The Daily Drucker  ドラッカー365の金言(徳忍の学習帳)

《 10月31日〔NPOの理事会〕 》 〜2015年5月8日〜

〔NPOにおいて、理事会とは、地位ではなく責任である。〕

NPOが成果をあげるには強力な理事会を必要とする。
理事会が使命を考えさせ、守らせ、遂行させなければならない。
理事会が有能なマネジメントを確保しなければならない。
そして、成果を評価しなければならない。
資金集めについて、自ら中心的な役割を果たさなければならない。

理事会を開催する会議に、「理事とは。地位ではなく責任である」と大書しておきたい。
NPOの理事であるというかとは、そのNPOに対し、理事会に対し、ボランティアと有給スタッフに対し、さらには使命に対し責任を追うことを意味する。
理事会は対立する。方針をめぐって対立する。
NPOでは使命が大切であるだけに、対立が生じやすい。
しかし、そのようなときこそ理事会が役割をはたしているといえる。
そのとき、理事会の長とCEOのチーマワークが重要となる。

【解説】

私は、NPOは掲げた使命に賛同し、参加した理事しだいだと考えてきました。
ここでドラッカーが知っている通りです。
理由の如何に関わらず、主要メンバーが去ったとき、ゼロから立ち上げ直す覚悟が必要なのがNPO組織の特徴だと考えます。

(2015年5月8日9:30徳忍記)

この項は、『非営利組織の経営』〜1991年〜 からのものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加