≪旧交復活シリーズ②≫ Publixのスティーブ・ハンガーフォルト氏(当時Publix店長)への書簡

先日は、メールの誤送で失礼しました。当方のホームページをリニューアルして、その案
内を国内の友人へ送信いた中に、誤ってあなたのメール・アドレスが挿入されたのです。期せずして、あなたの懐かしい返信を得ることが出来ました。
フロリダのあなたからの10数年ぶりの音信は、地震と津波に対するお見舞いのメールでしたね。当時は、海外での情報が混乱しており、大変心配をお掛けしました。
あらためてお見舞いのメールへのお礼を申し上げます。

Hi Shinobu,
Ann and I pray that you and your family are OK in Tokyo, we have seen the devastation on TV with the Earthquake and Tsunami.
Let us know if you are ok.
Steve & Ann Hungerford
Kissimmkee Florida USA
your Publix friends  (2011年3月17日)

このメールは、私と私の家族へのお見舞いではなく、日本に住む全ての人々へのお気づかいと励ましと受け止めさせて頂きました。いまだ復興途上ですが、被災地のみならず全国民で頑張っていますからご安心ください。

スティーブ、あなたの出会ったのは、1996年10月のことでした。
フロリダ郊外のPublixの本部を単身訪れた私は、最初に人材開発部門の責任者とスタッフとお会いしました。そのあと、翌年予定していたセミナーの実施店として彼らが紹介してくれた店を訪問しあなたと初めて会いました。
この年Publixは、WIN(Work Improvement Now!)という改善プロクラムを開始していました。その後3年間、あなたの店でパブリックス型改善(WIN)プログラムの実際を学び、製造業のものとは異なる小売業、サービス業向けの改善プログラムの必要性を確信し、OJI(On the Job Improvement)ブログラムを日本で開発致しました。
日本でのOJIプログラムには、PublixのCS(顧客満足)とES(従業員満足)の思想の裏打ちが込められており、今も日本のチェーンストアの現場で息づいております。

スティーブ、あなたの思い出は、数多く思い出されますが、その筆頭は、あなたとアンとの結婚式で感動です。
この情景は、私の畏友黒田修弘氏が私の感動を詩風にまとめて残してくれていますので、ここであなたに初めて紹介します。当時は、英訳出来ずあなたとアンには、紹介できませんでした。二人で思い出しながら味わって下さい。

≪アメリカン・ウェディング≫
~ムラカミ・セミナー in USA「アメリカ人の生活」シリーズ~

<背景>
スティーブと出会ったのは、1996年である。米国の有力SMチェーン[パブリックス]
のフロリダ州オーランド市アイランド・ウォーク店を視察訪問した時のことだ。
店長スティーブは、私たちを暖かく迎え、いろいろな質問に答え、隅々まで見せてくれた。誠実で仕事熱心なエクサレント店長である。
最初の出会いから心が通じ合い、公私の会話がはずんだ。翌年のセミナーで訪問した時には、私を「ダッド(父さん)」と呼んでいた。

今年(1999年)5月1日、1通の招待状が彼のフィアンセから届いた。「私どもの結婚式にご参加頂けないでしょうか。何人でお越しになられますか(夫婦か、同伴の子供は何人が、と云う意味)。お料理にご注文がありますか(宗教上の関係でお客さまによっては、出していけない料理がある。)」

たまたま、式の前の週にロスでセミナーを予定していたので、ご招待を受ける。

会場は、オーランド郊外の湖のほとりの、こじんまりとした古風なホテルである。

<第1幕 蝶>

午後6時から始まる式に、飛び込みセーフで到着。

式場は、湖に面した芝生である。参加者は10数名(驚くことに、会社関係者はいない)
オリーブな小枝を配したバージンロードが作られている。
2名の女性が先導して、新郎、新婦そして少女2人が入場してくる。
神父の説教、指輪の交換、接吻。
私たちはイスに座り、静かに見守る。

