2016年2月後半  村上徳忍の行動予定、行動、結果、感想・・・

 2月後半もよろしきお願いいたします。

2月15日(月)・・・・

*5:00 起床しました。習慣で湯たんぽを使用していたのが失敗でした。風がありましたが、暖かい朝です。室内ルーティーン、スポーツ公園ルーティーンを消化しました。早朝の速歩中は、物事の考え方の整理ができます。「わたしは、なんで高齢者問題に取り組み始めたのか。そのきっかけは・・・」。それは、わたしの”専門研究分野「レーバースケジューリング」”の職務設計からです。高齢者のための職務設計が必要だということです。こういう自分の軌道確認が必要なのです。「早起きは三文の得」です。
*新規出版予定「アクティブシニアが日本を救う!」(第2原稿)職務設計 をまとめに取り組みを開始しました。高齢者の職務設計がこの著述の核心です。あらゆる業界各社が高齢者向けの職務を設計(開発)することです。明日の提案のポイントでもあります。職務設計指導部署の設置を提案します。

2月16日(火)・・・・県庁県民生活部共助社会づくり課のアドバイス&提案 13:00〜県庁第三庁舎

*兄の運転で県庁へ
*知事の年度予算の重点分野である[アクティブシニアの活躍支援]についてアドバイス&提案をしました。
*残念ながら、シニア革命を唱えながら、「全然、革命していないのでは!?」つまり、方法論が見えていないのです。ショックです。
*何故かを考えてみました。「シニアの社会参加」と言っているが、アクティブシニアの実態を理解していないのです。これもショックです。
*はるばる浦和まで足を運びましたが、[アクティブシニアの活躍支援]の3課の内1課の課長、副課長としか話しが出来なかった(わたしの提案内容を担当する部署ではなかった!)。つまり、提案を検討することすら出来ませんでした。勿論、これはスタートの状況です。ここから始まるのです。 数ヶ月前に、山陽マルナカ・ショック(真のアクティブシニアとの遭遇)以前は、私たちも同じことなったのです。

2月17日(水)・・・・

*5:00 起床.3000歩の速歩、その他のルーティーンも室内ルーティーンに時間を取り過ぎると、6:30のラジオ体操までに終わりません。
*目の調子が悪く、右目がかすみます。視力を落ちているので、所沢市東町の平岡眼科医院へ行きました。診断結果は、白内障+ドライ・アイだそうです。とりあえずは、ドライ・アイで近い将来白内障手術をと・・。この医院の固定客名簿に登録されました。
*イオン環境財団設立25周年記念講演会のご案内をいただきました。3月9日(水)〜パレスHotel〜です。これは、岡田卓也さんとのご縁からでしょう。記念講演の講師は、樋口清司氏(国際宇宙航行連名会長)、向井千秋氏(東京理科大副学長)演題は「環境と健康ー宇宙からの貢献」です。懇親会は、着席だそうです。
*昨夕郵便受けに次のようなメモが入っていました。「明日2/17(水)は、パトロールを行います。PM8:30に**の家の前に集合して下さい。よろしくお願いします。班長」今夜は寒そうです。30〜45分の指定のコースの巡回です。72歳の前期高齢者は、免除をなりません。我が班では、参加者が数人のなってしまいます。
超高齢社会での対応が未だに未整備なのです。”アクティブシニア”の活躍提唱者の村上さんは”当然”参加です!? 寒さも課題ですが、朝5時起床のわたしにとっては、就寝の時間にかかってしまいます。しかし、班長さん、ご苦労さまです。

2月18日(木)・・・・

*5:00 起床、ルーティーン消化しました。一人毎朝黙々とランニングする男の子がいます。我々老人の励みになっています。
*個人的問題です。ルーティーン以外、課題取り組みの能率が著しく落ちているのです。兄とも話しました。易きに流れるのです。集中力が落ちています。齢のせいにしてはいけません。
*上田知事への報告書を作成中です。
*山陽マルナカのアクティブシニアの取り込みは、自社のノウハウ出来てきました。アクティブシニアの存在感が出てきました。

