2015年11月(前半)の〔村上徳忍〕の予定・行動・出来事・感想

今月もどうぞよろしくお願い申し上げます! 村上徳忍
  ※インターネットのトラブルでご迷惑をおかけしました。

10月31日(土)・・・・渥美フーズ

*朝一番で出て、11時前に豊橋着で社長と2店舗視察、旧知のベテラン・パートタイマーと立場はし(早速、売場の改善の話題になります。こんなことは、店長、本部幹部ではありません。すごい会社です、)
*終日社長、担当役員とミーティング(以下の通りです。)
1.取り組み課題案(全体)
①OJIとして
②幹部、幹部候補者育成
③店長と店幹部のOJT(現場指導)
④現幹部指導
2.OJIJの実務(個別)
①改善を確認する(何をやめて、何を始めたか
②何を思いついたか(何をやるために、何をやめるべきである!)
③記録する(シートを作る)
④公認する(組織、会議体、メンバー、定例化)
⑤事務局と役割と実務
⑥制度、表彰、動機付け
3.幹部、幹部候補者育成のj実務(個別)
①幹部候補者育成プログラムに現幹部も一緒に学ぶ
②計画的に仕事を進めることを身につける
③自分の役割、部下の役割
④目標をたてる、それを達成するために必要な課題を設定する、その課題を達成するための計画、そしてスケジューリング、役割分担、月次ー週次ー日々の管理、動機付け
*1年間実務指導を引く受けました。ということは、1年間で結果(成果)を請け負ったわけです。(勿論、勝算ありです!)

11月01日(日)・・・・

*昨晩は、三谷幸喜監督の「有頂天ホテル」を11:00過ぎまで見ていまい、結局“御前さま”をやってしまいました。
*7:00過ぎに起床しました。本日(日曜日)は“安息日”と決めてのですが、起き抜けのアイデアを元に渥美フーズの渡会社長に“熱い”メールを送信しました。
*この時間のメールがお互いに許される関係があるのです。スーパーマーケット屋の若き革新者の実働時間帯なのです。日曜日のないのです。即、返信が来ました。呼吸が大切なのです。これで“安息日”違反はおしまいです。
*インターネットのトラブりました。息子へ電話し原因究明、対応を頼みました。
*娘夫婦が来訪、彼の車でワインの樽から“通いビン”売りをするケーキ屋にワインとケーキを買いに行きました。この間に娘が例のジャコウネコの“糞まみれコーヒー(最高級品)“をいれて待っていました。これが存外”イケルのです!”

11月02日(月)・・・・・

*4:30起床、しっかりルーティーンをこなしました。犬を散歩の顔見知り、ラジオ体操同志との語らいが結構”高尚”なのです。
*土曜日の資料を見て、急遽4日に豊橋の店舗でフィールド・リサーチをすることにし、社長の了解をとりました。「問題点は、改善の糸口なのです。いたずらに”絆創膏”をからないことです。」
*排除の論理ではなく、活用を指向します。新たな時代の価値基準が必要です。
*定常経済下の労務管理で成長資本主義下のそれとは変わらねばなりません。働く側の意識改革も必要です。

11月03日(火)・・・・・(文化の日)

*4:30起床、ルーティーン、この時に一日に1度しは会うことのない方々の挨拶、ことばをかわすのです。名前も知らない、間柄がぎこちないあいさつ交換から始まって、今では数日見かけないと気になる関係です。
*最近いろいろな企画書等で〔WIN-WIN〕の関係というフレーズがよく出てきます。対照的なフレーズとしては〔勝ち組ー負け組〕また〔ゼロサムの関係(足してゼロになる関係)〕があります。
〔WIN-WIN〕の関係は、簡単に双方が納得できる〔WIN-WIN〕と、”考えおち”的な説得型〔WIN-WIN〕と本当は〔勝ち組ー負け組〕また〔ゼロサムの関係(足してゼロになる関係)〕であるのを強弁して〔WIN-WIN〕とするものも横行します。説得力のない〔WIN-WIN〕論はやらないことです。
*経済成長が期待できない時代へのボーダーラインにある今日、経営の数値指標の捉え方、扱い方はかわらなければなりません。”イケイケどんどん!”の時代では、生産性、効率を目標に据えて追求してきました。でも、今後は違います(間違いです)。生産性が設定した(組み込んだ)システム通りコントロールします。効率は追いかけては(追求しては)行けません。効率値は”結果として重視します。効率を高めるためには”効果的”に仕事をすることは”効率的”なのです。つまり、仕事の”質”を高めることが、今後の私たちが努力を傾注すべきポイントです。

