2015年4月(前半)の〔村上徳忍〕の予定・行動・出来事・感想

今月もどうぞよろしきお願い申し上げます! 村上徳忍

04月01日(水)・・・・・

*4:30起床、トイレ、歯磨き、髭剃り、洗顔、計量(体重)、着替え、読経(座禅和讃)、スポレッチ・ポール、柔軟体操、腹筋10回(器具)、簡易腕立て伏せ10回、にぎにぎ(50回)、ハンド・グリップ(握力)100回、以上が室内ルーティーンです。
*5:40前後スポーツ公園、公園ゴミ拾い、ウオーキング、ランニング、スクワット、(この間、犬の散歩のMさんと価値ある雑談)、ラジオ体操がスポーツ公園ルーティーンの整理運動です。
*本日のドラッカーは〔意思決定と行動〕です。分りやすい内容です。実践実務マネジメント関連がドラッカーの独壇場です。「徳忍の学習帳」をご覧ください。
*4月から私のチャレンジの日々が始まります。シューマッハーは「教育」こそ人類の資産であるといっています。80歳代半ばまでの人生設計は必要な〔超高齢化時代〕の生き方を指向します。70歳代前半は”準備”、”仕込み”の段階です。

04月02日(木)・・・・・

*5:00アラームで飛び起きました。(1時間ばかり、ベッドで本を読んでおりました)室内ルーティーンをこなし、スポーツ公園で6:30まで4人のラジオ体操同志がおもいおもいのルーティーンをこなします。プロフェッショナルSさんから私のスクワットの間違いを修正されました。こうしてまた私は向上したのです。

*午前中は、シューマッハーの〔教育〕のノートづくりに専心です。「教育の核心は価値の伝達であり!」

*最寄りのセブンイレブンは”独居老人”のライフラインです。”個別接客”とは、個別の店員と個別の客とのこころのふれあいが感じられる〔人間関係〕です。セルフサービス店でも個別対応があるのです。「手袋を忘れていきませんでしたか?」とパートタイマーさんがレジでの精算中に声をかけてきました。感謝!! 航空公園駅のファミリーマートにも”個別接客”パートさんがいます。駅内ベーカリーにもいます。”個別接客”の対極にあるのが、”必要以上”に大きな声で接客用語を叫ばせる店です。時代遅れなのを知ってか知らずか店長は真剣です。

*東川のサクラ満開でした。

04月03日(金)・・・・・10:45K’sヘアーサロン(床屋です)、13:30〔KIWADAミーテイング〕

*4:30起床しました。室内ルーティン、スポーツ公園ルーティン、本日新入りラジオ体操同志Wさん(婦人)で5人!

*13:30〔KIWADAミーテイング〕この時代の経営者の役割とは!どの次元での話しかですが、私は「教育」しかないと申し上げました。いろんな側面で”標準化”が遅れているとの反省を聞かされますが、マーケティング(お客さま指向)が進んでいるプラス面に関心を持つべきです。「標準化」は、チェーンストアの主要方法論です。多店舗展開している企業は大いに活かすべき方法論です。ポイントがあります。デコボコを均すのが「標準化」です。本部(経営者)指向の「標準化」は、「低位標準化」になります。お客さまには、魅力半減の「標準化」です。一方、お客さま(マーケティング)指向の「標準化」は、「高位標準化」となります。高度成長期のチェーンストアは、「低位標準化」の指向したのです。
今、私たちが指向する「標準化」は、お客さま(マーケティング)指向の「高位標準化」です。と考えると、デコボコの目立つわが社の店舗(店舗運営)は、”デコ”という宝を多く持っているのです。これで取り組む教育の内容が分りました。
今回も実りあるミーティングでした。

*本日のドラッカーは〔意図しての不一致〕です。「意思決定」における全会一致をドラッカーは認めません。政策の意思決定は、揉みに揉んで意思決定する習慣を身につけよというのです。《不一致は、思考を深める!》だから、意図しての不一致なのです。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