出席者みんなに、5センチ四方の薄い白い箱が配られている。
神父の合図で、みんなが立ち上がり、白い箱を静かに開ける。

箱から蝶が舞い上がる。色とりどりな蝶が、新郎、新婦、出席者の上を舞い、肩や腕にとまる。

<第2幕 夕陽>

湖畔から100メートルほどの桟橋に繋がれた丸いステージが湖に浮かぶ。
真ん中はダンスフロアで周りにはイスが置かれている。
ワインやビールでくつろいでいるみんなの前に、タキシード 純白のドレスの新郎、新婦がステージに登場する。

ふたりは踊る。
“When I fall in Love”ナットキング・コールとナタリー・コールの二人のデユエット・ダンス・ミュージックだ。湖面にメロデイが響く。うみ(湖)かもめ舞う。

陽が沈み始める。湖面に赤く映えながら 地平線に。
真っ赤な夕陽が、ふたりを照らす。ふたりは踊る。夕陽に祝福されて。

曲が変わり、参加している年配の夫婦たちもダンスに加わる。
最後は、ジェンカに合わせて、肩に手を乗せ一列になって踊りながらホテルに戻る。

<第3幕 正餐>

ホテルの一室でディナーが始まる。丸いテーブルが二つ。小さなテーブルが一つ。
新郎側来賓のテーブル。新婦側来賓のテーブル。新郎、新婦ふだりだけのテーブル。
会話がはずみ、ディナーを楽しむ。陳腐は長々とした祝辞とか“喉の披露”はない。

ふたりが私のテーブルに来て皆に紹介する。「日本から来てくれたわたしの“親父”のような人です」と。
さあ、次から次へと質問攻めにあう。「どういう関係なのか?」「なぜ、あんな遠くから来たのか?」「日本が今・・・?」
彼のパブリックスでの素晴らしい仕事ぶりと人柄を褒めると、一人の叔父が「おまえは彼の一面しか知っておらんぞ・・・」と云ってウインクして笑った。

和気あいあいとしたお祝いの正餐が続く。
帰りの飛行機の都合で退席する。
新郎スティーブから「本当に有難う」新婦からは感謝のキス・・・。

どうですか、あの日の感激、感動を思い出しましたか?!

その後、あなたはPublixの店長として最高の栄誉である<ジョージ・ジェンキンス賞>を授与されましたよね。この時のトロフィーは、あなたがPublixの大型店で初めてフロリダに進出したウオルマート・スーパーセンターとの“戦いぶり”を見学に訪れた時に拝見しました。

スティーブ、アン、あなたたちお二人はどのようにお過ごしですか。
私は、相変わらず現役コンサルタントとして活動しております。今月(8月)31日からロスでセミナーです。
元気なうちにフロリダか東京で会いましょう!
お元気で

スティーブとアンへ
日本のあなたがたの“親父”より
村上 徳忍
2012年8月25日

Dear Steve Hungerford ;

Very sorry for my miss-sending e-mail, however, which has re-created our communication alive un-
expectedly. The mail informed my home page renewal to my clients, business colleagues and/or friends in Japan that you may not be able to read since many of those are in Japanese unfortunately.

Your last mail from Florida (previous one was approx. 10 plus years ago) was get-well note on the East Japan Earthquake/Tsunami. I should appreciate first on your mail and that may have given you unnecessary worry because of some confusion and miss info/news particularly in abroad unfortunately.

Hi Shinobu,
Ann and I pray that you and your family are OK in Tokyo, we have seen the devastation on TV with the Earthquake and Tsunami.
Let us know if you are ok.

Steve and Ann Hungerford
Kissimmee Florida USA
your Publix friends   (3/17/2011)

I felt that your mail is not just for me & my family but for all those who live in Japan as your heartfelt get-well and encouraging message. Please accept our thanks and assure since all Japanese are doing the Best not just disaster people/sufferers even on recovering process.