2月19日(金)・・・・渥美フーズ勉強会

*5:00 起床、室内ルーティーン(トイレ、洗面、体重測定、着替え、読経(座禅和讃)、ストレッチ、にぎにぎ50回、腹筋10回、腕立て伏せ20回)、スポーツ公園ルーティーン(ゴミ拾い、速歩3000歩、ハンドグリップ100回、テニスラケット素振り)同時間帯仲間との交流です。
*12:33 のひかりで豊橋へ。新幹線内での駅弁が楽しみなのです。今回は??の焼き肉弁当です。アソシア豊橋へチェックインを済ませ。渥美フーズの事務局氏のコーヒーでロスアンゼルスの土産話しを一時楽しみました。
*18:00 勉強会 マネジメント実務「改善と徹底」がテーマでした。(始めに、遺伝子組み換え作物の理解度テスト〜第2回〜)詳細は明日!
*続けて、本日の事前に送付したテキストのの理解度テスト(隣りの席を回答用紙を交換して、答え合わせ。)最高点は、女性研修生のOさんでした。
*今回の研修テーマ「改善と徹底」は、マネジメント実務の核心です。〔プランニングとスケジューリング〕実務に改善的に取り組むこと、またとことん徹底することで、渥美フーズは変わります。宿題で研修生に「自分の」〔プランニングとスケジューリング〕実務を改善的に実施し、結果を報告(提出)することとしました。

2月20日(土)・・・・渥美フーズ打ち合わせ

*7:00 起床
*9:00 Hotelへ出迎え、山田店で打ち合わせをしました。(井戸田、糟谷)
*次回の研修で研究生に実施内容の優れたレポートを発表させることを確認しました。現状での受講生の学びのレベル、同期競争を現状評価が出来ます。
*今回のプロジェクトの一つとして、幹部が一人一人育てる相手を設定に年間かけて取り組むこととしましたが、幹部のほとんどが忘れ去っている感があるとが興味深いことです。
*受講生がら、会社の会議体が時間通りに始まらない、終わらないと指摘がありました。幹部の方々は、この程度の改善も出来ないのなら、幹部職を放棄すべきでしょう。一人が、提案することです。他は賛同するだけで変わるのですよ。

2月21日(日)・・・・
<今日は、わたしの安息日です。一週間の疲れをとり、一週間を反省し、新たな週に備えます。>
*7:00 起床、
*渥美フーズ研修事務局へ今回の宿題のシートを作成し送付しました。
*金曜日の勉強会の研修生の振り返りシートを興味津々で見ております。個々のメンバーがいろいろな思いを表現しているのです。
例えば、「遺伝子組み換えのテストで、専務に負けて悔しいです。でも、2回のテストをやることで、よりしっかりと内容が身についた気がします」(女性受講生)
「時間にルーズなところの改善」(複数)これは、”特定幹部”への改善要請と叫びでしょう。時間にシビアであることはパートタイマー労働力(人時管理労働力)を主力とする経営には特に重要です。
*先にも申し上げましたが、遺伝子組み換え作物の勉強をするスーパーマーケットの世界中で渥美フーズだけでしょう。しかし、ロスアンゼルスの高質スーパーマーケット「Bristol Farms」まではまだまだ届きません。「Bristol Farms」の見事な青果売場には、大きな掲示板で〔Bristol Quality 本日の地場野菜91品目、本日のオーガニック野菜171品目〕をお客さま向けに鮮度・健康・安心をアッピールしており、他スーパーマーケットと差別化してみせていました。

2月22日(月)・・・・モンマ会計来訪

*5:00 起床(月曜日の朝は、いつもと違います。心新たに何かを誓います。今朝は・・・。)
*朝の〔白隠禅師の座禅和讃〕に加えて〔観世音和讃〕を唱えることにしました。これも白隠禅師がお作りになったのでしょうか。今のわたしは「目で見て」、「脳で理解し」、「声に出して言う」の3つの工程が、同時に働かないので、〔観世音和讃〕をものにする(丸暗記して声に出せる)には、相当の期間がかかるでしょう。
*今朝は、仏壇のお線香を3本から6本にしました。とらやの羊羹を添えて・・・。
*今日から”本気モード”で執筆にかかります。高齢者の時代到来を高らかに訴える人間が必要です。その役槍を”不詳”わたしはやろうと決意しました。そのために、時間を創り出す算段を考えました。
*日産の塙前社長の訃報(昨年12月18日)を毎日新聞のコラム〔悼む〕で知りました。世紀に残る提携の当事者社長でした。大学同期(?)のトヨタの堀内さんから昔伺った話しを思い出しました。塙さんのカルロス・ゴーン評です。フランスのルノーとの提携をまとめた直後の話しです。塙さんは「ゴーンは、”ホウ・レン・ソウ”を大切にする男でねえ・・」とおっしゃっていたと伺いました。異文化交流、学び合いを実践なさったのです。
*本日の〔風知草〕での山田孝男氏の言「(日本は)原発輸出どころか、原発の世界規模の縮小・制御を主導することが歴史的役割である。」同感です!
*突然ですが、英会話学習を始めます。ゼロからのスタートです。今回のロスでの旧友(アメリカ人)との再会でショッキングな体験をしました。10月の機会にコミュニケーション力の一部を取り戻した姿を見せるのです。(ラジオの基礎英語を早朝ルーティーンに入れるのです。)