04月04日(土)・・・・・10:30大学院ガイダンス

*4:30起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(5人ラジオ体操同志は、6:00前からそれぞれのルーティーンを実施し、6:00所定の場所に参集してラジオ体操をやります)先週から毎朝小学校高学年か中学校低学年の男の子がただひとり、黙々と公園内周をランニングしています。孫の年代の男の子にラジオ体操のおばさんたちが声援を送っています。

*市ヶ谷の日大大学院のガイダンス(開講式)出席しました。総合社会情報研究科(国際情報専攻、文化情報専攻、人間科学専攻)のそれなりの年代の学習意欲に燃えた男女が参集しました。久方ぶりに指導者(担当教授)、一年年配の院生、7人の同期生たち、全員同じ目的を持った集まりの爽快さを味わいました。充実した日々が期待されます。

04月05日(日)・・・・・終日システム研修(パソコン対応研修)

*5:00頃目が覚めて雨のようを確認して6:00まで寝ました。起床後例の如く室内ルーティンをこなしました。朝食時にお昼のサンドイッチを作り、パソコン対応研修に持参しました。

*実は、日大大学院の〔Nihon Univertity Cyber Campus System〕はWindowsであり、私のMacBook Airは使えないのです。今日は、大学院事務局が用意したパソコンで研修を受けました。昨日渡された分厚い操作マニュアルに基づきこのシステム開発にも関わった教授から指導を受けましたが私は”チンプンカンプン”でした。このA教授は昨夕の懇親会で親しくお話し出来た気さくな先生でしたので、昼休みの時間に先生のお部屋を訪問し、明日大学(芸術学部)の学食で食事をご一緒し、その後で私が新たに買い込むパソコンを持参し、マンツウマンで指導して頂く約束を取り付けました。
事実、私はこの初期状況を全く心配しておりません。この心配は学校側の仕事です。私はこの前期履修の5教科への絞り込みの(楽しい)悩み事があります。今日も新たな顔見知りがでしました。スゴイ宝物を毎日掘り当てるのです。

*研修終了後、コジマデンキへパソコンを買いに出かけました。帰途、サイゼリアで夕食を済ませ、〔悲嘆の門〕を読み進めました。

*担当のI教授からメールが入ってきました。この大学院システムは、人間関係が濃いです。全て”熱っぽい”です。
 
04月06日(月)・・・・・13:30A先生(日大大学院)と会食

*夜中に何故か左足ふくらはぎがつりました。5:00のアラームで起床しました。念入りのストレッチ核にルーティンをこなしました。スポーツ公園ラジオ体操5人組は元気です。このラジオ体操を起点として”よい一日”がスタートです。

*日大大学院の同期生(一期先輩を含む)からのメール交信が始まりました。これから中身が濃くなることでしょう。

*A先生(日大大学院)の研究室訪問。パソコンの設定と操作の指導を受けるためです。まずは、日大芸術学部の学食で会食!? くれぐれも期待しないように、の事前助言を得ていたので内容に驚かずに済みました。事実、450円の定食はこんなものでしょう。食事後、図書館を訪問し、今後利用できるように手続きしました。夏場に籠って論文書きにはもってこいです。自宅もご案内しました。料理、植木その他(勿論、履修科目設定、論文作成等のアドバイス)大変勉強になりました。最大の成果はパソコンの設定と扱いの”個人指導”を受けられたことです。16:00過ぎまでです!
このような”地の利”は、凄いことです!