11月04日(水)・・・・・渥美フーズ山田店フィールド・リサーチ

*4:30起床、5:56の始発一番バスで出発です。7:26のこだまで9:41豊橋着です。テストです。最短時間どれくらいで着けるかの確認です。
*これまで、日本の小売り業界は米国に”範”をもとめておりました。それが”反面教師”になり下がる
ケース(側面)が目立ってきました。これまでも矛盾に満ちた国ではあったのですか。生産性、効率、老齢者雇用、差別、過重労働・・・など定常化経済時代の対応は、我々と同一レベルの試行錯誤のようです。
今回米国優良企業のホールフーズのマネジメント、オペレーションを学ぶセミナー企画を組んだのですが。同社のハードな勤務実態を伺われる状況の情報がありました。もっとも、ウオルマートのハードハークは有名ですかね。日本では、流通小売り業蓋のトップクラスの企業は、ハードワーク型企業がおおいのです。そこでは高齢者労働力の活用は難しいのだす。成長を一段落させたところで高齢者労働力活用なのかもしれません。そこで、ホールフーズを範としたいと考えたのですが・・・。
*フィールド・リサーチは、組織図上に見つけた?を現場で確認しました。次に店長にあらかじめ用意した質問をしました。現状のオペレーション実態が把握できました。本部人事総務責任者から店舗高齢パートタイマーへの健康管理対応の実施内容に感銘をうけました。書き切れない成果を得たフィールド・リサーチでした。
*16:47豊橋発のひかりに”滑り込み”ました。

11月05日(木)・・・・・

*昨夜、就寝がちょっと遅れましたので450起床がキツかったです。しかし、朝のルーティーンといつもの方々との接触は貴重です。
*昨日のフィールド・リサーチの収穫(発見)は成果上々でした。”気付き”を云うものを得る方法論は長年の米国セミナーで培ったものです。「そういえば・・・」を後から気付くのです。実は、とんでもない発見をしたのです。「この店には”仏頂面”で働いている従業員がいない!」何故だ!!?? これは、凄い発見なのです。
「このお店は、笑顔がほとんどない店だ!」というお店はよく見かけます。笑顔がほとんどない店にすることは簡単です。しかし、”仏頂面”で働いている従業員がいない店にすることは”至難の技”なのです。この理由の解明は意義があります。わたしの現在時点での仮説はこうです。<彼女等に自主性を与えれば、表情が輝き、笑顔になり、彼女等から自主性を奪うと(制限すると)表情は曇り、笑顔は消える>
*イオン系の某スーパーマーケットおAさんからの〔高齢者ナイト・マネジャーとしての活用〕も本格展開が来週から見られそうです。楽しみです。
*大学院の研究室を訪問しA教授と束の間の雑談をいました。この老人(私)は生徒の分際をを忘れています。田中教授がおられたので、レポート課題と参考図書をうかがうことができました。
*〔仏頂面の研究〕を書きました。これはすごい発見です。ヴィゴツキー論からの発展系です。