Steve, our first meeting was in October 1996. I visited Publix HQ’s in Florida for dialogue with the manager & staff at Human Capital Development Dept who introduced your store for our following year seminar/survey where we met first.
Publix had started WIN (Work Improvement Now!) program from that year. We learned and studied the actual status at your store during the following 3 years through which we carefully grasped the details and kept confidence for necessity of improvement program at retail/service industries that is different in manufacturing industries. Later we developed OJI (On the Job Improvement) program in Japan that has been still using as the “Bible” text. On this textbook, Publix’s Customers Satisfaction and Employees Satisfaction thoughts are embedded and those are alive at many chain stores in Japan as well.

Steve, I have many of your memories but the top of those is my grateful inspiring on your & Ann’s Wedding. Mr. Kuroda who was my colleague made my overfilled feeling as a note just by hearing my words & seeing photos. I could not translate it in English those days but would like to try to introduce you this time.

<< American Wedding >>
== Murakami Seminar in USA  “Americans Life” series ==

< Back Ground >
I met with Steve in 1996. It was at Publix Island Walk store which is the one of the famous SM chain in Orlando, Florida while we were visiting. Steve, Store Manager, welcomed us and showed in depths with answering in details on our questions who is very honest, very kind, work-minded and the excellent person.
Our relation is really in tune each other from our first meeting on both private and business that also delivered stimulating conversation from the beginning. He called me as “Dad” on the following year visit.

I received a wedding invitation letter from his fiancé this year (May 1st, 1999) by asking “Could you come and participate on our wedding? How many join (meant by a couple, kids)? Do you have any request on food? (meant religious constraints and/or faddiness )”
I had accepted their invitation since we had my seminar in LA at the previous week.

The venue was a classical, small and good atmosphered hotel at a lake in Orlando.

< Chapter 1 :  Butterfly >

I was just on time, the wedding ceremony had been started from 6 o’clock in the evening.

The ceremony was on grass along the lake. The participants were just 10 + people. (amazingly none of them from the company) The virgin road was arranged with olive branches. The bride & groom were led by 2 ladies and 2 young girls walked following them.

Preach by the priest, exchange of the wedding rings and kisses.
We watched it with quiet manner sitting on chairs.
The 5cm cubic white boxes were handed out to the all participants.
All stood up by the priest’s guide and opened the white boxes.

Various colored butterflies soared up and floated above the bride, groom & participants and stayed on the people’s shoulders & arms.

< Chapter 2 :  Sunset >

A round shaped stage was floated with 100 meter connecting bridge from the lake shore. The center of stage was dancing floor surrounded by chairs.
The bride in white dress and groom in tuxedo appeared on the stage in front of the people relaxed with drinking wine & beer.

The bride and groom danced.
The music is “When I fall in Love” by Nat King Cole & Natalie Cole, duet. The melody echoed onto the surface of the lake. Gulls floated serenely above the lake.

The sun set, stunning ruddy down onto the lake surface and horizon.
The lurid sunset highlighted the bride and groom. The both continued dancing. With cerebrated by
the beautiful sunset.

Music was changed and the senior couples also started dancing jointly.

The last was all participants lined up with dancing by music “jenka” and came back to the hotel.

< Chapter 3 :  Dinner >

The dinner started in a room at the hotel. 2 round tables and a small one. The one for the guests groom side and the another for the bride side. The small one was for bride & groom.
Conversations among the people were going on and all people enjoyed dinner.
**  No long unnecessary banal speech and ‘karaoke’ songs like in Japan

The both newly wed came to our table and introduced me to the others by saying “he is from Japan and similar to ‘my Dad-like’ person”.
Then number of questions followed such as “what kind of relations?”, “why are you coming from such far way?” and/or “what is now in Japan?” etc etc.
When I expressed his great works in Publix, then one of his uncle said “you only know just one side of him!” with wink and smiled.

The very friendliness dinner was going on but I excused along middle way since I needed to catch up my flight back.
Steve game me “truly thanks” and Bride Ann gave me appreciation kiss.

How’s this note? Do you recall your thrilling and throb on that day?!