2月23日(火)・・・・

*5:00 起床、新ルーティーン消化しました。新たに加えた〔観世音和讃〕は、簡単な七五調なのですか、口が廻りません。それで6時半のラジオ体操までが時間がタイトになります。3000歩の速歩と100回のハンドグリップは死守したいのです。今朝は汗ばむ暖かさでした。
*ラジオ英会話は朝は時間的にかぶるので夕刻6:45からにします。
*ショッキングなタイトルの本が出ました。〔ラジロ体操は65歳以上には向かない〕医学博士の方が書かれたものです。不見識な方です。60歳以上では、体力、身体の若さの個人差が大きいのです。わたしのようにルーティーンの運動の”整備体操”はして活用している者にとっては、最適な体操で実によく出来た構成だと思います。ちょっと軽率なタイトルの本をだしたものです。
*今月5日〜10日でロスアンゼルスを旅してきましたが、この際に今年年賀状を頂いた方々の多くに写真ハガキを現地から出しました。かつてコンサルタントとして毎年セミナー、個人旅行でアメリカ、東南アジアの国々を訪れた時、現地からご無沙汰していた方、お世話になっている先輩、企業の方、先生方に絵はがきを出すことを常としていました。コンサルタントとしてのセールス・レター中心でしたが、毎回100枚以上書きました。商売熱心なコンサルタントだったわけです。病後、右手で字を書けなくなってその習慣は終わったのですが、今回はパソコンとプリンターを持参していましたから、現地での写真をハガキとして、出したのです。不自由な右手で汚い字で宛名を書きました。大仕事でしたが、リハビリの成果です。事情を知らない方に出せる”代物”ではないので、相手を制限しました。旅の最終日にHotelのフロントに託して切手代を払ってきました。それから12日間かかって相手先に届いたようで、身近な方からお礼の電話やメールを頂き安心しました。と言うのも、フロントで預かっても切手を貼って投函することをしないことがままある諸外国の事情を見聞きしているからです。
*今回流通視察したアメリカは病んでします。貧困層の拡大もその一つです。今回は、貧困層の暮らすエリアの小売り業の店舗を見て回りました。[99セント・オンリー・ショップ]日本で言う”百円ショップ”ですが、貧困層は買い物する店舗で青果物まで揃う最も安価な買い物が出来る街中チェーン店です。生鮮食品として肉はありませんが、ソーセージはあります。トマトには小さなハエが飛んでいました(腐ったものがある)。トウモロコシが萎びと通り越してひからびたものもありました。しかし、安いのです。最貧の黒人街地域には連れて行ってくれませんでした。メキシコ人向けのスーパーマーケットは活気があってコミュニティを感じました。今、アメリカでは、ヒスパニック社会が人間的で健全な社会を感じました。日本からの視察は、この健全なアメリカを視察せず、従って知りません。

2月24日(水)・・・・

*体調調整のため、早朝ルーティーンを取り止めました。米国での1週間と先般の渥美フーズの2日の指導は、高揚して過ごし、疲れの蓄積がかなりあったようです。
蓄積した疲労は意識して、身体から追い出さないと消えません。
*原稿書きも本気モードです。これを邪魔するのか疲れから来る倦怠感と眠気です。だましだまし続けます。
*一日家に籠りました。
*埼玉県の「シニア革命」〜アクティブシニアの活躍支援〜の展開に役立つであろう一文をまとめました。明日お送りします。

2月25日(木)・・・・13:30 YADAミーティング、西武トラベルの石井さん

*7:00 起床、アクティブシニア・リポートの見直して、4印刷しました。
*月末経理処理をすましました。
* YADAミーティング ロス情報、埼玉県のアクティブシア活躍支援事業、日本スーパーマーケット協会、渥美フーズの研修、その他を話しました。
*西武トラベルの石井さんと10月開催米国セミナーについて話し合いました。