11月06日(金)・・・・・13:00-15:00 KIWADAミーティング

*今、わたしは新しい指導先企業のコンサルの段取り、担当者設定を加えて、既存指導先企業の店舗改装企画の展開打ち合わせか、大学院修士課程の論文企画、レポート作成、米国セミナー企画、電気書籍の出版検討を抱えています。スケジューリングの問題と考えることから入るべきだと思うでしょう。違うのです。これまでの整理から入るのです。そして計画書の作成です。この計画書の作成で、手もとに溜まり込んだ業務を先に散らばすことができます。こうして多忙を楽しむことです(と思うことにしております!!)
*「エクセル元年総合情報シート」は、旧友Uさんのアドバイスではじめたわたしのエクセル第一号です。これは便利です。何でも打ち込んでいきます。程なくわたしはエクセルお宅になるでしょう。
*4:30起床、ルーティーンを消化しました。朝もやは6時過ぎに忽然と消えます。気持ちのいい朝です。
*午前中に10日の研修のレジメ作成に取り組みました。
*13:00KIWADAミーティングは、トップ・マネジメントの転換期の政策転換について討議しました。わたしの視点は、生産性指標と効率指標についての扱いが変わることの指摘です。結論的に申しますと、生産性はシステム改善の結果として向上を目指し、効率は効果的な仕事ぶりと訓練による仕事ぶりのレベル・アップの結果と見て、けっして効率を追いかけてはならないということです。”量”ではなく、”質”を問う経営です。
*〔宗教て苦学特講〕の参考図書「哲学入門」ヤスパースがアマゾンで届きました。『人間にあることは、人間になることである。・・・・』レポートの苦戦が予想されます。
*補聴器を紛失しました。多分新幹線の中です。JR東海の遺失物係に届いておりませんでした。早速、リオネット所沢へ行き、購入の手続きをしました。痛い出費ですが、聴力は大幅にアップしそうです。ここでも技術は日進月歩です。

11月07日(土)・・・・・14:00-16:00 日大大学院公開講座(泉教授、荒関教授講師)

*4:30起床、しかし、2:30に一度目が覚めます。昨夜20:30に寝たからです。【寝覚めの着想】をわたしは重視します。これまでは、アイフォーンでメモしていましたが、iPadで代えました。「早寝がムダになったのか・・!?」いえいえ、逆です。拾い物でした。このところ、現場の実務課題、問題が多く脳にインプットされます。脳は”健気にも”一晩中稼働して、3時前に答えを用意してくれるのです。そして、iPadの出番なのです。
*室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーンをこなし、ムサシ君のご主人(Mさん)に【寝覚めの着想】を報告をしました。
*子孫さん(アイプレスジャパン)へ11日の打ち合わせの確認メールを送信し、併せて兄に確認の電話を入れました。
*14:00-16:00 日大大学院公開講座(泉教授、荒関教授が講師)は、これまでのシリーズの中では一番受講者も興味津々で聞き入っていたとようでした。荒関教授の「人工知能」は、先生の含蓄に先生独特の蘊蓄を混ぜ込んで面白かったです。しかし、前期高齢者は何処に行ってしまったのでしょう。生涯学習いまだしです。
*息子夫婦の外食、歓談の一時を楽しみました。

11月08日(日)・・・・・本日はわたし個人の設定した《安息日》(この日はすべての労働,業務を停止し神の礼拝のために集い,神の栄光と人々の慰安のために捧げられる。)つまり、精神的・肉体的慰労日です。

*7:00起床、洗面、計量、座禅和讃の読経、サンデーモーニングを見ながら朝食です。
*安息日の何でありますが、〔高齢者労働力の活性化と社会参加(貢献)〕というテーマは、大学院の修士論文のための情報収集の動きの中で実質的ニーズをスーパーマーケット業界で顕在化させることになってきてしまいそうです。主要スーパーマーケット企業では、店長、副店長の労働過重が問題になっております。夜間の勤務を重視して店長、副店長が遅番で出勤すると、開店体制作りがおろそかになっていまう”いたちごっこ”が始まります。労基の動きも気になります。年内からスーパーマーケット業界での動きが始まりそうです。わたしの役割はこの動きを正しい方向に導くことです。先行する企業でも本部の人事担当者が転換期に入っている時代認識と他業界はからナイトマネジャー職に応募する人材を理解、把握しかねでいるのが実態です。他業界の大手企業からチャレンジした現役のナイトマネジャー(60代)実感『仕事の楽しみは、気配り、目配りでお客さま、従業員仲間に喜んでもらえでこと。』『マネジャーとしての達成感、幅広い年齢差のコミュニケーションが生活の充実でつながっている。』この内容は興味深いものがあります。つまり、プロパーの店長、副店長がストレスに感じているコミュニケーション、人間関係を面白がって(腕の見せ所)と捉えていることです。
*明日の打ち合わせの資料を作りました。高齢者労働力の活用の機運が生まれつつあります。X社につなごうといううごきもあります。
*人間工学の課題テキストを読み始めました。