After that, you have got “George Jenkins Award” which is the most honored one as Publix’s store manager. I saw that trophy when I revisited later year that records your “great fight” against new-comer competitor Wal-Mart in Florida.

Ann and Steve,
How have you been? No major changes?
I have still been working as a retail/chain store consultant and am going to LA for my seminar tour soon from August 31st.

Looking forward to see you again either in Florida and/or Tokyo!  Let’s keep in touch!

Best regards,

To Ann and Steve,

from Tokunin  MURAKAMI
your Japanese “Dad”

August  th, 2012

** I have changed my name to “Tokunin

” from the previous “Shinobu”
even my e-mail address is still shinobumurakami@hotmail.com

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ak より:

    忍さん

    HP見たよ! やっぱり写真見てから翻訳すれば良かったね! タキシードは whiteとかとも思ったが、万一と思い 色は止めた。 《くわばら、くわばら!》

    翻訳一部脚色してある(ex 食事:宗教上の制約以外に好き嫌い(vegitarian等))。 HPにUpLoadする時は 一度事前に点検/確認してね! 特に人名/地名など(出来るだけWeb Search等で正確を期してはいるが…。先方に失礼だけではなく、credibilityの問題もあるから。 次回以降 出来れば原稿段階で英文表記しておいてもらえると時間短縮だけでなく、精確になるので)

    LAセミナーの成功を祈る!  ak

  2. 村上徳忍 より:

    このスティ―ブへの手紙の中心(主目的)は、彼の結婚式出席の顛末であり、黒田さんの詩的エッセイ(傑作)をスティーブとアンへ紹介することでした。ここでは、なぜ、このような文章が創られたのかをご紹介します。
    黒田さんとの出会いは、西友の人事部時代です。私がお店の食品部門から本部の人事部教育課へ転勤して黒田さんと知り合いました。本文中に”畏友”と彼を表現しましたが、掛け値なしの”畏友”でした。物静かで寡黙、口を開けば”その言”本質を突く。企画書を書かせれば、短時間で見事にまとめる。当時は、ワープロのない時代ですから、各課に清書を主業務とする女性がいましたが、黒田さんは、自筆できれいに仕上げる。
    一スタッフでありながら、当時から、部長、課長からも一目の二目も置かれていた存在でした。
    黒田さんは、後日、シアーズ・トレーニーとしてシカゴへ研修に行きました。当時、西友関西を教育課長をしていた私は、西友関西の専務(逸見さん)に定期的に届けられる黒田さんのシカゴからのレポートを”貪るように”読んだものでした。その内容は、彼らしくシアーズのマニュアル、基準書類の翻訳ものが主で感想文ではなく、どの内容のすごさに圧倒されつつ、自分も行かねばならないと心に決めたものでした。
    その後、私は米国のSMであるジュエルで学ぶ機会を得ました。ちなみに、その時の派遣事務局部署は、人事ー課であり、その課長は黒田さんでした。
    時を経て、私はコンサルタントとして独立していましたが、一時黒田さんにお手伝いして頂いておりました。その時期にバブリックスのスティーブとの出会いと彼の結婚式出席があったのです。私が結婚式出席の直後、その感動を興奮気味に黒田さんへ話しました。そ数日後のこの”詩的エッセイ”を持ってこられました。”唖然!”でした。あの興奮と感動が、見事に表現されていること、これを”あの黒田さん”が・・・!
    黒田さんは、”遊び心”で創ったのでしょう。まさに”異才”なのです。
    同時、これを英訳する英語力を持ち合わせていず、そうゆう人材が近くに居らず、スティーブへは送れませんでした。
    今回、友人akさんと助力を得て英文でスティーブ夫妻に届けることが出来ました。
    公開するにあたって、内容の一部を削除しました。
    久方ぶりに、黒田さんにお手紙を出し、お電話しました。ご病気自宅療養中とのことでしたが、久しぶりにお話し出来ました。どうぞ、お大事になさって下さい。また、お会いして”積もる思い出話し”をしましょう。