2月26日(金)・・・・

*5:00 起床、体重オーバー気味なれどの、体調上々。ルーティーンを消化し、帰り際、テニスのさんとてをあげてあいさすです。
*池袋へ出かけました。昼飯は、昔行きつけだった「天山」のアナゴ丼を食べ、店主夫婦と雑談を楽しみました。店主は若かりし頃ロスアンゼルスのビバリーヒルズでフランス料理のシェフだったので、わたしのロス談義が興味津々なのです。
*行きつけの床屋でこれまた雑談が楽しいのです。ヒゲをたくわえてから、回数が増えました。
*目的は、ジュンク堂で「年金の壁」関連知識を増やすことを念頭に本を探しました。これがないのです。

2月27日(土)・・・・

*5:00 起床しました。快晴でしたが、ちょっと風があり手がかじかんでいます。しかし、襟巻きなしです。すべて、ルーティングで終了。猫の餌やりは、市の立てた看板啓示近くの水飲み場の横に発泡スチロールのトレイにキャット・フードを入れて毎日置いてあり、朝のカラスの集合場所となっています。20羽位集まって金網のフェンスにとまっていますから不気味です。朝の時点でトレイのキャット・フードは、たくさん残っていますから、野良猫(実は飼い猫!? 野良は秋口から見かけません)もカラスにもトレイのキャット・フードは、不評なのです。ただ、水道の蛇口をちょっと緩めて猫の水飲みようにしているのは”親切過ぎる”行為です。
*認知症の老人の徘徊と事故責任問題、鉄道会社が親族に損害賠償を求める裁判の結果は注目されています。わたしは、各政党及び地域行政の長(知事、市長)が見解を示すことをしないことに憤りを覚えます。私見ですが、親族に責任賠償を求めることは間違っていると思います。超高齢社会において、高齢者は権利も義務を親族から取り上げて地域(ひいては、国の)ものとすべきです。特例として(申請があれば)親族が面倒を見る特権を与えるとすべきです。極端とお思いでしょうがそうでべきです。高齢者は国の宝なのです。わたしの実家の東松山市は地元のノーベル賞学者を我が市の誇りとして[ノーベル賞のまち]というバッチを作って市民に配ったようです。これは<わがまち出身の高齢者からノーベル賞学者が生まれました!>ということです。ますますお年寄りを大切にする東松山市と目指します、となって下さいね。
*アクティブシニアの活躍のどの側面を思い浮かべますか、期待していますか。わたしは、アクティブシニアが自己実現して生きがいを見出し、楽しげに社会のあらゆる場面で主役を果たしていることを思い浮かべます。その社会は健康社会です。弱者を大切にする社会です。世界的には、来るべき超高齢社会のリーダーシップは日本がとっていなければなりません。

2月28日(日)・・・・気になるスーパーマーケット店巡回

*今日は、わたしの”安息日”にす。じっくり本を読みます。
*Tさんの解説付きでスーパーマーケットを見て回ります。
*ララポート立川のいなげやを見ました。日曜日の午后3時前の時間帯です。ショッピングモール全体に人が溢れていました。ただし、いなげやの店内だけが閑散としているのは異様でした。特に、鮮魚コーナーにはお客さまの陰さえありません。わたしは、オペレーション、マネジメントを専門としているだけに、これ程の”失敗店”は初めて見ただけに、専門家の本質的な問題指摘を聞きたいと思いました。何か思い切った仮説、実験の過程かもしれません。そうでもなければ、ひど過ぎます。
高質店を狙っているのでしょうが、高価(バカ高い)だけというのも頂けません。青果コーナーで<オーガニック+地場野菜>という米国高質スーパーの(健康+新鮮)という本質が抜けているのも気になります。
*新しいレジ・システムが入っていました。レイバースケジューリングでは、チェックアウトは、<精算+金銭授受>で、(30秒+30秒)が基本でしたが、金銭授受がセルフというシステムです。計算上はチェックアウトの人時は半減です。
*ヤオコーの実験的取り組みの店舗を開店直後以来二度目の見学てす。前回は思い切った実験的売場を見せつけられましたが、今回は実験的売場が消えてよい売場に改善してきました。この改善、修正する力がヤオコーの真骨頂でしょう。この段階で他社は真似るべきでしょう。
*今日は、このような両極(よい例、問題事例)を見れたのが収穫でした。しかし、いなげやは、本部前のこの店舗には頭が痛いでしょう。

2月29日(月)・・・・[]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加