11月09日(月)・・・・・新日本スーパーマーケット協会との打ち合わせ

*4:30 起床、室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーン(早朝のルーティーンは、健康管理が目的です。精神的な側面でも心安らぐ行為が必要です。互いのあいさつ、心安らぐ清談、わたしの場合は「白隠禅師の座禅和讃」の唱和です。健康管理は精神面が8割りと信じます。)
*新日本スーパーマーケット協会との打ち合わせ、わたしの大学院修士論文作成がきっかけですたが、今や主題が大きく変化しました。前期高齢者(65〜74歳)労働力の活性化(活用、社会参加)をスーパーマーケットのナイトマネジャーとして活躍してもらうという考えです。この試みは、スーパーマーケット企業の永遠の宿題である店長、副店長の通し勤務、サービス残業を完全になくす最良の方策なのです。大手が関心をもってきました。面白いことでなりそうです!

11月10日(火)・・・・・13:00-15:00新津島店改装前研修(名古屋駅11:00待ち合わせ)

*6:00起床、7:00のバス、9:10ののぞみ、名古屋10:49着。
*改装前研修は、新規出店があまり考えられないご時世の今日では、貴重な組織活性化チャンスなのです。この観点を経営幹部、管理者に認識させることが大変難しいことなのです。”惰性で”合格レベルで仕事ができるスタッフは優秀、有能社員なのです。彼らは”改善嫌い”です。現場からの改善要請にも消極的です。また、彼らは”スケジューリング(段取り組み)”上手ですか、”プランニング(計画)”下手です。これはムリのないことなのです。計画には、政策が絡むからです。上司、会社の了承が必要だからなのです。計画は”面倒なこと”なのです。しかし、重要なことなのです。部長職とくに役員職は心すべきことです。ということで、「新津島店改装前研修」はスタートします。
*〔シニア・ナイトマネジャー登用〕プロジェクトは、日本のスーパーマーケット・チェーン業界の格をあげる試みになるはずです。私たちは<士・農・工・尚・スーパー>の評価に自虐的に甘んじてきました。ここには、長時間労働、サービス残業イメージが色濃く存在しました。そこからの脱却の切れ札搭乗なのです。環境条件が整いました。今しかないでしょう。同志を募ります!!
*新津島店改装前研修 名古屋駅から迎えの車の車内の某信心ブロック長との会話が実りがありました。真摯、真剣な聞き手相手だと内容が濃くなるものです。研修とともに久しぶりのメンバート会えたこと会話を交わせたことが嬉しかったです。帰途、名古屋駅までの車中の専務との意見交換も有意義でした。
*21:30帰宅(池袋で夕食を済ましました。)充実感と疲労は”抱き合わせ”ですが、この充実感は何もののも代え難いです。
*読書〔犯人に告ぐ〕(上)読了しました。上手な作家です。ついつい、課題図書を開かせませんでした。
*23:30就寝

11月11日(水)・・・・・15:00電子書籍打ち合わせ(Part2)池袋

*7:00起床、スポーツ公園ルーティーンをドタキャンです。疲労感を今日中になくすための対応です。
*兄と西武池袋駅改札口で待ち合わせて、杉田事務所へ。斎藤さん、子孫さんを迎えて電子書籍打ち合わせです。兄に機関紙「回向」の電子書籍の検討を提案しました。わたしの電子書籍の手始めは、「前期高齢者活用の手引き」あたりになりそうです。これは急がねばなりません。電子書籍を紙ベースの単行本とイメージで捉えるのは間違いです。これは公私に遊べますよ。
*夕刻から金曜日からのコンサルティング指導の構想整理、電話打ち合わせを済ませました。