*修士課程前期の履修科目は選んだ11教科から次の5教科(20単位)に絞り込みました。
(1)「人間科学特講」 (2)「宗教哲学特講」 (3)「生涯学習論特講」 (4)「健康科学特講」 (5)「人間工学特講」です。さあ、どんなことになるやら・・・! 気楽な私は「日本語で日本人の先生に学ぶのだから楽勝!」と構えております。個々の先生とのやり取りが楽しみです。

*いろいろな準備等で、ドラッカー、シューマッハーは、数日手がまわりせん。

*月例毎日新聞蘊蓄氏の集金訪問放談(2時間)です。最近は、氏は時間を気にせず蘊蓄を傾けます。この博識の背景は興味がありますが、あえて聞きません。話題が学問、宗教、政治(時事問題)、沖縄と何でもござれです。
今日の最終テーマ(コンセプト)は、〔究極の妥協〕です。ドラッカーの「妥協」は、アメリカ的妥協でして〔究極の妥協〕とはいきません。形而上学(哲学)の次元まで昇華させないと、沖縄、福島の問題は解決(究極の妥協)は生まれません。また、「お金」も「成長」も[手段]です。何のための「お金」、「成長」なのかなのです。[手段の目的化]の悪しき事例を安倍さんはやっているのです。現実に良い線まで景気を引っ張ってきていながら、[手段の目的化]に気付いていないのでは・・・。結構良い線の放談会でしたと自賛!

04月07日(火)・・・・・9:30-11:30『絆』トレーニング

*5:00起床、雨模様でしたが、室内ルーティーンとスポーツ公園ルーティーンをこなしました。ちなみに、本日はラジオ体操同志は全員お休みでした。

*9:30-11:30『絆』トレーニング ”粛々と・・・”メニューをこなしました。帰途、老人施設[さんとめ]に立ち寄り、K老と雑談(学習の楽しさ、政治談義)を楽しみました。

*スターバックスでドラッカーの「徳忍の学習帳」[意思決定のステップ]を仕上げました。ご覧ください。その後、大学院の選択5教科の買い揃えねばならない本のリストを作りました。各先生方は、メイン教材は比較的高額の本をしています。私は最初からアマゾンの中古本で揃えるつもりでいます。帰宅後、早速インターネットに注文を済ませました。

*DVD〔マッチポンプ〕ウデイ・アレン マッチポンプとは〔マッチで火をつける一方、ポンプで消火する。意図的に問題を起こしておいて自分でもみ消すこと。また、そうして不当な利益を得る人〕これを映画にすると、ウッディ・アレンだとこうなります。元プロのテニス・プレイヤーの色男が、大金持ちの娘の結婚しながら、浮気をして浮気相手に子どもができ、切羽詰まって殺人まで犯してしまうという、ウッディ・アレンの手にかかるとこんな仕上がりの作品でした。本当にウッディ・アレンは上手は監督です。

04月08日(水)・・・・・9:30大学院入学式(武道館)

*”マンモス入学式ここに極まれり!”です。救われたのは事前に[入学ガイダンス]が行なわれたことです。過日の大学院のガイダンスと当日夕刻の<宮本研、泉研、荒関研>の(うちわの)懇親会で担当教授と新入同志(我が泉研は7人)と1年先輩の熱気と決意が既にありましたから、マンモス入学式の不毛さも気になりませんでした。

*帰途、池袋の行きつけ喫茶室で《2015 博士前期課程<講義概要>〜総合社会情報研究科〜》で、私が履修する5科目を内容を精読しました。A4版222ペイジの冊子で非常に親切な内容構成です。
各科目2ペイジで、科目概要として[目的]、[到達目標]、[学修方法]、[スケジュール]、[成績評価]、[履修者への要望]が記載され、レポート課題として[基本教材名とその内容概要]、[参考図書]、[履修上のポイント]、[リポート課題1]、[リポート課題2]と基本教材1と2のそれぞれに書かれています。
よく出来ていますか、相当にハードな(質、量共に)内容です。それに科目によって難易度の差が大きそうです。
この《2015 博士前期課程<講義概要>〜総合社会情報研究科〜》と《大学院要覧》と《Nihon University Cyber
Campus System マニュアル 》の3点セットが社会人用に開発された大学院学修プログラムです。大変よくできた方法論だと感じております。

