2015年6月(後半)の〔村上徳忍〕の予定・行動・出来事・感想

本月後半もどうぞよろしきお願い申し上げます! 村上徳忍

06月15日(月)・・・・・15:00圏央所沢病院定期検診

*5:00起床、室内ルーティーン(〔座禅和讃〕を唱え、腹筋、腕立て、計量)のみ、スポーツ公園ルーティーン(ゴミ拾い、3千歩競歩、柔軟、100回ハンドグリップ、15回スクワット、50回にぎにぎ、ラジオ体操)

*本日のドラッカー〔価格とコストの情報〕です。当時(1990年代後半)の活動基準原価計算(ABC原価計算)が主題の内容です。ABCとは、Activity Based Costing の略です。 活動基準原価計算と訳されていて、 アクティビテイ単位、すなわち業務単位に細かく分類し、その単位のコストを算出することをいうものです。 「徳忍の学習帳」をご覧下さい。

*〔健康の定義〕泉リポート作成
私にとって〔健康は、人生における《自己実現》のための最も重要な手段であり、自ら確保し、管理すべきもの〕が基本的は認識です。「健康管理学」として論を展開します。

*(予定)軽井沢合宿用自己紹介と私の仕事(パワーポイント5〜6枚)

*15:00圏央所沢病院定期検診(吉川先生に私が生活習慣病<高血圧、糖尿病、高脂血、ガン>のうちどれを意識して生活すべきかを伺うこと)どうやら、ナンセンスな質問であったようです(御返事なし!?)。完璧を期しての病院と私で対応、検査他をやってきているわけです。今日の追加のご指示は、十分な睡眠、太陽に毎日あたること、都内に出るときのマスクの3点でした。韓国のマースの日本への”飛び火”必至と覚悟すべきであろうとのご意見でした。

*(予定)エトセトラ(軽井沢合宿の道順、交通・・・)
 《時間は”予約”しないと消えてしまう。予約制です!》

06月16日(火)・・・・・(予約)13:10(シャープ!)日大大学院泉先生

*5:00起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(きょうの湿気は半端ではありません。じっとり、息苦しいほどです。)

*健康は、人生における目的《自己実現》のための最も重要な手段であり、自ら勝ち取り、維持管理すべきものと考えます。わたしの「健康」への向き合い方と言うべきかもしれません。
最近解ってきたことことです。
:健康は、努力して勝ち取り、努力して維持するものである
:健康の維持には、それなりの代償が必要である、時間、お金、努力など
:健康のレベルは、追求し始めたらきりがない
:ほどほどの健康というものがあり、各自が自分の“ほどほど”を設定すべ
 きである
:健康は、手段であるから、各自の“ほどほど”の健康レベルを達成し、後は、そのレベルを最低の代償で維持し、全てを目的の傾注すべきである。

*大学院の泉先生と研究室でお会いしました。修士論文のテーマと内容について、ご理解は無理という認識を確認しあったかたちとなりました。医学博士の先生に小売業のオペレーションの本質と問題点をしろというのは無理というものです。
軽井沢合宿の趣旨と内容を伺いました。

*泉先生のアドバイス内容で軽井沢合宿での自己紹介のパワーポイント・シートを作成に取りかかりました。

06月17日(水)・・・・・(予約)11:00ふなやま歯科

*4:45起床、余裕をもって室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(花火のごみあり、これは”季節感”です。)

*本日のドラッカーは、[価格主導型コスト管理]です。技術論としては、一番単純は事例では、「100円ショップ」が、取引業者に「この商品を粗利××%で開発せよ。ロットは100万個。」といったものです。
ドラッカーは言いたかったのは「問題は技術ではない。ものの考え方である。」です。製造小売り各社の”ものの考え方”や如何!?