11月12日(木)・・・・・

*4:30起床、室内、スポーツ公園ルーティーン消化しました。2日間のラジオ体操欠席でメンバー同志に心配をかけてしまいました。反省!! 出張ほかの前日のラジオ体操時に予定を伝えることとします。独居老人のマナーです。
*ラジオ体操同志のOさんが奥さんへのお見舞いのお礼で立ち寄られました。リビングで初めてじっくり歓談しました。
*「アクティブシニアをナイトマネジャーにナイトマネジャーに登用しよう」とういう取り組みは、スーパーマーケット業界を変えるかもしれません。適当に課題かあり、適当に難しく、またとてつもない成果があります。
山陽マルナカのチャレンジは、実りが多いようです。

11月13日(金)・・・・・午後渥美フーズ指導(豊橋)※豊橋泊まり

*4:50起床、渥美フーズ指導用資料部数印刷。
*5:59の始発バス乗車、東京駅で朝食、読書(大学院課題テキスト)、〔前期高齢者(65〜74歳)をナイトマネジャーに登用する《アクティブシニアは、日本の宝!!》〕テキスト用作成
*10:33 ひかりで豊橋へ、渥美フーズをよい会社にするための面談を役員幹部個々と実施します。一般論ですが、誰も会社を本当の意味で良くしようとは思っていないものなのです。このことは、誰も認めようとはしません。自分に都合の良い会社が”良い会社”なのです。だから、わたしの調整が必要なのです。皆さん、疑心暗鬼です。村上に都合のよい”良い”会社を恐れるのです。勉強すること、ルールを守る、仲良くすることがいやな方々は特にです。しかし、立場が現場に近くなれば(つまり、お客さまに近くなれば)会社が良くなることをもろ手を挙げて賛成することです。不思議ですね!?
さあ、始まります! 良い会社にしましょう!
*11:59豊橋、専務とアソシア豊橋のロビーラウンジで指導しました。15:00過ぎ、社長の車で渥美フーズ本部へ移動しました。会議室で常務指導しました。両氏と個別に話せたので腹を割って意見交換ができました。夕食を社長として今日の総括を済ませました。篠後、宿泊先の伊良湖ビューホテルへ、残念ながら自慢の夕日、朝日は拝めそうにありません。バテバテですが充実感溢れる一日でした。

11月14日(土)・・・・・終日渥美フーズ指導(豊橋)

*6:00起床、7階の部屋からの白波の曇天の海もいいものです。朝風呂の大浴場からも海の眺望を楽しめました。
*9:30チェックアウト、社長の車で山田店へ。組織活性化プロジェクト(ムラカミ・プロジェクト)事務局の2名を打ち合わせを午前、午後とやりました。16:47のひかりで帰宅。(あっさり、書いておりますが、なかなかハードでしたが、所期の目的は達成(消化)しました。)

11月15日(日)・・・・・安息日

*「心理学的に云うと、人は他人を教育することは出来ない。」〜ヴィゴツキー〜だそうです。金、土の2日間は、渥美フーズの幹部の方々に個別に”同じ内容”の話しをしました。受け止めと理解はまちまちでした。
*6:30起床しました。シャワーを浴びてから朝食を済ませました。
*日本スーパーマーケット幹部の方との意見交換(ご提案)を日程が決まりました。例の「アクティブシニアをナイトマネジャーに登用」の提案です。
*警察小説〔犯人に告ぐ〕読了しました。出張が増えると、こういうエンターテイメント小説が必要なのです。帰途、疲れきった脳にはこの種の小説を読むのは”興奮状態”の鎮めます。最後のクライマックス部分を今日読み切りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加