*アマゾンで注文した教材、参考書の処理過程が逐次メールで報告されてくるのは10冊を超えると壮観です。中古ですから重要なのです。

*本購入[西田幾太郎]〜無私の思想と日本人〜佐伯啓思著

*「生涯学習」を促進(啓蒙)する真の目的を何とするかが曖昧なことが(ずれていることが)問題だと考えます。私は体験的に見つけました。企業人として社会を支え、一家を支えてきたとの自信、自負が、定年と同時に同志、仲間、後輩を失い、社会人としての存在感感じられず、自信を失っていることが重大な社会問題なのです。そこで「生涯学習」を促進(啓蒙)する真の目的を<高齢者に社会的自信を取り戻させること>におくべきです。私の昨今の充実感は「生涯学習」の志を掲げたことによります。この理論化は、大学院の学修論文のテーマにします。

04月09日(木)・・・・・

*5:00”勇躍”起床起床しました(”勇躍”ベッドを離れることもあるのです。しばらく前に目を覚まし、今日一日の過ごし方を考え、充実した一日を描けると”勇躍”と・・・となるわけです。そんなに毎度あるわけではありません、念のため。)。室内ルーティーン、12日の自治会総会の集まった「委任状」を自治会長の自宅のポストへ”投函?”してからスポーツ公園へ。”脅さされたほど”寒くはない朝でした。5人の同志勢揃いでした。

*日々の行動の選択肢が増えました。大学院教授のI先生またはA先生の研究室を訪れるか(今後、教えを仰ぐ先生の人数はどんどん増えるはずです!)、芸術学部図書館の閲覧室を利用するか、昼食を日大学食を利用するか。これが自宅から徒歩15分圏内です!

*大学院A教授の研究室を訪問し、同室で大学院ネットワークを通して、同期メンバーへ「自己紹介」を送りました。
村上忍です。
一番”年かさ”の「爺さん」です。
経営コンサルタントを40歳代からやっております。
専門分野は、チェーンストアのマネジメント実務です。
5年前に脳こうそくで右半身をやられました。その後現役復帰を目指してリハビリを猛烈にやりました(現在も続行中です)。発病2年目から現役に復帰し、今日に至っております。
この大学院修士課程への挑戦も脳のリハビリの一環になると期待しております。
私は、所沢校舎の近くに住んでおります。(I先生の研究の窓から我が家が見えます)ということで、芸術学部の図書館(早速、登録しました)、学食が利用できます。(独居老人にとってはすごい付加価値付の今回の大学院生生活です!)
所沢校舎へ来られたら是非お立ち寄りください。
ということで、どうぞよろしくお願い申し上げます。

*日大通信制大学院のプログラム構築の中心メンバーであったM名誉教授の著書[あなたの未来を拓く通信制大学院]をA先生からお借りしました。わたしは、今期M先生の[人間工学]を履修する予定です。先日の懇親会でお話しを伺う機会があり、先生のお人柄、信念の一端を知りすっかりファンになってしたのです。先生のお考えの一部<:学生が自ら学ぶのが大学院 :学生と教員の信頼関係が重要である :いかによい人間関係を構築できるかが勝負である :さまざまな人々との交流の場として構築する> 興味深いのは、ウエッブサイトの活用やYV会議など”サイバー型”通信制大学院システムに対しては否定的なようです。生徒と教員との人間関係、信頼関係重視とはウエッブサイトの活用やYV会議など”サイバー型”通信制大学院システムが合わないでしょう。これから、著書[あなたの未来を拓く通信制大学院]を読ませて頂きます。

04月10日(金)・・・・・12:30狭山市民大学入学式、「まちづくり担い手養成コース」ガイダンス

*5:00起床、定例室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーンを”イチロー”なみに淡々とこなしました。5人のラジオ体操同志と体操中に傍を横切るランニング少年といつも通りです。

*コンサルティング先S社ブロック長2名に「店舗運営個別業務・作業の高位平準化プログラム(ラフ案)」作成、送信しました。現場の管理・監督者の自信は、前向きの施策を指示、実施させることです。トップ・マネジメントの責任行動です。