*虫歯治療の最終処置です。「あなたは普通派ですか、自然派ですか!?」とポスターが貼ってありました。私は普通派だそうです。つまり、保険内治療です。自然派治療は10年保証をうたっています。だから、10倍のお値段です!?歯科業界の不真面目が見えてくるではないですか。保険内治療でも3年保証です。3年後にその後の対応は考えましょう。

06月18日(木)・・・・・(予約)13:30YADAミーティング

*4:40起床、室内ルーティンとスポーツ公園ルーティンを簡単に書いておりますが、3年越し以上毎日続けている内容は、私の体調、体力レベル、健康を支えてくれているのです。最後のラジオ体操は”整備体操”として優れております。
今は、「健康増進」のためではなく、「健康維持」のプログラミ内容にしております。主治医の吉川先生からは、睡眠時間を増やすこと。太陽にあたること、の2つのご指示です。

*13:30YADAミーティング 
関東各店のビジョン案が出揃いました。ビジョンは二本立てです。⑴お客さまにどのように評価される店にないないか。⑵お店で働く我々にとってどんな職場にしたいか。
ある店舗の例です。
⑴お客さまにどのように評価される店にないないか。
 :商品が探しやすい
 :来店するたびに発見がある
 :思わず立ち止まってしまう売る場
 :オリジナルコーナーなど購買意欲が高まる店
 :巻抜けのない店
 :居心地が良い店
 :また、来店したくなる店
 :気軽に行ってみたくなる店
 :店員と話しやすい店
⑵お店で働く我々にとってどんな職場にしたいか。
 :スタッフ同士が仲の良い店
 :仕事に来るのが楽しくなる店
 :健康でいられる店
 :「申し訳ございません」より「ありがとうございました」を多く言える店
 :周囲に気配りできるスタッフの多い店 
*改装する木更津店を中心とした勉強会を企画することにしました。

*軽井沢合宿用「自己紹介」パワーポイントを修正し、泉先生に送信しました。

06月19日(金)・・・・・(予定)8:00狭山市民大学視察研修

*5:30起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーンなしで6:38のバスで狭山元気プラブへ向いました。
9:45東京大学柏の葉キャンパス着、10:10東京大学高齢社会総合研究機構の木村清一(学術支援専門職員)さんがこの機構の活動〜柏市・UR都市機構・東京大学が連携して取り組む”柏プロジェクト”〜の講義(報告)を伺いました。〔Aging in Place 長寿社会のまちずくり〕と題した冊子の内容は濃く、講師である木村さんの”熱い”語りもあり、大変刺激的でした。特に、〔高齢者の生きがい就労〕に取り組むプロジェクトは、私の取り組みつつある「高齢者の職務設計」と方向性を一(いつ)にするもとで非常に参考になるものでした。
午后の柏市役所の〔豊四季台プロジェクト〕の報告も圧巻でした。それは市の職員である小林氏(保険福祉部地域医療推進室副主幹)の”市職員にあるまじき!?”熱い思いです。猛烈企業の戦士(ユニクロ、ABCマートの猛烈社員)さらがらの仕事ぶりと見えました。価値ある一日でした。疲れました。

06月20日(土)・・・・・

*6:30起床、昨夜ラジオ体操同志Sさんへ電話をし、今朝のスポーツ公園ルーティーンを欠席を連絡してあります。そうしないと「ラジオ体操セーフティ・セット」で同志に心配・確認になってしまいます。
朝風呂・室内ルーティーン、朝食で元気回復です。

*昨日お世話になった東京大学の木村さん、柏市役所の小林さんにお礼と連帯のメールを送信しました。

*本日のドラッカーは、〔経済連鎖によるコスト管理〕です。あまり、気勢の上がるテーマではありません。マネジメント実務として押さえておかねばなりません。「徳忍の学習帳」をご覧下さい。

