The Daily Drucker  ドラッカー365の金言(徳忍の学習帳)

《 12月3日〔 新企業家時代 〕 》 〜2015年6月14日〜

〔 歴史は循環する。だがもとの位置に戻ったかに見えても内容はより高次のものとなる。それは螺旋状に動く。 〕

 今日、再び起業家精神を強調すべき時代に入った。
ただし、それは一世紀前のような一人の人間が企業し、マネジメントし、支配する起業家精神とは異なる。
それは新事業のために組織を使い、方向づける能力である。

 今日必要とされているものは、過去80年間に培ったマネジメント能力の基盤のうえに、起業家精神の新たな構造をつくる能力である。
歴史は循環する。しかし、もとの位置あるいは昔の問題に戻ったかに見えても、内容はより高次なものになる。
それは、螺旋状に動く。

 起業家精神も、個人の起業家の段階を経た後、組織を使ったより高次の起業家精神の段階にいたる。
これからの企業は起業家としての能力を必量とする。
しかもその起業家精神は、日常のマネジメントが行われている既存の組織において発揮されなければならない。

【解説】

 ドラッカーのこの著述の時勢と、時代は変わりました。
今日の“新新起業家”は、NPO法人の形をとります。それは、志に共感しNPO組織を使い時代の要請に応えます。
事業による収益よりも、同志たちの自己実現を目指します。

(2015年6月14日10:00徳忍記)

この内容な〔断絶の時代〕1969年出版からのものである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加