*狭山市民大学入学式は、2年目の今年も350名ほどの参加者を迎えて厳寒の旧体育館で行なわれました。一年目の成果が二年目の参加応募者数でわかります。「まちづくり担い手養成コース」といったコースに主婦、中老年の男性が19名も応募する熱意はどこからくるのでしょうか。毎週金曜日、20回、1回2時間半の15回までは座学+グループ討議で、後の5回でチームでまちづくり提案をまとめます。前期の修了生の提案は、次の通りです。
⑴童句と童話と童絵で商店街の再生を
⑵子供、若者らが狭山を「ふるさと」と思えるまちにするためには
⑶「困りごとセンター」構想
⑷まちじゅう健康サロン
具体化しつつある提案もあるそうです。私も今年は参加者として学び、調査します。

*新たなパソコンの無線LAN開通(本日日中に息子が来てセットしてくれました)。これで大学院の学修環境がすべて整備できました。

*〔あなたの未来を拓く通信制大学院〕宮本晃著〜東信堂〜目を通し終わりました。宮本先生の12年間のゼミ・ドキュメントです。これを見て分ることは、日大大学院が宮本先生のお作りになったプログラムを基本に廻っていること、宮本ゼミの盛り上がりと満足感です。先生の〔人間工学特講〕が楽しみです。
『学生が自らまなぶのが大学院
学生と教員の信頼関係が重要、いかに良い人間関係を構築できるかが勝負
様々な人との交流の場として構築』宮本晃先生の言葉です。

04月11日(土)・・・・・15:30圏央所沢病院定期検診

*雨模様を確認して7:00起床です。室内ルーティーンを念入りにやりました。

*本日のドラッカーは、〔問題の分類〕です。組織で発生する問題は、ほとんどが「一般的な問題」であり、原則と方針で対処できるし、対処すべきであるというのがドラッカーの教えです。ここでわれわれが、問題視するのは問題解決の「原則」を身に付けていますか、企業の問題解決の「方針」は正しく決められていますか、ということてす。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

*午後病院での定期検診までの時間1時間程度を所沢のスターバックスでカントの〔実践理性批判〕の巻末の解説から読み始めました。大学時代はアルバイトとゼミのケインズのサワリ程度、社会人として勉強不足を取り返すべく学んだのが、実践マネジメントとドラッカーです。今回のチャレンジ5教科のうちまともに食いつけるのは、〔生涯学習論〕だけです。なかでも最難解は、カント、鈴木大拙の〔宗教哲学〕です。最初にカントで我が頭脳にショックを与え、他の4教科のショックを和らげようという戦術です。しかし、本日中に鈴木大拙の〔日本的霊性〕に”宗旨替え”ではなく”宗旨戻し”をしました。なぜなら、私は、臨済宗の白隠禅師の〔座禅和讃〕を毎朝唱えており、その教えを深めるべく鈴木大拙を学ぼうを考えたからです。

*圏央所沢病院定期検診 吉川院長のやさしい「村上さん、いかがですか・・」を聞き、花粉症の薬を眠気のでないと聞く「アレグラ」に替えて頂きました。

04月12日(日)・・・・・自治会総会

*5:00 起床、室内ルーティン、スポーツ公園ルーティンをこなしました。朝のムサシくん保護者Mさんとの道端会談は、志高い内容の話しでした。

*自治会総会は、日大芸術学部校舎の会談教室を借りての実施でした。自治会加入率62パーセントと危機を問題提起蕊期でしたが、私は学生の身!?修士論文でするべきだと考えました。