*感動の〔長寿社会のまちづくり〕〜東京大学高齢者社会総合機構の木村清一氏のお話し〜をご紹介します。何回かに分けて掲載します。木村さんは前柏市保健福祉部部長です。熱血漢です。お話しの導入が刺激的でした。なぜ、この仕事がライフワークとしたかのきっかけは、孤独死の現場をその目で見たショックとその対応処理の現状を許せないという問題意識でした。六ヶ月放置されていた孤独死の現場に状態の悲惨さは、ここに表現出来ません。30年間市民税を収めていた故人(市民)を業者に”処理”させる実態を知ったのです。木村さんには浮ついた空論やお役所仕事は許せないわけです。
お話しの内容は”熱い”ものでした。「こうやりたい!」をいうものではなく、「こう進めて、こうなっている。」という報告でした。ご期待下さい。

06月21日(日)・・・・・

*4:40起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(2日ぶりのスポーツ公園です。テニスコート上に飲み物の空き缶4〜5個、タバコの吸い殻が散乱、猫の生餌の餌付け他をかたづけました)

*本日のドラッカーは、〔EVAによる生産性の測定〕です。生産性は成長資本主義の基本概念です。何でも生産性で評価します。無理にでも数値化します。知識労働者の生産性に関しては、肉体労働者の異なり生産性になじまなかったのですが、何とか間接的にでも数値化して評価します。今日は(ポスト・ドラッカー時代のマネジメント)成長資本主義の終焉での対応です。そんなことを念頭にEVAを再学習しましょう。

*民生委員の方が昨日来訪されました。市発行の印刷物2種類をもらいました、⑴〔所沢市高齢者福祉計画・介護保険事業系学〕、⑵〔介護保険制度改正のおしらせ〕 私はじっくりお話ししたかったのですが、”逃げなれて”しまいました。

*健康管理のデータをとるためにヘルス・メーター(体組成計)を買ってきました。設定に苦戦しています。マニュアル通りが難しいのです。私が自信を失う瞬間です。

*読書〔善と悪の経済学〕面白いです!!(中途半端な感想は止めておきましょう。)

*むすこ夫婦と食事に出ます。軽井沢合宿用の「tommy hilfiger」をもらいました。(71歳でも父だそうです)

06月22日(月)・・・・・

*昨夜ちょっとだけ遅かったので5:00起床、室内ルーティーン(新体組成計チェック含む)、スポーツ公園ルーティーン(昨日夕刻ゴミを拾って一カ所に集めておいてくれる方があります。それを私が持ち帰り家庭ゴミとして処理します。)

*月中の回覧板で私が所属する班で退会者があったことを知りました。老夫婦二人住まいのお宅です。詳しいことは知りませんが、ショッキングなことです。「年寄りだけで、自治会の役割を果たせないから・・・」だとしたら。このエステシテイという30年弱経過した住宅集積は、コミュニティとして組織的成熟を遂げておりません。当時1億円前後の高級住宅集積として話題にもなりました。ご多分に漏れず高齢者住宅の一つです。
<お年寄りだけでも、安心して住める!!>それを支える自治会ではないのか!? 地方自治体組織は崩壊しています。

*本日のドラッカーは、〔ベンチマーキング〕です。この手法が名前だけ一般的ですが、なかなか難しい方法論なのです。事実、学ぶ側が優秀でないと効果をあげられません。GEのジャック・ウエルチがサム・ウオルトンのウオルマートをベンチマーキングしたケースは、当時のハーバード・ビジネス・レビューでみました。名経営者同士の虚々実々です。
「徳忍の学習帳」をご覧ください。

*柏市と東京大学とUR都市機構の[柏プロジェクト]の掲載を追記しました。

06月23日(火)・・・・・

*3:30に目覚めました。こういう時はアイデアに目覚めたときです。その内容が後刻ふれます。とれあえず、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン効果的に消化しました。ムサシ君ちのMさんとは、思い付きアイデアを話し、盛り上がりました。

*本日のドラッカーは、[投資と人事]です。人事に投資なみあるいはそれ以上の重要性認識を持ってほしいのです。持てる人材には限りがあります。年に2回の定期人事異動があります。会社の”本気度”を人事で示そうではありせんか。
近未来の人材配置をすることです。「徳忍と学習帳」をご覧ください。

