覚え書き(バリ)①

10月2日

* 飛行機に乗り込み、成田空港を離陸したら、バリ・プロジェクトがスタートです。なんで「張り切っている」のに、周りに気を使って「せいぜい、休養してきます・・・」なんてウソを言って出てくるのでしょう。実際は“集中力トレーニング”です。飛行機では、「善の悪の経済学」の第5章の「デカルトと機械論」、第6章の「バーナード・マンデヴィルー蜂の悪徳」、第7章の「アダム・スミスー経済学の父」と深く読みたいところに差し掛かっています。旧約聖書以前から始まり、新約聖書を経て読み進めて、人間を見直し、地球の行く末を考えさせてくれます。

* この旅行での第一目標は「善の悪の経済学」を読了してことです。

* 飛行機は、デンバサール(バリ)の上空に来て、30分近く順番待ちで着陸出来ないでいました。ラッシュ・アワーです。

* バリは3回目ですが、コンセントが違うことを忘れていました。コンラッドのありがたいのは、フロントへ「コンセント・・・」だけで談話口の日本語の出来ない従業員が察してボーイが“切り替え”コンセント持って来てくれます。

* バリのコンラッド(ヒルトン)の敷地がとてつもなく広いのです。敷地の一角の日本食レストラン「りん」で天ぷら盛り合わせとライス食べ、帰りに迷ってしまいました。

* 問題発生、インターネットのセキュリティを厳しくて、ブログの書き込み画面がブロックされてしまいます.悪いことに今日は金曜に日本のメンテナンス・オフィスとコンタクト出来ません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加