*庭の草むしりをしました。[秩父の沢]のイメージがコンセプトで”雑草が主役”なのですが、はえてはいけない場所もあるのです。

*鈴木大拙翁の格闘を始めました。[日本的霊性]です。とにかく読み込みます。

04月13日(月)・・・・・9:30ふなやま歯科 11:00介護認定更新調査訪問

*4:45起床、トイレ⇒歯磨き⇒体重計量⇒着替え⇒読経⇒ストレッチ⇒腹筋、腕立て⇒10回にぎにぎ50回⇒ハンドグリップ100回、これがリハビリ・ルーティンです。本日「介護認定更新調査訪問」です。私は「絆」でのトレーニングの継続を希望しておりますが、どう調査者は判定するのでしょう。昨今、障害者は”びくびく”して「介護認定更新調査訪問」を迎えています。アベノミックスの負の側面です。

*昼食を日大芸術学部の学食で済ませました。ランチ410円(”まずまず”でした。)
*同図書館で[日本的霊性]鈴木大拙著(該学院課題図書の一つ)
*3:00大学院A先生の研究室でパソコン絡みの指導を受けました(あまり初歩的なことで書けません!)

*新しいパソコンに「大学院課題図書メモ」のフォーマット記載⑴『あなたの未来を拓く通信制大学院』⑵『日本的霊性』
*パソコン入力システムに苦戦中です。マックが使えなかったのがケチのつきはじめです。しかし、私にマスターさせるのは教師の仕事です。私は、鈴木大拙の〔日本的霊性〕の私のリポートに担当教授がどんな添削をしてくるかが楽しみです。他の4教科も同様です。

04月14日(火)・・・・・9:30-11:30『絆』トレーニング

*5:00起床、ルーティンを快調に消化しました。雨上がりのスポーツ公園は爽快そのものです。サクラが終わり、ハナミズキが楽しめます。
*『絆』トレーニング 所定のメニューを淡々、粛々とこなしました。療法士から右手の新たなトレーニング方法が呈示されないことがはっきりしたので、『絆』トレーニング の権利(要支援認定)を返上することにします。感謝をもって《卒業》です。
*所沢市内へ出て、狭山市民大学の学費を振込み、昼食後スターバックスで〔日本的霊性〕鈴木大拙著のノートづくりに取り組みました。著者は海外で仏教や禅を紹介なさる方ですから、論理的に論を展開されます。ノートづくりは時間と労力が必要ですが効果的です。続けて宮本先生の〔エンジニアのための人間工学〕を読み始めました。これは入り込みやすいです。

04月15日(水)・・・・

*5:00起床、室内ルーティン・ストレッチ、スポーツ公園でのウオーキング、ストレッチ、ラジオ体操です。今朝は、久々に朝日を浴びて、新緑とハナミズキの花(白、ピンク)を思う存分吸い込みました。

*生涯学習をすすめる所沢市民会議の第7回「名人・達人に聞く会」のチラシを近隣に配りました。今回は〔文化財復元名人〕〜高野山の曼荼羅の修復を手がけた名人〜のお話しです。

*私は、介護保険の〔要支援〕認定を自主返上します。5年間のリハビリ訓練の成果で”健常者”復帰宣言です。通所リハビリ施設「さんとめ」および「絆」にはお世話になりました。本当に感謝の”卒業”です。市のケア・マネジャーと療法士にも感謝の思いを伝えました。

*本日のドラッカーは、〔組織としての意思決定〕です。企業におけるトップマネジメントの政策的意思決定は、組織としての意思決定でなければなりません。正式なステップを経て決めない限り、それは単なる”意図”でしかないとドラッカーは言います。ドラッカーは日本人の先進的経営者が好きです。その理由は日本の産業界は世界で一番ドラッカーファンが多いのです。ドラッカーは日本的意思決定のプロセスを高く評価します。参加型意思決定ではないが、コンセンサス型であると言います。我々日本人は米国型意思決定の問題状況は分りません。ドラッカーの言いたいのは、正式な意思決定がなされる前に関係者がその重要性、内容を周知されるべきであると言います。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

*大学院のレポート送信システムで”試し送信”をしました。届いたかしら!?このインターネットの仕組みが私の悩みです。愛用マックが使えず、新しいパソコンに慣れていないのです。まあ、時間が解決してくれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加