*午后いっぱい、大学院の資料と狭山市民大学の資料を厚手のクリアファイル・ノートに整理しました。

*狭山市民大学の小山先生(学長)がら電話があり、柏プロジェクト見学の余韻を楽しみました。「本道に凄かった!」

*能の[櫻間会]より注文したチケットが届きました。今回は、[海人(あま)]と[道成寺(どうじょうじ)]です。
私は、VTRの[道成寺三題]を持ち合わせております。観世流観世清和、梅若家第五世当主梅若六郎、塩津哲生の3種の道成寺を並列対比で、しかも解説付きで見せます。演出も鬼の面も装束も違います。また梅若六郎の能は八ヶ岳の身曽岐神社での薪能です。堪能した一品でした。今回は櫻間会の伊藤真也がシテを演じます。さて、どのような違いを見せるのでしょうか。直前にVTRを再々度見てから渋谷の能楽堂に向います。

06月24日(水)・・・・・

*4:40起床、室内ルーティーン、晴天のスポーツ公園て一周してゴミ拾い、続けて3000歩競歩、背もたれのないベンチで柔軟運動、ハンドグリップ100回、にぎにぎ運動50回、ボール投げ、バスケット・シュート、テニスラケット素振り、ラジオ体操(6:30)~ラジオ体操は整備体操となります。~

*大学院の履修科目の「健康管理学」のリポートの資料として脳梗塞の倒れた時点の症状データをもらいに圏央所沢病院に行きます。行きましたが、貰えませんでした。口頭で当時のMRIの画面を見ての解説でした。尊称箇所の名称も訊けませんでした。30日にMRIの検査を受けてこの診断時に何かプラスαを聞き出せるかチャレンジします。

*先日の「柏」視察の”振り返りシート”を狭山市民大学の小山先生へ送信しました。
平成27年度〔まちづくり担い手養成講座〕第11回(6月19日)「協働による地域再生(柏市の場合)」現地視察
<振り返りシート>報告者:村上忍
⑴東京大学「高齢者社会総合研究機構」(木村清一氏)のお話しを聞いての感想
まず、圧倒されました。
また、用意された報告資料〔Aging in Place 長寿社会のまちづくり〕の完成度の高さと報告者木村清一さんの熱気が感じられ、その使命感で感動し、敬服しました。
この実験プロジェクトの初期の成功の構図は、柏市・東京大学・UR都市機構のトップマネジメントにとってのWIN-WINの取り組み(成功させなければならない取り組み)であることです。
木村さんのお話し出“次官クラスの方”の口添え(大臣より重い口添えなのです)等当初より“市長も口を出せない!?”大きな(重要な)実験となったようです。
それにしてもよくぞここまで実験を実務面で結実させてものです。
この実験の正念場は、2035〜2030年です。この〔柏プロジェクト〕から学んだ(啓発された)全国各地での実際展開が待たれます(勿論、狭山市も・・・)
⑵豊四季台団地、「柏地域医療連携センター」に関する感想
実験的取り組みです。イメージがつかめました。実際には多くの実務問題、課題がありそうです。その辺りも機会を改めて聞かせて欲しいです。
ポイントを「医療」に特化しているのは正解だと思います。「柏地域医療連携センター」に関しては、これからでしょう。
⑶全体感想
ありがとうございました。学びの多い一日でした。
私個人的には、「高齢者就労」の問題、課題について深く感じるところがありました。
*就労セミナー、*セカンドライフ・プラットフォーム事業 も大切ですが、一般企業の経営者の高齢者のセカンドライフづくりに参加させ、拡大させるべきだと感じました。今回の問題提起の核心は、2030年問題の指摘です。狭山市も所沢市も2030年に向けてすべての取り組みのカジを切るべしとの“神の声”を重く受け止めました。

*本日のドラッカーは、〔企業買収6つの原則〕です。この項は、ドラッカーが”大義のない企業買収”を諌めたものです。成長資本主義の下では、ドラッカーの”正論”には聞く耳を持たない輩ばかりです。しかし、今後は違ってくる筈です。大義のない企業買収が何のメリットのない時代になるからです。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

