割く」のです。私は今月から、これまでのリハビリ訓練時間を新たな挑戦に廻します。そうしないの4月からのスケジュールはこなせないでしょう。ということで、今後”リハビリ訓練”手言う言葉を使いません。卒業です!!

*自治会の仕事も最終月です。月中間の回覧物は、住民総会(4月12日)の案内です。<地球が危うい時代の地球人の基本行動>は、地域コミュニティの復活であると”大悟”しました。

*本日のドラッカーは、〔成果のためのデータ〕です。企業の成果をもたらすのは「顧客」です。〔成果のためのデータ〕とは、顧客に関するデータです。企業が弄んでいるのは、内部情報に関するデータです。外にある〔成果のためのデータ〕は、把握しにくいものです。ここでドラッカーは、データと言ってますが、「事実情報」と考えるべきでしょう。また、数値化されていないものと理解すべきです。〔徳忍の学習帳〕をご覧ください。

*新たにラジオ体操同志となったGさん(60歳代の女性)を加えて、体操後の雑談に花が咲きます。脳梗塞体験者の私にとって”心強い!?”Gさんの体験談がありました。聞いた数字を正しく書いたつもりで別の数字を書いてしまった経験ありとの話しです。実は、私のちょくちょくやる間違いでして、私はてっきり 脳梗塞の後遺症を決めつけていたのです。きわめて健常者のGさんのこの話しは”救われる”思いでした。「だから何なの・・?」と言われてしまえば仕様がない話しですが・・・。

*読書〔スモール イズ ビューティフル〕〜人間中心の経済学〜:「生産の問題」は解決ずみという、誤った考え方 :人間は、自然の一部であるのに、自然との戦いなのといった考え方 :「所得」と「資本」の区別を一番肝心なところで忘れている :自然資本は、人間は造れず、単に発見できるだけ(代替物のない資本) :科学者や技術者は、自然界にない物質の合成に成功した(自然はそれに対して無抵抗、だからこそ、生態学的影響が恐ろしい) :慎み深い自然がつねに与えてくれる「許容限度」という掛け買いのない資本を、人間がどんどん喰いつぶしているとことに気付く者がなかなかいない :「毒性が消えるまでに2万5千年も地下に密閉しておかねばならない物質に誰もが嫌悪感を覚える」

*今進んでいる破局への道を脱出するのがもっとも重要な仕事です。我々ひとり一人が未来を語ることに意味があるのは、現在の行動に結び付くときだけです。と学びました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加