06月25日(木)・・・・・

*4:40起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(蒸し暑さあり)淡々と消化しました。

*本日のドラッカーは、〔財務より事業〕です。昨日の〔企業買収〕の続きです。事業家にとって、「企業買収」が極めて戦略的な行為です。資産家オーナー事業者は、財務内容のいい”物件”の買収に興味を持つことは当然です。一方、事業経営者のして志を持ち、事業経営にあたっている人は、ドラッカーの今回のテーマの対象です。”買収の大義”が問題です。「何のための買収か・・・」です。〔徳忍の学習帳〕をご覧ください。

*読書〔善と悪の経済学〕を午后いっぱい読み進めております。このことは、〔軽井沢合宿〕の予習が要らないことと杉田さんとの読書感想会に間に合わせるためです。杉田さんの読書スピードには対抗できませんから。「村上さん、読み終わった!?」の音信を恐れているのです。

06月26日(金)・・・・・大学院軽井沢合宿

*早めに東京駅に出て朝食、喫茶で読書[善と悪の経済学]を読み進めました。面白いです。旧約聖書を書いた(まとめた)人物は誰なのでしょう。人類を今日まで導いてきているのです。凄いことです。東京駅9:56あさまで一路軽井沢へ。ホームへ偶然荒関先生をお会いする。軽井沢駅には、自衛隊パイロット氏は荒関先生を出迎えていました。駅前でそば屋で昼食を済ませました。日大の軽井沢の施設は立派なものです。

*その日大軽井沢研修施設より発信しております。本日のドラッカーは、[企業買収の成否]です。どうやら、日本で見受けられる企業買収の実態は、買収する側と買収される側がWIN-WINの関係へなっておりません。企業合併の大義などどこに行ったやら、のケースが多いようです。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

*夕食後、[修士論文への道]と題して、新潟医療大学大学院の阿部薫教授の講義がありました。圧巻でした。

06月27日(土)・・・・・大学院軽井沢合宿

*6:00起床するも小雨模様で軽井沢ウオーキングはお預けとなりました。

*本日のドラッカーは、〔事業の核としての共通性〕です。企業買収シリーズが続きます。企業合併ではなく、企業買収です。閉塞感があるときには、企業買収という選択枝を検討することも一つの手だなとこのシリーズのドラッカーを学び考えました。”大義ある”企業買収です。別に買収しなくてもいいのです。経営に(トップマネジメントに)緊張感が生まれます。そうすると、共通性、類似性以上の何かを考える筈です。〔徳忍の学習帳〕をご覧下さい。

06月28日(日)・・・・・大学院軽井沢合宿

*5:00起床、昨夜24:00過ぎまで阿部先生の[修士論文への道]の講義レジメをパソコンに打ち込んでいました。これが今回の合宿の”学び”の原点になります。反省点というより”大いなる気づき”と言った方が前向きになるでしょう。
実は、そんな生易しいことではなかったのです。一つ目は、自分が[聴覚障害者]であることに気付かされたショックです。一対一コミュニケーションは、支障がないのですが、一受講者として講義を”聴いたり”、複数人数での話しの内容が聞き取れないのです。講義の場合は、話しの概要はパワーポイントで映し出されますが、それでも話しが聞き取れないのは痛手です。致命傷はチーム・コミュニケーションに参加出来ていないことです。これは、人間関係が深まらないという深刻な問題につながりました。問題は、私に[聴覚障害者]の自覚がなく、メンバーに了解を得ていなかったことです。これは、今日解散前に皆さんで事実を話し、詫びるつもりです。二つ目は、”学びの姿勢”の衰えご知ったショックです。社会人で大学院の修士課程に挑戦する人たちですから、それなりの人間がいるであろうことは予測していましたが、予測をはるかに超えていました。男女年齢を問わず、志あるメンバーに圧倒されました。危なく”負け犬”側に落ち込みそうな自分に気付きました。収穫を”リベンジ”の行動につなげます。《一旦めげても、一晩寝れば元気とやる気を取り戻すのが村上忍さんと真骨頂です!?》<今後につなげる、「屈辱感」を感じる競争では”圧倒的”大差で私は勝ったの自負>

*この項(所沢より)本日のドラッカーは、〔企業買収における体質の一致〕です。買収シリーズが続きます。ここでは、ドラッカーは、買収の前提に”事業体質の一致”を求めています。昨日は「共通性」と「類似性」を求めていました。
マーケティングの視点では、顧客が同じか類似していることが大切です。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

06月29日(月)・・・・・MRI検査谷口drへのお願い文の作成、木更津店教育とレジメ作成

*3:30爽やかに、やる気に満ちて起床(合宿効果です!)ベッドで【トライフォース】で全員へのメール確認、私の相馬さんへのメールが届かなかった(エラー)を確認。

*室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(Mさんにムサシ君の写真あげ、合宿報告をしました。ラジオ体操同志へも同様の報告。)

*本日のドラッカーは、〔買収された側のトップ〕です。オーナートップは、それなりの現金を得て、あるいは借財を”棒引きにし”去るのみです。問題はサラリーマン経営者の進退です。新企業に請われれば、またあらたな挑戦課題を与えられれば引き続けやるもよしです。それ以外では、他に仕事を求めるべきでしょう。「徳忍の学習帳」をご覧ください。

*荒関先生を研究室に訪ねました。軽井沢合宿の記念写真を14枚お持ちしました。雑談です。
「先生、最高の動機付けは何だかわかりますか?」「それは”屈辱感”だと思います。」「私は、よい屈辱体験を得ました。」「今回は、私が一番学んだ思います。」・・・・話しは続きます。

*明日のMRI検査に関して谷川drへのと願いです。
谷川先生へのお願い    村上忍

今回のMRIの意図

2009年10月11日に脳梗塞を発症後、右半身に中心に運動機能に損傷を受けました。
〜別紙記録「ごあいさつ」〜
入院時の言語聴覚療法士、理学療法士、作業療法士による運動機能回復訓練(3ヶ月弱)。
退院後、自宅での毎日のトレーニング、さんとめでの週2回の機会を使ってのトレーニング、
また、相澤病院(松本)での新しい治療プログラムへの参加等で実生活(仕事)の復帰を果たしました。
今年4月から日大大学院に入院し、修士課程絵学んでおります。そこで〔健康管理学〕を履修し、
自分自身の健康管理を題材にリポートをまとめることとしました。
事実確認と学習
:発病時の症状(個々の運動機能の喪失)と脳の損傷箇所名の関係
:運動の回復と脳の変化
:今回のMRIと発病時のMRIとの変化
を知りたいと御模します。

06月30日(火)・・・・・MRI検査

*4:30起床、私の場合は、軽井沢合宿の疲れは、昨日の夕方がら顕著でした。
ルーティーンを重い身体でこなしました。それでも、清々しいものです。

*圏央所沢病院で何度目かのMRIの脳の検査をいました。決して、気持ちの良いものではありませんが、勝手知ったるで我慢しました。担当医には、今回のMRIの意図をA4の用紙で書いたものを渡す段取りお願いしてありましたが、どうやら渡っておらず、「問題ないようですよ・・・」で5千何百円からMRI代金が吹っ飛びました。傷心の体で病院に隣接した新しい老人施設「遊」を見学がてら療法士のNさんに会いに立ち寄りました。私が慣れ親しんだ「さんとめ」より格段に”おしゃれ”でした。Nさんは、私が初めて接した療法士です。彼の口がら、「カルテ開示願いを出せば、こんな情報は手に入りますよ!」を教えられました。早速、病院に取って返し、その手続きをすませました。

*狭山市民大学の小山先生に、市民大学の中退願いをメールしました。問題は、私の聴覚障害です。講義を聴くのは何とかなるのですが、グループ討議がお手上げなのです。聞こえないのです。残念ですが、参加者の皆さんの熱気に水をかけてはいけません。小山さん、ごめんなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加